1088件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-19 令和 元年12月19日広域観光交流促進調査特別委員会−12月19日-01号

◆宇野耕哉 委員  その業者が言っていたのは,郷土料理なので,地産をしっかり進めているところをもう少し新潟市がアピールできないのかというような話もされていたのです。県外の量販店みたいなところに同じ新潟郷土料理と看板を掲げられると新潟の評判が下がるという話だったのです。どこかで差別化を図れないかと思っているのです。

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日環境建設常任委員会-12月13日-01号

2,スマートエネルギーシティの構築では,引き続き太陽光,風力発電などの市域への導入拡大や,家庭や事業所の省エネを図っていくほか,災害発生時を意識した蓄電池の整備,エネルギー地産,効率的な利用を推進します。また,新たに環境経済の好循環の推進という基本対策を加え,環境投資や脱炭素経営についての意識向上などに取り組んでいきます。  

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

長浜裕子環境部長 登壇〕 ◎環境部長(長浜裕子) 近年,再生可能エネルギーを活用し,地域内にエネルギー供給する事例が数多く出てきており,エネルギー効果的に地産することで,地域の資金を地域で循環させることが可能とされています。また,再エネで得た収益を活用し,子育て支援を進めたり,新たな産業を興したりするなど,再エネを地域課題の解決につなげている事例も見られます。  

三条市議会 2019-12-11 令和元年経済建設常任委員会(12月11日)

  第3委員会室 1 出席委員   山田富義委員長 坂井良永副委員長          佐藤和雄 武石栄二 横山一雄 1 欠席委員   長橋一弘 1 欠員     1名 1 委員外議員  馬場博文 1 説明のための出席者          渡辺経済部長 森田営業戦略室長 石塚次長                 片野商工課長 大竹商工係長                 渡辺農林課長 藤家課長補佐兼地産推進室長兼営業戦略室副主幹

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

また,地元の旬の食材を多く取り入れた献立の作成,各地域の特色を生かし,生産者,農協,地元の商店などの御協力により,地場産食材の利用拡大を図り,学校給食における地産を推進していることです。                〔石附幸子議員 発言の許可を求む〕 ○副議長(佐藤誠) 石附幸子議員。                   

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

もちろん,土地利用制限することになるので,そのための補償や,農地でとれる農産物をできるだけ町で消費するようなファーマーズマーケットや,地産の取り組みを進め,レストランも地場産品を使い,ローカルグルメがブームになり,市場はにぎわっています。メード・イン・オレゴンという地産運動が定着し,地元の誇りや郷土愛につながっています。  次に,公共交通を整備します。

新潟市議会 2019-10-16 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月16日-05号

また,県やJAなどと連携したキャンペーンやチューリップの花絵制作に係る助成などを通して本市の食と花の魅力をPRしたほか,地産に取り組む小売店や飲食店を新潟市地産推進の店として新たに6件を認定し,地場産農産物の普及と消費拡大を図りました。さらに,昨年度からの新たな取り組みとして,インスタグラムやツイッターなどのSNSを活用し,本市の食と花の魅力を旬な時期に,タイムリーに発信しました。  

新潟市議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会第4分科会-10月11日-03号

その中で,大きく占める電気の部分で言うと,機器の更新や建物を改修するのは経費がかかりますが,手っ取り早くできるのは電気の調達を見直すことがまずは一番ということで,昨年地域電力事業を検討し,廃棄物発電を活用した地産秋葉区においては越後天然ガスと一緒に秋葉区周辺のエネルギーを効率的に融通し合うという面的利用,亀田の清掃センターの電気を自己託送する取り組みを民間と打ち合わせを含めて協議を始めて,平成

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月10日-02号

また,住宅地に隣接する農地が多くある西区の特色を生かし,市民を対象とした農業体験教室,食と農の学校入門コース全6回,親子農業体験教室を全5回の計11回開催し,地産農業への理解,食育の推進に取り組みました。  次の西区農地再生サポート事業は,平成30年度からの新規事業です。

柏崎市議会 2019-10-09 令和元年 9月定例会議(第22回会議10月 9日)

次に、産業建設分科会では、農林水産業の持続性を高めるを施策評価対象とし、食の地産推進事業、食の地産啓発事業、柏崎産水産物普及促進事業を評価対象事業として選定をいたしました。  この事業を選定した理由は、配付した施策評価シートをごらんください。  施策評価はBとし、施策の実現に近づいているが、さらに事業の改善・見直しが必要となりました。  

柏崎市議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(10月 8日)

産業建設分科会では、「農林水産業の持続性を高める」を施策評価対象とし、「食の地産推進事業、食の地産啓発事業、柏崎産水産物普及促進事業」を評価対象事業として選定しました。  この事業を選定した理由は、配付した施策評価シートをごらんください。  施策評価はBとし、「施策の実現に近づいているが、さらに事業の改善・見直しが必要」となりました。  

柏崎市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

           押見 裕道          林業水産班係長           川上 正人          (農政課)          課 長               小泉 孝雄          課長代理              佐藤  茂          農政企画班係長           小山 拓己          農業振興係長            佐藤  孝          地産係長

新潟市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会本会議-09月20日-02号

再生可能エネルギー地産に取り組むことは,地域内の低炭素化や経済活性化に資するとともに,災害時の電源確保など,防災面の強化につながるという面でも重要であると認識しています。本市では,7月に民間事業者と共同で地域電力会社を設立するなど,民間事業者と連携し,スマートエネルギーの取り組みを推進しています。

三条市議会 2019-09-12 令和元年経済建設常任委員会( 9月12日)

出席委員   山田富義委員長 坂井良永副委員長          佐藤和雄 武石栄二 横山一雄 長橋一弘 1 欠席委員   なし 1 欠員     1名 1 委員外議員  馬場博文 1 説明のための出席者          渡辺経済部長 五十嵐営業戦略室長 石塚次長                 片野商工課長 瀬戸主幹兼営業戦略室主幹                 渡辺農林課長 藤家課長補佐兼地産推進室長兼営業戦略室副主幹

長岡市議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会本会議-09月03日-01号

今後とも官民でこうしたPR活動に取り組んでいくとともに、ホームページや市政だよりでの広報活動により、周知に力を入れ、さらなるエネルギー地産を進めていきたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(丸山広司君) 松野憲一郎議員。   〔松野憲一郎君登壇〕 ◆松野憲一郎君 次に、非常災害時の対応について御質問いたします。  

三条市議会 2019-06-25 令和元年経済建設常任委員会( 6月25日)

令和元年6月25日(火)午前10時 1 場   所  第3委員会室 1 出席委員   山田富義委員長 坂井良永副委員長          佐藤和雄 武石栄二 横山一雄 長橋一弘 1 欠席委員   なし 1 欠員     1名 1 委員外議員  馬場博文 1 説明のための出席者          渡辺経済部長 五十嵐営業戦略室長 石塚次長                 渡辺農林課長 藤家課長補佐兼地産推進室長兼営業戦略室副主幹

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

議案第44号令和元年度新潟市一般会計補正予算関係部分について,再生可能エネルギー地産を推進するため,市も出資して地域電力会社を設立するに当たり,歳入歳出の増額補正をお願いするものです。詳細についてはこの後担当課長が説明します。 ○佐藤正人 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。                    

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

〔保苅 浩議員 登壇〕 ◆保苅浩 地産の推進はもちろん,食料供給基地としての役割を一層強化するため,全国,そして世界に向けた地元農産物の販売促進の一翼を行政としても担っていくという強いメッセージを発信し続けることが肝要だと考えます。今後ともトップセールスを含め,積極的な新潟のアピールをお願いします。  次に質問(2),新潟市農業構想についてです。