6240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-11-20 令和元年柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会(11月20日)

第三部会の今後の調査研究方針についてですが、10月31日の会議概要にも記してあるところでございますけれども、第一部会、第二部会と同様な形で、基礎的な学習を今年度は進めていこうということで、電源財源の構造についてと柏崎市地域エネルギービジョンについて、そして廃止措置について、今年度のところ基礎学習をしていこうということで始めたところでございます。  

柏崎市議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(10月 8日)

地域コミュニティ活動推進事業について、コミュニティセンターの利用状況及び集計方法。市民活動育成補助金について、補助金交付団体数の推移。消費者対策事業について、相談から見えてきた課題。地域安全対策費について、街路灯のLED化の進捗状況。地域おこし協力隊活用事業について、協力隊の着任状況及び、今後の活用方法。地球温暖化対策推進事業ついて、各種事業に対する市民と事業者の評価。

柏崎市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

中段の004誘客宣伝事業5,097万1,464円のうち、次ページの中段、010広域観光推進事業1,163万8,740円は、地域創生推進交付金事業として、中越地域の近隣12市町村により中越文化観光産業支援機構を組織し、各地域観光コンテンツを連携させることで誘客促進を図るのが目的であります。  

柏崎市議会 2019-09-26 令和元年決算特別委員会・総務分科会( 9月26日)

12款電源立地地域対策等交付金は、前年度比1.8%減の約17億4,451万円となりました。昨年度より3,206万6,000円の減額となりました。算定の基礎となる設備利用率見直しの経過措置3年目による影響額は、下の表、米印、収入済額の内訳のうち電源立地地域対策交付金の増減額欄、約3,353万円であります。  13款分担金及び負担金は、前年度比2.1%増の約6億5,931万円となっています。  

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月総務委員会−09月24日-01号

   加 藤 尚 登 君   杵 渕 俊 久 君   中 村 耕 一 君   諸 橋 虎 雄 君   古川原 直 人 君   桑 原   望 君   関   正 史 君   関   貴 志 君   酒 井 正 春 君   高 野 正 義 君   加 藤 一 康 君   丸山(広)議長    ────────※──────── 〇説明のため出席した者   水澤副市長       高見副市長   大滝地域政策

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月建設委員会−09月24日-01号

  諸 橋 虎 雄 君   丸 山 勝 総 君   古川原 直 人 君   桑 原   望 君   関   正 史 君   松 井 一 男 君   水 科 三 郎 君   笠 井 則 雄 君   関   貴 志 君   高 野 正 義 君   五 井 文 雄 君   丸山(広)議長    ────────※──────── 〇説明のため出席した者   水澤副市長       高見副市長   大滝地域政策

柏崎市議会 2019-09-24 令和元年 9月定例会議(第21回会議 9月24日)

令和元年(2019年)9月24日 提出者 議会運営委員会 委員長 星野正仁 柏崎市議会議長 真貝維義様          新たな過疎対策法の制定に関する意見書(案)  過疎対策については、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」制定以来、4次にわたる特別措置法の制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など一定の成果を上げたところである。  

柏崎市議会 2019-09-17 令和元年産業建設常任委員会( 9月17日)

○農政課長(小泉 孝雄)  先ほど申し上げましたけれども、柏崎市地域農業再生協議会のほうへ支援する主な補助金でございまして、これにつきましては、先ほど申し上げましたように農家などの経営所得安定対策のための柏崎市地域農業再生協議会が、農家からいろいろな米の対策につきましての申請を、経営所得安定対策に対する申請を柏崎市地域農業再生協議会がかかわってやっているわけでございますけれども、そういったところの農家

柏崎市議会 2019-09-13 令和元年産業建設常任委員会( 9月13日)

○委員(斎木 裕司)  今回、一応、南部地域の関係だったんですが、この前は別山、それから、西山町にはあと石地と中川があるんですが、それが、この経過年数を考えると、これから出てくるんじゃないかなという思いがあるんですよ。その辺の計画というのをちょっと教えてもらいたい。 ○委員長(三宮 直人)  建設課長

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会議(第20回会議 9月12日)

ひきこもり支援センターや柏崎市社会福祉議会はもちろん、地域担当の保健師、民生委員、小・中学校教員地域包括支援センター等々、現に窓口は多く存在しておりまして、そのような形での御相談に対しても門戸を開いております。  ただ、残念ながら、こういった相談機関に対しまして、明確にセルフネグレクトを主訴とした相談が、ほとんどないというのが実態でございます。

柏崎市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第19回会議 9月11日)

南鯖石地域子供たちの健やかな成長を図るためにも、南鯖石保育園の中鯖石保育園への統合を、保護者の皆様、地域の皆様にも御理解いただく方針へと、かじを切らせていただいたところでございます。  以上のような経過から、まずもって、令和元年(2019年)8月2日に、地域懇談会の後でございました。

三条市議会 2019-09-10 令和元年第 3回定例会(第5号 9月10日)

次に、地域包括ケアシステム構築の推進に係る取り組みについてであります。第7期介護保険事業計画におけるシステム構築の取り組みについて、目指す姿として生涯にわたり住みなれた地域で安心して暮らし続けることができるまちとしています。当市において、高齢化等により支援や介護が必要になっても住みなれた地域で安心して暮らし続けることができる環境整備が必要であります。

長岡市議会 2019-09-10 令和 元年 9月文教福祉委員会−09月10日-01号

そこで、私が議員になり、合併してからも和島地域や小国地域、つい最近ですと長岡地域でもありましたけど、学校の統廃合がやっぱり一つの課題なり問題になってくるのかなと思います。この委員会でも以前からずっと言われていましたけど、一応長岡市の方針としては地元の声が出てきてからというような話をされていましたが、そうも言っていられない時代になってきたんじゃないのかなと。