557件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 小千谷市議会 平成30年  第4回 定例会-12月20日−市政に対する一般質問−02号 なお、2項目め、病児病後児保育と3項目め、発達教育支援の2項目に関しては、この11月初旬、埼玉吉川市と本庄市に会派水明会で視察に行ってきて、今回の参考とさせていただきました。    それでは、第1項目めについてであります。大塚市長は、この11月の任期を迎え、11月11日に告示になりました市長選挙において再選されました。 もっと読む
2018-12-14 長岡市議会 平成30年12月定例会本会議−12月14日-03号 埼玉越谷市では、救命効果の向上を目的に本年7月より24時間使用可能なAEDを公立の小・中学校や地区センター、公民館などの公共施設の屋外、さらに新たにコンビニエンスストア20店舗への設置を開始しました。精密な医療機器を屋外に設置するには温度管理が重要となります。 もっと読む
2018-12-13 十日町市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−市政に対する一般質問−05号 主なものといたしましては、埼玉和光市に十日町産魚沼コシヒカリの販売営業所Towakoを設置した産業振興事業でありますとか、豪雪体感インバウンドなど観光交流に起因する事業などでありまして、地域の活性化に資するものというふうに理解しております。 もっと読む
2018-12-13 長岡市議会 平成30年12月定例会本会議−12月13日-02号 新聞によると、埼玉では埼玉県内企業で働く外国人を「彩人」と称し、その活躍ぶりを紹介しています。今後変化していく外国人労働者の確保について、長岡市の考えをお聞きいたします。  日本人の話題に戻ります。意欲ある点では、日本の若者も忘れてはなりません。最近、学生ベンチャーで起業した若者が資金の集めやすい首都圏に移動した事例がありました。新しい技術を認めて支援するのはなかなか大変です。 もっと読む
2018-12-13 上越市議会 平成30年  第5回(12月)定例会-12月13日−一般質問−04号 一番上は埼玉草加市が人口1万人当たり  ここの青い部分をちょっと見ていただくとわかるんですが、人口1万人当たりの職員数なんです。1万人当たり、草加市さんは42.46で42人ぐらいです。そして、一番下、上越市が85.86ですから、こういう言い方はちょっとあれかもしれませんけど、ちょうど倍ぐらいになってしまいます。 もっと読む
2018-12-11 柏崎市議会 平成30年12月定例会議(第22回会議12月11日) 柏崎市でも、ことし、私の考えですけども、車を利用して来られる地域をフォーカスしたのではないかと思いますが、群馬県、長野県、埼玉に観光PRを行いました。その狙いと効果、結果をどのように評価しているのでしょうか。   もっと読む
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 11月7日、総務文教常任委員会の行政視察で埼玉飯能市を訪れ、本庁舎耐震化事業について勉強してきました。本庁舎の改修、耐震補強工事が中心でしたが、いただいた資料の中で公共施設整備基金をつくり耐震改修を計画的に促進していることがわかりましたので、三条市でも基金をつくって公共施設の耐震化を行ったら効果的に早く進めることができるのではないかと思い、提案いたします。   もっと読む
2018-12-05 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−議案説明、質疑、一般質問−01号 今回のエアコン設置が全国的に要望が高まったというのは、いわゆる地球温暖化、これによって41.1度、埼玉の熊谷市で記録した。これは、もはや熱中症対策なんていう生ぬるいことではだめなんだと、災害対策だと、こう政府が腹を決めたからこそ、どんどん、どんどんいい方向に話が進んだということであります。    もっと読む
2018-10-02 三条市議会 平成30年議会運営委員会(10月 2日) 次に、視察先及び調査事項等でございますが、視察先は愛知県の豊明市と岩倉市、そして埼玉久喜市の3市とし、調査事項は議会運営について、中でも豊明市では通年議会について、岩倉市では災害発生時等の活動要綱と複数常任委員会制について、久喜市では複数常任委員会制と反問権について調査するものでございます。   もっと読む
2018-09-27 上越市議会 平成30年  第4回(9月)定例会-09月27日−委員長報告・討論・採決−07号 ごみ焼却施設管理運営費で、焼却灰の再資源化について、処理を依頼する民間再資源化施設が29年度から、糸魚川市の施設に加え、新たに埼玉、茨城県が追加されているが、この理由は何かとの質疑に、理事者から、一般廃棄物の最終処分場が全国的にも逼迫しており、当市の場合は、過去にあった最終処分場が既に満杯で埋め立てできない状況にある中で、埋め立てよりも焼却灰を使った資源化という方向で、全体の中で資源化する割合を徐々 もっと読む
2018-09-21 三条市議会 平成30年総務文教常任委員会( 9月21日) 市庁舎の管理に関する件といたしましては、埼玉飯能市にお伺いし、本庁舎耐震化事業についてを調査いたします。飯能市では、昭和47年度に建設された本庁舎について、平成25年度から平成26年度にかけての耐震補強工事により耐震化を図り現在使用しておりますので、その事業内容について調査するものでございます。   もっと読む
2018-09-20 小千谷市議会 平成30年  第3回 定例会-09月20日−市政に対する一般質問−02号 全国的に記録的な暑さに見舞われた平成最後の夏、埼玉熊谷市では、観測史上最高となる気温41.1度を記録したほか、6月から8月までの平均気温は、1946年の統計開始以降西日本で平年比プラス1.1度で、観測史上第2位、東日本では平均比プラス1.7度で、観測史上最も高くなりました。 もっと読む
2018-09-19 上越市議会 平成30年  第4回(9月)定例会-09月19日−一般質問−03号 日本でも7月23日、埼玉熊谷市で摂氏41.1度を記録しております。これは、観測史上最高気温が記録されたと言われております。当市では、最高が38.3度の記録があったと言われております。                〔「40度超えている」と呼ぶ者あり〕 ◆3番(丸山章議員) 40度になりましたですね。失礼しました。もはや猛暑災害と言っても過言ではないわけであります。 もっと読む
2018-09-18 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号 ウ、廃棄物処理対策では、ごみの減量化を進めるため、分別収集と再資源化を推進し、適正な廃棄物処理に努めるとともに、最終処分場の延命を図るため、清掃センターから排出された焼却灰の一部を埼玉寄居町に資源化委託したほか、山形県米沢市に搬出し、埋却処分いたしました。 もっと読む
2018-09-12 柏崎市議会 平成30年 9月定例会議(第17回会議 9月12日) ラッピングバスについては、昨年、総務常任委員会で行政視察を行いました、埼玉飯能市でも、アニメのラッピングバスを運行し、好評を得ているようです。先日、市長より、柏崎市の観光PR、ラッピングバスの事例も紹介されました。   もっと読む
2018-09-12 新発田市議会 平成30年 9月定例会−09月12日-02号 そして、23日には、埼玉熊谷市で観測史上最高となる41.1度の気温を記録しました。  この夏は、東日本から西日本までの広い範囲で、平均値に比べ3度以上も高い気温が続き、まさに記録的な猛暑となりました。全国の学校では、学校行事の最中に熱中症の症状を訴える子供が相次ぐとの報道もありました。当市では、「熱中症にご注意」、「本日の暑さ指数が危険域に達する見込み」とあんしんメールが発信されました。 もっと読む
2018-09-12 十日町市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−市政に対する一般質問−04号 さらに、地域商社クロステンが埼玉和光市に設置いたしました首都圏営業所Towakoを拠点といたしまして、首都圏に対し十日町産魚沼コシヒカリや妻有ポークなど、農畜産物の営業販売を進めておりまして、今後もさらに販路拡大を図って、十日町産農産物の取り扱い量を拡大してまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-09-11 長岡市議会 平成30年 9月文教福祉委員会−09月11日-01号 実際に貸し出しを行っている埼玉入間市の事例を御紹介いたします。入間市では、市民の要望を受け、移動式磁気ループ1台と専用受信機6台を導入して、ことしの3月から貸し出しを始めました。市内の聴覚障害者団体や特定非営利活動団体等を対象にし、貸し出し期間は1回1週間、費用は無料という条件で貸し出しを行っております。 もっと読む
2018-09-07 妙高市議会 平成30年  9月定例会(第5回)-09月07日−一般質問−03号 このような形の中で、先進事例としては埼玉富士見市で2018年4月、今年度からですが、18歳未満の子供が3人以上いる世帯の第3子以降の均等割を全額免除し、所得制限なしを実施しています。子供の数でふえる均等割は、医療支給分と後期高齢者医療費支援分で、昨年の決算ベースで見ると1万7400円であり、被用者保険では負担しなくてもよいものであります。 もっと読む
2018-09-06 十日町市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−議案説明、質疑−01号 そして、首都圏における十日町産魚沼コシヒカリ等、農産物の販路拡大を図るために、友好交流都市であります埼玉和光市内に平成28年度に開設した地域商社クロステンの首都圏営業所Towakoを拠点といたしまして、営業販売活動の強化を図っております。   農地整備関係でありますが、中山間地域等直接支払交付事業におきまして、松代地域のほか2地区が広域化に取り組んでおります。 もっと読む