2202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2021-02-24 令和 3年総務常任委員会( 2月24日)

委員(若井 恵子)  同じく35ページの012地域活性化対策事業、002の地域おこし協力隊活動経費というところなんですけれども、この減額中身というのは、当初予算では900万円超を予算化されていましたが、この減額中身のことをちょっと御説明していただければと思います。 ○委員長(相澤 宗一)  市民活動支援課長

阿賀町議会 2021-01-26 01月26日-01号

なお、この事業に要する経費につきましては、新潟県の地域活性化推進事業及び地域振興戦略事業として県のご理解をいただき、補助金を充当して整備をするものでございます。 次の地域おこし協力隊招致事業及びテレワーク・ワーケーション促進事業につきましては、清川高原保養センター活用した学生寮運営準備に係る経費でございます。 

五泉市議会 2020-12-18 12月18日-委員長報告、討論、採決-03号

地域活性化は、地域連帯の波紋を大きく広げて、市内外観光客とつながることでさらに活性化を拡大することができると考えます。同時に、組織体制については、地元の雇用を積極的に、優先的に行うことが示されています。市にとって重要な雇用の場であります。市民が働くことで、施設利用者が安心と親しみを与えるものと考えます。

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

        1.市立保育園を廃止し、私立認定こども園に移行することについて             7 番 森 本 恵理子 君……………………………………………………………77        1.五人に一人いる「ひといちばい敏感な子ども、HSC」の認知と理解、対応に          ついて                                        2.ポケモンマンホールをきっかけとした地域活性

阿賀町議会 2020-12-16 12月16日-02号

例えば、町では直接行っております空き家活用、また婚活地域おこし協力隊連携、今、発足の募集をしておりますあがまちファンクラブ活動、町民の皆様のまちづくり地域活性化活動への支援等々、これも類意味でそうした連携先があれば、特に、町内でそうした受け手もあれば、より効果的なことだなというふうに考えているところでございます。 清野議員さんからも、いろいろご紹介をいただいてきたところでもございます。

阿賀町議会 2020-12-15 12月15日-01号

まとめといたしまして、七福荘については、地域活性化の基盤となる施設でもあることから、指定管理施設として存続を望む。近隣には幾つかのわらび園キャンプ場、たきがしら湿原など恵まれた観光資源があり、新潟県も地域活性化事業対象地域としていることから、NPO法人体制動向等を議論し、施設再開に向け、維持運営管理を十分に検討してほしい。 

十日町市議会 2020-12-14 12月14日-委員長報告、質疑、採決-05号

議案第134号 指定管理者指定について、指定管理料の算定の考え方や指定管理者自主事業についての質疑のほか、指定管理者連携し、スポーツによる地域活性化を求める意見がありました。採決の結果、全員賛成原案可決であります。  次に、議案第135号 指定管理者指定について、特に質疑はなく、採決の結果、全員賛成原案可決であります。  以上で総務文教常任委員会審査報告を終わります。

上越市議会 2020-12-08 12月08日-03号

この2つを両立させていくことは大変難しい問題ですが、これに取り組んで地域活性化させていかなければいけません。上越市議会としても、新型コロナウイルス調査対策特別委員会を設置し、これまでこの難局を乗り切るために市長へも提言を行ってきました。そして、市長もこれまで適時市民へメッセージを発信しながら支援の拡充に努めて、新型コロナウイルス感染症対策に係る事業を執行してきました。

十日町市議会 2020-12-08 12月08日-市政に対する一般質問-03号

また、日本の農村の原風景に例えられる星峠棚田や蒲生の棚田などの棚田群など、全国に発信できる貴重な観光資源があり、これらの活用を図るほか、田舎体験農家民泊など、体験型観光による地域活性化の推進にも取り組んでいます。また、東京都世田谷区をはじめ、八王子市、そして早稲田大学、東京松代会など、首都圏との交流活動推進により、2地域居住などの新たなライフスタイルによる関係人口の拡大の取組も進めています。

妙高市議会 2020-12-07 12月07日-02号

妙高市のスマートシティ推進構想にも書かれている事業内容、これを今多少読み上げさせていただきますけれども、「行政保有データを原則オープン化し、オープンデータ活用した市民協働やベンチャーの創出を促進するなど、地域課題の解決、地域活性化を図ります」という記載になっております。私は、そうした目的達成のための取組としては、現状はまだまだ不十分だと思っております。

十日町市議会 2020-12-07 12月07日-市政に対する一般質問-02号

地域密着型とミッション型、両方を両輪として自治体の地域活性化ですか、向かっていってほしいということで、ミッション型については我々もこれから力を入れていきたいと思っておりますし、まずミッション型につきましては、一番最初に始めたのが北海道の函館市だったかと思います。当市はその次、2番目だったと思いますけども、クロステンに配置をさせていただいたのが全国2例目だかと思っています。

長岡市議会 2020-12-07 令和 2年12月建設委員会−12月07日-01号

次に、この制度の概要ですが、著しく管理状況の悪い空き家等町内会等が自らの負担で除却し、その跡地を地域活性化のために利用する場合に除却費用の一部を市が補助するもので、補助率が5分の4、補助上限額が160万円となっており、この補助金の半分を国費で賄っております。 ◆大竹雅春 委員  分かりました。  

五泉市議会 2020-12-03 12月03日-一般質問、議案説明、質疑-02号

安心して健やかに子育てができる住宅として、入居者の生活を支援し、福祉の向上と地域活性化を進めてまいります。  なお、小中学校の適正配置につきましては教育長がお答えいたします。  以上であります。 ○議長(林茂君) 井上教育長。 ◎教育長井上幸直君) 少子化における学校の適正配置についてお答えいたします。  

新発田市議会 2020-12-02 令和 2年12月定例会-12月02日-02号

───────────────────────────────┤ │ 6 │渡 邉 葉 子│1 当市GIGAスクール構想について             │ ├──┼───────┼────────────────────────────────┤ │ 7 │三 母 高 志│1 新型コロナウイルス第3波への備えについて          │ │  │       │2 蔵春閣移築市民参加による地域活性

新潟市議会 2020-10-13 令和 2年決算特別委員会−10月13日-04号

本来の改革は、地方自治分権の精神にのっとり、新潟地域特色歴史伝統、文化的な背景を大切にするまちづくり新潟まちづくり戦略地域活性化計画ベース改革プランを練り上げ、進むものでなければならないと申し上げまして、意見要望を終わります。 ○高橋三義 委員長  ほかにありませんか。                    (な  し) ○高橋三義 委員長  以上で意見要望を終わります。  

柏崎市議会 2020-10-09 令和 2年 9月定例会議(第26回会議10月 9日)

3点目は、地域活性化対策事業1,241万8,000円です。  これは、地域おこし協力隊関係経費です。この地域おこし協力隊活動により、その地域活性化が図られています。  しかし、これまでの成果に満足せず、定住、あるいは、新たに関係人口交流人口の広がりにつながるような仕組みの創出を期待します。  

柏崎市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会・文教厚生分科会(10月 5日)

その下の006文化振興支援事業525万9,930円は、芸術文化事業負担金として、11月を中心に綾子舞などの古典芸能公演を開催した、古典を生かした柏崎地域活性化事業実行委員会に支出した経費でございます。  次に、442ページの下段、10款4項2目、009歴史文化活用事業の001歴史文化活用事業19万8,000円は、国民文化祭柏崎独自事業にかかった経費でございます。  

新潟市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会第2分科会−10月05日-02号

初めに、里山を活かしたまちづくり推進は、秋葉丘陵活動する団体、各種文化施設コミュニティ協議会自治会等と協働し策定した里山利用行動計画未来への種に基づき、区独自の里山文化の創造と地域活性化を図ることを目的に取り組みました。主な内容ですが、里山の自然の中で子供たちが自由に遊べる場として、毎週土曜日にアキハマウンテンプレーパークを開催し、里山への理解、関心を深めてもらうことに取り組みました。

新潟市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会第1分科会−10月05日-02号

地域おこし協力隊活用した地域活性化事業は、白根子行進曲復活プロジェクトを実施するなど、南区のPRにつながりました。  次に、4ページ、政策推進経費、南区PR事業は、旧笹川家住宅でプロジェクションマッピングとライティングによる演出、笹川邸光の夕べを実施し、南区のPRを図りました。