27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

柏崎市議会 2018-06-14 平成30年議員倫理審査会( 6月14日)

それが余りにもひどいから、加藤議員は思い余って倫理審査請求も出したし、同時に自分の名誉毀損にかかわることだから、当然、告訴の対象にしたいと思うのは、これは人間の普通の行動であって、我々はそんなことまで、ここでいろいろ議論するというのは、ちょっとおかしいんじゃないかなと私は思っていますよ。 ○委員長(矢部 忠夫)  与口委員。

柏崎市議会 2018-05-08 平成30年議員倫理審査会( 5月 8日)

誤った内容を報道機関に公開をされたということで、星野議員を初め、斎木議員、若井議員を対象に、いわゆる、名誉毀損ということで、倫理審査請求を行っているというのが今の現状だと思っています。  加藤議員は、不正使用を指示をしていないというふうに一貫して主張しておりますけれども、不正使用としたとしている星野議員の考えている根拠というのは何か、まず、そこを聞きたいと思いますけど。

柏崎市議会 2018-04-17 平成30年議員倫理審査会( 4月17日)

つまり、加藤議員は事実無根だから名誉毀損という形で、そういう法定手続をせざるを得ない、そこまで追い込まれたということですから、これ、今の結局があるわけですよ。  そうすると、請求代表者の2月20日の文書を見ますと、例えばですよ、事務所長とのやりとりの内容から、いろいろ書いてあります。張り紙がしてあったとか。こう書いてあるわけです。それから、不正駐車を認めた、と書いてあるわけですよ。  

柏崎市議会 2018-04-02 平成30年議員倫理審査会( 4月 2日)

だから、そういう観点からいけば、今回の件でいけば、双方が、片や事実無根ですという、それで名誉毀損に当たるんじゃないかという倫理請求を起こして。片や、これはこういった事実関係があるので、いわゆる倫理請求に値するんではないかということで請求を起こしている。  事案について言えば、今、持田委員が言われたけども、双方かかわるわけですね、密接に。

柏崎市議会 2017-09-26 平成29年決算特別委員会・総務分科会( 9月26日)

したがいまして、法的に刑事名誉毀損、そのほか侮辱罪、信用失墜罪等の法的なこと云々という意味で、私どもは今、考えているレベルではございません。それ以上の論評は差し控えさせていただきます。 ○分科会長(与口 善之)  重野委員。 ○委員(重野 正毅)  今の部長の答弁、非常によかったと、僕は思います。

五泉市議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月13日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号

もし仮に名前を出したことが法律上問題があるんだというような話であれば、名誉毀損等々で訴えていただければと思います。私は、もちろん弁護士を立てて闘いますし、私としては事実に基づいて書いてあるということもありますし、またこれは公共の利益に資することであるというふうに考えておりますので、負けるつもりはないというふうに考えております。

新潟市議会 2017-05-17 平成29年 5月17日議会運営委員会−05月17日-01号

実際の対応としては,これまでも議会運営委員会で,この申し合わせ事項(案)に示されている,1の基本的人権を否定するなど違法または明らかに公序良俗に反する行為を求めるものや,3の著しく個人団体等を誹謗,中傷し,その者の名誉毀損または信用失墜のおそれのあるもの等は付託しないという対応をとってきていました。

五泉市議会 2017-02-24 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月24日−一般質問−02号

議員の税未納とそれに関する報道名誉毀損について扱った東京高等裁判所平成14年5月23日判決平成13年(ネ)第6387号は、議員のような公人については、これらの者の公職としての能力、資質、公共奉仕精神、廉潔性等人格的側面も公職者として適格かどうか議論できるよう、プライバシーにわたる生活行動部分も報道が許されると述べています。

三条市議会 2015-06-18 平成27年第 3回定例会(第3号 6月18日)

2月26日、私もそれこそ名誉毀損です。長橋さんぼけたんじゃないの、あなたにやっているのに。私に来たのは3月26日です。1カ月後。何かこれもあるんじゃないかな。それと、インテンショナルなように私見えてしようがない。5月にやったのを失念していて年明けにやりました、市役所はそういう仕事しているんですか。本人が失念したって上司がチェック、コントロールしていないんですか。意図的ですよ、きっと。

新発田市議会 2015-03-16 平成27年 一般会計予算審査特別委員会(三セク関係)-03月16日-01号

なんで、今ほどのその因果関係も定かでないという話でしたけど、定かでないのに逆にここで言うのはまたこれ名誉毀損とか問題で出てくるので、それも軽率に言うべきでないと思いますし、やはりある程度因果関係をつかんでから、これ先ほど言いましたけど、株主総会みたいな場ですから、ここでそうだと言い切った後に因果関係は違うかもしれないというのは、それ言っちゃだめだと思いますし、その辺はもうちょっと詳しく調べて因果関係

五泉市議会 2014-12-02 平成26年 12月 定例会(第7回)-12月02日−議案説明、質疑、一般質問−01号

原告の主張は、手続違反でなされた処分は違法であり、参政権を侵害するものである、処分の公表、公開及び理由の公表、公開は名誉毀損に当たるというものであります。これに対し、被告である五泉市の主張は、処分は自律性を有する五泉市市議会においてなされたもので、司法審査の対象とはならない、公表、公開については会議公開の原則から名誉毀損には当たらないというものであります。

新潟市議会 2013-12-12 平成25年12月12日環境建設常任委員会−12月12日-01号

◎鈴木浩信 都市計画課長  今のいわゆる風俗系とかということですが,一応手続の中で見ていただきますと黄色の自主審査というところありまして,この自主審査の要項の中には,当然人権とか人権差別名誉毀損に当たるようなものですとか,青少年の健全育成に反するもの,それから消費者保護の観点からふさわしくないものというようないわゆる商店街組合自主規制の中で運用していきます。

新発田市議会 2013-09-26 平成25年 9月定例会−09月26日-05号

もしもこの辞職勧告の内容に値しない結果となったら、小柳議員に対する名誉毀損とならないか、このことを憂慮するのであります。  以上、3つの理由から今は拙速に小柳肇議員辞職勧告を決議するときではない、冷静に事態の推移を見守っていくべきときであると考え、現時点で提出された決議案には反対の立場で討論といたします。  以上であります。 ○議長(斎藤明) 続きまして、中村議員。           

五泉市議会 2013-09-03 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月03日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号

そしてまた、6名の実名を挙げてですね、いや、地獄に市民を連れていくような議員だとかね、そういういわば抽象的な、名誉毀損的なことを書いてですね、そしてそれを各派の代表が構成する議会運営委員会でですね、問題になって、全員一致という形で、全会一致という形でぜひ安中聡議員ブログでのそういった信用を失墜することはおやめ願いたい。

  • 1
  • 2