1373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

国土交通省平成26年空家実態調査によると,全国の戸建て空き家のうち,人が住まなくなってから5年以上が経過している住宅は過半数を占め,旧耐震基準昭和55年以前建築された戸建て空き家は,全体の約7割に上ります。腐朽や破損がある空き家も,こうした古い住宅に集中しており,空き家の中でも,改修等により市場での流通が可能な住宅と,利活用が困難な住宅が混在していることがわかります。  

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

同法は,国土交通省文化庁などが所管する国の補助制度を規定しています。認定には,国指定の重要文化財,重要有形民俗文化財史跡名勝天然記念物などのある周辺地域を重点地区と定め,その利活用や開発に関する歴史的風致維持向上計画を策定し,提出します。認定されると,主にハード事業への支援として,国が最大2分の1まで支援するといったものです。

三条市議会 2019-12-04 令和元年第 4回定例会(第2号12月 4日)

基本的にため池の水位情報は、インターネット環境をお持ちの方でございますれば、国土交通省のホームページで確認することができますが、降雨時、市が水位情報の異常を感知した場合は、地区の自治会長やため池の管理者へ連絡をいたします。今後策定してまいりますハザードマップの周知や地区内の連絡網の整備の推進とあわせて、住民の方が確実に避難できる体制の構築を図ってまいりたいと考えているところでございます。

新潟市議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会第1分科会−10月11日-03号

上越新幹線活性化同盟会構成団体の皆様とJR東日本及び国土交通省に対し,運行本数の増便,携帯電話通信環境整備などの利便性の向上や新潟駅付近連続立体交差事業の着実な推進などについて要望活動を行いました。また,東京ビッグサイトで開催されたツーリズムEXPOジャパン2018への出展を初め,県域の魅力をPRするパンフレットの作成や配布により,首都圏からの観光誘客活動を行いました。

新潟市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日広域観光交流促進調査特別委員会−10月03日-01号

国土交通省外局である観光庁の所管になっています。ただ,一般的には日本政府観光局,あるいは略称としてJNTOという形で呼ばれることが通常になっています。拠点としては,国内は東京の四谷に本部があり,海外に現在21事務所があります。右下の地図を見ていただくとわかると思いますが,東アジア東南アジアの主なところは大体カバーしていて,あとはヨーロッパ,北米,オーストラリアシドニー事務所を構えています。

柏崎市議会 2019-09-30 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会( 9月30日)

これは国道8号バイパス事業の促進に向け、国土交通省並びに県内選出国会議員等へ要望活動を行う協議会活動費用となります。要望活動の実績といたしまして、昨年度は、事業を直接担当しております長岡国道事務所を初め、北陸地方整備局国土交通省本省及び新潟県へ事業促進の要望活動を実施いたしております。  

新潟市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会本会議−09月25日-04号

昨日,田村要介議員もこの件には触れられましたので,詳細は申し上げませんが,国土交通省審議会の中で,札幌駅,仙台駅,呉駅,大宮駅,長崎駅とともに新潟駅が今後のバスタプロジェクトの検討箇所として示されました。  ア,この構想の概要はどういったものなのか,また,どういう経緯で新潟駅が検討箇所に盛り込まれたのかお聞かせください。 ○議長(佐藤豊美) 柳田都市政策部長。                 

新潟市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会本会議−09月24日-03号

先日,国土交通省は,新しい新潟駅の周辺に分散する高速バスの乗降場を1カ所に集約する方向で検討に入り,今後は県や市,交通事業者などと調整するとの報道がありました。これは,駅の近くに新たなバスターミナルバス新潟を整備する構想であり,バス乗り場の所在をわかりやすくするとともに,利用者の利便性を高めるものです。市長もその要望活動に尽力されていたとお聞きしましたが,もう少し現状を詳しくお教えください。

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会議(第20回会議 9月12日)

セルフネグレクト問題を抱えていらっしゃる方が、空き家でなく、御本人の家に住んでいるにもかかわらず、国土交通省が定めた特定空き家のガイドライン、放置すれば倒壊等、著しく保安上、危険となるおそれのある状態、放置すれば著しく衛生上、有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより、著しく景観を損なっている状態、周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態と重なります。  

柏崎市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第19回会議 9月11日)

原子力発電所立地自治体としての要望としては、経済産業省への原子力発電所立地地域安全・安心の確保について、原子力発電所立地地域地域振興について、次世代エネルギー等の普及促進による産業構築について、廃炉時代を迎えた原子力発電所立地地域産業創出について、国土交通省への一般国道8号線柏崎バイパス事業の促進について、一般国道352号線、荒浜バイパスの改良整備促進について、そして、原子力規制委員会への原子力発電所

新発田市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-02号

このことから、小柳肇議員ご提案の専門職を任期付で採用することは現時点では考えておりませんが、国土交通省北陸信越運輸局新潟運輸支局からいつでもご助言をいただける連携体制は構築できており、行政地域住民、交通事業者、関係機関がそれぞれのできることを担い、互いに補い、連携する万全の体制で将来を見据えた当市の公共交通の整備を進めてまいります。  以上、答弁といたします。

三条市議会 2019-09-10 令和元年第 3回定例会(第5号 9月10日)

オレンジプラン厚生労働省医療介護分野に限定されたのに対し、新オレンジプラン内閣官房内閣府警察庁金融庁消費者庁総務省法務省文部科学省農林水産省経済産業省及び国土交通省などほぼ全省庁領域にわたっており、いわば国家戦略という位置づけになったということであります。  

三条市議会 2019-09-09 令和元年第 3回定例会(第4号 9月 9日)

7月18日に国道289号建設期成同盟会総会が只見町で開催され、国土交通省長岡国道事務所長による国道289号八十里越の概要説明を賜りました。それには、延長が11.8キロメートル、国道昇格が昭和45年4月1日であります。事業化が昭和61年度、工事着手が平成元年度、全体事業費で695億円、事業進捗率が約81%、これは平成31年3月31日現在であります。