5700件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

次に、児童生徒の安全対策について伺います。学校管理下の安全対策については万全を期していると思いますが、最近熊やイノシシが出没しています。人間に危害を加える場合もあることから、野外活動登下校時は気をつけなければならないと思いますが、安全対策について伺います。  1、少子化に伴い登下校時の安全確保が心配されますが、少人数または1人で登下校している生徒にはどのような指導をしているのか。  

小千谷市議会 2025-06-24 06月24日-02号

当市では経済対策一環として実施してきたところであり、今年度は消費税率改定前の駆け込み需要が見込まれることから、実施しなかったものです。今後とも補助制度については経済対策一環として経済状況を踏まえて実施することとしておりますので、継続的な事業とすることについては現在のところ考えておりません。   私の答弁は以上です。 ○議長田中淳君) 松井教育長。               

見附市議会 2024-09-11 09月11日-一般質問-03号

令和元年9月議会に当たり、通告に従い、少子高齢化人口減少対策について一般質問いたします。  日本全体が抱える大きな課題である少子高齢化に伴う人口減少対策は、全国の自治体でもその地域特性に合わせ、それぞれが智恵を絞り、その問題に苦慮していますが、残念ながら自然減社会減のいわばダブルパンチで、成果が思うほど上がらない状況です。

胎内市議会 2022-09-10 09月10日-01号

事業は、夏の暑さ対策や家庭でできる地球温暖化防止対策として、高齢者世帯方々ゴーヤの苗を無償でお配りし、人や環境に優しい緑のカーテンづくりに取り組んでいただく事業でございます。その実施状況についてですが、対象世帯のうち3割を超える約850世帯の皆様にゴーヤの苗を配布したほか教育委員会主催高齢者運動会でも参加者にお声がけをし、約250人の方々に配布をいたしました。

妙高市議会 2021-06-19 06月19日-04号

まず、健康保険課関連感染症予防対策事業について、委員より、風疹抗体検査の委託料について、全ての医療機関への委託か、または特定の医療機関へのものか、あるいは市役所だけで考えてやるものかとただしたのに対し、課長より、風疹検査については職場における健康診断、市で行う健康診査医療機関へ直接行って行う検査の3通りを想定しているとの答弁がなされました。   

見附市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-02号

その中でやっていくという事例全国にはありますので、例えば事例としまして山形県では子育て支援とか、高齢者向け安否確認とか、買い物支援とか防災対策そういったもの、あるいはお弁当とか総菜の加工場、産直の市場の運営とか、そういったものをやっているというふうなところも、法人化してやっているところもございますので、そういったところを目指すのであれば、また私どもNPO法人立ち上げとかといったのではまちづくり

妙高市議会 2020-12-20 12月20日-04号

洪水ハザードマップとの兼ね合いはどのようかとただしたのに対し、課長より、ハザードマップの中に入っているため、洪水対策等について浸水時に機能不全にならないよう、各種設備の配置や対策を行っていると聞いているとの答弁がなされました。また、市長より、消防議会の中でいろいろな意見が出たが、懸念事項も含め最終的に決断されているとの答弁がなされました。   

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

3つ目に、大長谷地区猿害が深刻な状況ですが、今後胎内市鳥獣害防止対策協議会と協議し、大長谷地区にもGPS基地局設置考えがあるのか伺います。  4つ目に、令和元年第3回定例会で、森田議員鳥獣対策質問答弁で、「胎内市鳥獣害防止対策協議会で、イノシシ用のくくりわなを25基購入した」と答弁しましたが、その成果があったのか伺います。 ○議長薄田智君) 井畑市長。               

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

次に、第4点目の施設的には浸水による対策はされているのか、また災害時のみならず、不可抗力により稼働が停止し、配水できなくなった場合の想定はどの程度なのか、対応はどのようにされるのかについてであります。

見附市議会 2020-12-10 12月10日-02号

したがって、インフルエンザ対策の観点から設置が必要だと考えます。また、お年寄りの感染源子どもからが多いと考えられます。その点からも子どもたちへの対策が大切だと考えます。  ことしは、大型の自然災害が連続して発生しました。台風15号、19号は、列島に甚大な被害をもたらしました。幸い見附市は直撃されずに済みました。テレビニュース避難所に避難した避難者の映像が毎日流されました。

見附市議会 2020-12-06 12月06日-01号

つ、用水路が流れていまして、当然貝喰川の影響もあるのだなと思いますけれども、聞くところによると、今回の一般質問にもあるみたいですけれども、貝喰川のことは誰が最終的な権限を持っているかというと、それは知事だと思うのですけれども、財政状況が悪くて、10年以上は必ずかかると言われていますけれども、では豪雨とか台風の都度同じことを繰り返すわけで、それとも市とすれば県と連携するか、市単独で何か入らないような対策

胎内市議会 2020-12-03 12月03日-01号

周りには電気柵が張りめぐらされ、猿などの野生動物が入らないように対策が施されております。問題は、病気や雪による倒木、さらには山からの風によりブドウの木が枯れて年々本数が減ってきているということで、収穫実績も平成28年度には約2万8,000トン(  部分後ほど発言訂正あり)だったものが、令和元年度には約1万8,000トン(  部分後ほど発言訂正あり)に落ちているということであります。