4927件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

昨日生涯学習課長が申しました、旧村松浜小学校グラウンド地域スポーツ施設であるということは間違いないものの、渡辺議員が言われる体育館跡地地域スポーツ施設の一部であるかのような答弁をいたしましたが、実際体育館跡地グラウンドと隣接しているものの、地域スポーツ施設ではございませんので、まずこのことを訂正させていただきます。

小千谷市議会 2025-06-24 06月24日-02号

第5期小千谷市障がい福祉計画では、地域生活支援拠点等整備として障がい者の重度化高齢化、親亡き後を見据え、居住支援のための相談、体験機会の場、緊急時の受け入れ対応専門性地域体制づくりの機能を地域創意工夫により整備し、障がい者の生活地域全体で支えるサービス提供体制の構築を目標としております。   私の答弁は以上です。 ○議長田中淳君) 松井教育長。               

小千谷市議会 2023-12-18 12月18日-03号

また、地域支援事業生活支援体制整備事業の中で地域支え合いが進むことにより、ごみ出しに困っている世帯に対してその地域支援ができるようになることが望ましいことだと思いますが、その支援市内地域で実施される保証はありません。支援の手が届かない高齢者等に対しては、行政支援の手を差し伸べることも重要ではないでしょうか。所見をお伺いします。   

見附市議会 2023-06-19 06月19日-一般質問-03号

市としては浸水対策のために国土強靱化地域計画を策定することは考えていませんが、浸水対策については市の負担を少しでも減らすため、国の補助事業等を積極的に活用してまいります。  次に、長岡地域定住自立圏の4市町が合同で地域計画を策定することについてお答えします。国土強靱化地域計画は、自治体の分野別計画に影響を与える指針を定めるもので、総合計画に匹敵する位置づけであります。

胎内市議会 2022-09-10 09月10日-01号

この事業は、小学校及び小中学校空き校舎を利用して地域活性化に取り組んでいる事業であります。旧小学校と旧小中学校の2カ所の現地に行き、説明を受けてきました。1つ目の旧小泊小学校を利用しての金沢大学能登学舎を利用していることについては、金沢大学を始め、石川県内大学と連携し、里山、里海の将来を担う人材づくり地域課題への対応などの教育研究人材育成交流促進事業に取り組んでいました。

胎内市議会 2021-09-27 09月27日-03号

やはりどこの地域に生まれた子供たちも受け得るべき支援は均等にひとしく受けられる、公平に受けられるということが基本であって、私たちがこれから若い人たちが安んじて暮らし、そして子供を産み育てることに夢や希望を持てるような地域風土をつくっていく、それがやはり一番大事なのであろうと。

妙高市議会 2021-06-19 06月19日-04号

また、どの地区の除雪を行うのかとただしたのに対し、課長より、今回更新を予定している機種については、新井地域の錦町、白山町、末広町、東長森の幅員が狭い車道を想定し、業者へ貸与する。そのほかの1台については新井地域へ貸与し、主には歩道除雪を実施している。残りの1台は直営車として市が管理しているとの答弁がなされました。   

見附市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-02号

地域コミュニティの今後の姿と課題について。平成31年3月28日に見附市から公表されました見附市立地適正化計画の中に、「2.地域コミュニティ別にみた見附市の現状課題」、「(1)地域コミュニティの概要」、「1)地域コミュニティとは」という項目があります。その文章中に、「将来的には、住民にとって身近な行政サービスについても、地域で実施できるようにしていきたいと考えています」とあります。

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

現在厚生連小千谷総合病院小千谷市内はもとより、近隣地域地域医療を支える極めて重要な医療機関であると捉えております。また、この動きとは別に、本年2月に新潟厚生連の運営による病院地域医療の中心的な役割を果たす当市を含む県内6市の市長地域医療連携推進協議会を設置し、県に対して県内地域医療の維持、存続のための政策提言などを行ってきました。

見附市議会 2020-12-10 12月10日-02号

これを踏まえて、教職員には地域住民よりも高いレベルの防災知識と意識、見識、子どもの命を守ることを最優先に捉えた質の高い防災力が求められるとのことでした。自然災害対策は、学校が置かれている地域によって当然異なり、地域差のあるものと理解しております。見附市内学校、保育園について、防災計画の策定に地域ごとの特色があるのか、現状を伺います。  

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

今回の国の公表は、地域実情を踏まえておらず、到底受け入れられるものではないと考えており、今後県が開催する地域医療構想調整会議において当市の地域特性や医療資源不足等偏在等について説明し、地域にとってなくてはならない病院であることを強く訴えてまいります。   2点目についてお答えいたします。救急医療体制は、個々の病院市単独で解決できるものではなく、上越地域全体で構築するものと考えております。