3679件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2022-09-10 09月10日-01号

また、授業の内容は1年たつと忘れてしまいがちなので、継続的な体験学習が必要であることや子供意識が変わると大人保護者意識も変わるなどの分析結果が得られているとのことでありました。行政教育委員会、消防署が一体となって防災教育を通して命の大切さや救急救命防災意識を高めているのは大変参考となりました。  続いて、石川県珠洲市では空き校舎を活用した大学との連携事業について視察を行いました。

胎内市議会 2021-09-27 09月27日-03号

その増加に伴って、保育園子供を預ける親もかなりしわ寄せがあるというふうに言われています。子供を持つ女性パート、アルバイトの割合が50%以上だと言われています。私は、子供さんを保育園に預けて働いているパートのお母さんからこんな話を聞きました。正社員と違い、子供の急な病気などで仕事を休めば休んだ分だけ給料が下がります。保育無償化は手放しに喜べない。

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

これに基づいて、やはりこれで全て徹底されるわけではないのですけれども、しかし1つのスタンダードとして、これは保護者にも先ほど申し上げましたように保護者会でも話しさせてもらいましてもいるし、子供たちにも長期休業中、あるいは日々の教育活動の中で、このルールに基づいて子供たちには徹底するように働きかけて、子供たち自身の守ること、ほかに迷惑はかけないこと、心と体を大事にすることを含めて指導させていただいております

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

また、市民からの問い合わせについては、無償化対象となるのか、申請書記入方法無償化による負担額の違いなど、窓口や電話による問い合わせが少数ありましたが、その都度、子供の年齢や利用施設等を聞き取りながら説明を行ったところであります。   次に、市で無償化制度対象施設はどこになるのか、また無償化内容はどのようになるのか、無償化現物給付となるのかについてであります。

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

ここで、誕生する大切な生命の未来を考えたとき、妙高市内で安心して子供を産み育てる環境を整えることが大きな課題としてのしかかってまいります。妙高市の未来子供未来を考えて子育て環境を鑑みたとき、冬期間も安心して出産できる環境を整備することについて、妙高市としての考えを伺います。   次に、大きな2つ目質問でございます。障がい者の就労支援についてでございます。

妙高市議会 2020-12-02 12月02日-01号

2点目は、楽曲「大野へかえろう」オリジナルソングを制作、親が子供に対して歌で、将来的にUターンし、大野への定住メッセージを伝えます。ドキュメント映像が公開され、インターネット配信され、全国ネットニュースでも取り上げられました。3点目は、「大野へかえろう」写真集大野市の日常風景を多数収録し、写真集成人式で配布、やっぱりふるさとはいいと若者に投げかけました。

小千谷市議会 2020-11-29 11月29日-01号

本案は、健康・こどもプラザの開設に伴い、妊娠期から子供に関する業務に一元的に対応する体制を強化するとともに、高齢者福祉と障がい福祉生活福祉連携重要性が増す社会環境に対応するため、行政組織の再編を行いたいとするものであります。   それでは、改正の内容について御説明申し上げますので、議案第96号別紙をごらんください。

妙高市議会 2020-09-25 09月25日-05号

市としては、どのように見つけているかとただしたのに対し、課長は、保育園こども園等保育士が気になる子供を穏やかに伝え、注意を促したり、乳幼児健診で家庭児童支援専門員子供の様子や保護者からの聞き取りを行う中で、ひばり園へつなげている。また、保育園への専門員巡回相談による保育士からの聞き取りを行う中で把握をしている。

小千谷市議会 2020-09-25 09月25日-04号

少子化に伴い、地域子供集団の受け皿がなくなっているという社会環境が大きく変化しています。地域のさまざまな郷土芸能やそうしたものとのかかわりの中で子供大人や異学年の子供たちと触れ合う機会がなくなっていることから、地域町内会やまざまな団体が目配りをしながら機会を積極的につくるとともに、行政として特段場の提供の確保に向けて事業を進めていただきたい。   

小千谷市議会 2020-09-20 09月20日-03号

障がいを持つ子供たち保護者は、子供自立を心から願っております。障がい者の自立を助けるために市役所が率先して雇用率を高めることが求められていると考えます。精神障がい、身体障がい、知的障がいなどがありますが、短期での離職にならないように配慮した雇用が必要だと考えます。小千谷市の障がい者雇用率と障がい者雇用継続性の現状(短期離職はないか)などについて伺います。