5008件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

次に、児童生徒安全対策について伺います。学校管理下安全対策については万全を期していると思いますが、最近熊やイノシシが出没しています。人間に危害を加える場合もあることから、野外活動登下校時は気をつけなければならないと思いますが、安全対策について伺います。  1、少子化に伴い登下校時の安全確保が心配されますが、少人数または1人で登下校している生徒にはどのような指導をしているのか。  

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

市といたしましては、今申し上げましたところに加え、奥胎内ダムが完成したことで一段と多くの方々がそのエリアに来訪される、そのために安全確保が大切になってくるといったことを県も認識しているとは思いますが、再認識、あるいは認識を深めてもらうように要請したいと考えるところでございます。  

小千谷市議会 2025-06-24 06月24日-02号

われるともう少し涼しい時期とかあるかもしれませんけれども、だから柔軟に物事も発想しなければだめだとなるとそういうのもあるのですけれども、今の中学校年間のスケジュールのことを考えると、どの学校もほとんど9月の初旬にしているのがありまして、そういうふうなことからしますと事情的にはこの時期で年間のバランスから考えると合っているかなという気はしているのですけれども、議員御指摘のようにもし命が、とにかく学校安全

見附市議会 2024-09-11 09月11日-一般質問-03号

今までに取り組んできた主な事業としては、予防観点の脳の健康教室介護予防教室健康運動教室安全面を観点とした見守りワッペン、GPSでの位置情報提供市内事業所との見守り協定、認知症サポーターの養成などがあります。今年度は、7月にまちなか西コミュニティ協働徘回者捜索訓練を実施し、また公民館と協働で4回の市民講座を企画をしています。

小千谷市議会 2023-12-18 12月18日-03号

子供をメーンとする施設で一番大切なのは安心安全であることだと思います。視察に行った室蘭市のプレースペースでは、保護者アンケートにより、清潔、安心安全であることを最優先とするなら有料でもいいとの意見が一番多く、有料施設となりました。毎日クリーンタイムを設け、安心安全に配慮し、利用者満足度が非常に高く、平日でも多くの人が訪れる人気スポットとなっていました。

見附市議会 2023-06-19 06月19日-一般質問-03号

まず、登下校安全パトロールについては、見附小学校30人、見附第二小学校22人、名木野小学校4人、田井小学校30人、葛巻小学校25人、新潟小学校6人、上北谷小学校14人、今町小学校30人、今町中学校17人の方が参加、協力をされております。学校によって毎日の登校時や下校時、もしくは登下校時どちらも形態はさまざまですが、子どもたちと一緒に歩いていただきながら安全確保にご尽力いただいております。

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

◆6番(霜鳥榮之) 今年度はね、平成30年7月の豪雨などでもって近年豪雨等云々かんぬんとありましてね、農業用ため池届け出制度が始まりますと、安全対策なんですよと。この絡みの中でもって今回も補正予算が出ているという、こういう状況ではあるんですけどね、やっぱり安全上の防災減災という、こういう位置づけでもって届け出が始まりますけども、この届け出に関してですね、実際にどこまでどうやっていけるのか。

妙高市議会 2021-06-19 06月19日-04号

委員より、提供する情報の内容について、観光に訪れた方の安全、安心にかかわる情報も提供すべきではないかとただしたのに対し、課長より、今回整備する多言語解説は、国の補助事業で制約もあり、外国人に魅力ある観光ストーリーを伝える目的があるため、今回は観光ストーリーだけを多言語解説するもの、安全、安心という面については妙高ノートにウエブサイトをつくるので、そこから他のページに入ってつなげていきたいとの答弁がなされました

胎内市議会 2021-06-14 06月14日-01号

第8款土木費では、2項3目道路新設改良費において、道路融雪施設工事について、第1回定例会当該補正予算を議決いただき、平成30年度にその一部を前倒しで実施できたことに伴い、このたびその分を減額したほか、5項1目住宅管理費において、通学路等に面した倒壊のおそれがあるブロック塀等の撤去などに係る費用を支援するため、ブロック塀等安全対策支援事業補助金を計上いたしました。  

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

◎市長(井畑明彦君) 私のほうから、教育施設の貸し出しといいましょうか、管理という側面だけではなく、今のご質問の中には、災害時に限らず市民の方、利用者の方の安全、安心確保しなければいけないという、そういった側面もございますので、答えさせていただきますが、簡単に自己責任だからといったこと、それをストレートに容認するということは率直にできなかろうと思います。

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

通常、安全除雪作業をするため、運転手と助手の2人乗車ですが、最近では国内重機メーカー除雪支援システム開発によって、オペレーター1人の搭乗で、作業安全性を確保しながら除雪作業ができる技術開発実証実験まで進んでいます。1人で作業を行うことができれば、交代要員確保もでき、オペレーター負担軽減が可能になります。

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

妙高市近郊並びに交通網の発展、それと地域の安心安全それと通行車両事故防止について、大変喜ばしいニュースでありました。   私の質問は、大きく2項目ございます。まず、1項目めなんですが、妙高市内橋梁長寿命化修繕計画進捗状況と課題についてです。市内橋梁について、適切な維持管理、更新を行い、利用者安全、安心確保が必要と考えております。

妙高市議会 2020-12-02 12月02日-01号

このたびの協働によるまちづくりについてですが、社会的背景として、少子高齢化労働力人口の減少、コミュニティーの希薄化安全、安心確保対策への不安等があります。経緯として、協働によるまちづくり推進条例に基づき、地区まちづくり計画を策定、31のまちづくり協議会市民活動NPO団体等のさまざまな担い手を応援するために、まちづくり協働センターを設立しました。