807件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

ことしも全国各地で台風や大雨などによる自然災害が発生しました。2000年代に入り、中小河川の氾濫が相次ぎ、最近では大河川でも氾濫被害が拡大しています。地球温暖化と言われる気候変動により、想定されていない場所で被害が続出しているのが特徴だと言われています。数十年に1度と言われる激甚的な自然災害が毎年のように全国各地で発生しています。

小千谷市議会 2023-12-18 12月18日-03号

この乳児用液体ミルク、現在では全国約50の自治体災害時の備蓄が行われており、千葉県山武市では、9月の台風15号で断水停電した際、備蓄していた紙パック入りの液体ミルクを希望者に配り、450本が1週間で全てなくなったとのこと。水がなかなか手に入らない状況で、液体ミルクを使用したお母さん方は大変ありがたいと喜んでいたそうです。

燕市議会 2023-12-11 12月11日-一般質問-02号

そのような状況下において、昨日も同僚議員2人から今回の台風19号に対する質問の中でも避難の問題とかいろいろと触れられておりました。特に燕市の全体の高齢化率は、平成27年度の国勢調査では28.7%であり、令和元年の現在では30.8%という数字になっております。特に中心市街地の高齢化の進行は著しく早く、要援護者の把握や地域防災への対応もままならないのが現実であります。

見附市議会 2023-06-19 06月19日-一般質問-03号

このような学級閉鎖に伴う授業計画への影響についてですが、市内全ての学校ともインフルエンザ様疾患集団発生による学級閉鎖だけでなく、台風等の自然災害による臨時休校等を見越して年間の授業日を設定しており、学習指導要領で定める授業時数を下回ることがないように、年度当初より計画を立てています。各学校授業時数については毎学期教育委員会に報告を求めており、その都度指導助言しております。  

胎内市議会 2021-09-27 09月27日-03号

また、台風5号に伴う大雨も影響したと見られ、期日前投票者数は参院選の過去最多を更新しましたが、投票日当日が低調でした。本市においては、前回3年前より3.65ポイント低下し、59.20%にとどまりました。有権者の半分近くが貴重な一票を無駄にしたことになりますが、この結果をどのように受けとめておられるのか、選挙管理委員長の見解をお伺いします。  

妙高市議会 2020-12-20 12月20日-04号

委員より、途中で必要性を感じて追加になったと思うが、そのきっかけは何かとただしたのに対し、課長より、設置当初から区長等に説明に回った段階で、従来よりも使い勝手が悪い印象が強く、要望があったこと、さらに今回の台風19号の関係で必要性を痛感したため、今回変更したものであるとの答弁がなされました。   

小千谷市議会 2020-12-20 12月20日-04号

10月には、台風19号の影響により、信濃川の水位が堤防の計画高水位を超え、避難勧告を発令する事態であったことは、決して忘れてはならないものであります。被害を受けた農地等の復旧事業に全力で取り組むとともに、市民生命財産を守り、災害時における安全と安心感を少しでも高められるよう努力してまいりたいと考えております。   

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

先月には、天皇陛下ご即位後の大嘗祭という令和へ新時代を迎えるに当たりまことにおめでたい出来事がありましたが、我が国を見れば、台風15号及び第19号の被害の惨状。また、国政では憲政史上最長在任の首相となった現安倍政権で、1週間で2閣僚が辞任した異例の事態。

見附市議会 2020-12-10 12月10日-02号

台風15号、19号は、列島に甚大な被害をもたらしました。幸い見附市は直撃されずに済みました。テレビニュースで避難所避難した避難者の映像が毎日流されました。見附市防災計画でも各学校避難所に指定されています。大きな災害が発生すれば、多くの市民避難所避難します。冷たい水を使う季節の避難所でお湯が使えないのは過酷だと考えます。  

燕市議会 2020-12-10 12月10日-議案説明・質疑・一般質問-01号

質問の1、(1)の①、台風19号における燕市の被害及び対応についてお答えいたします。最初に、台風19号における本市の被害状況でありますが、人的被害及び住家、非住家の被害については報告を受けておりません。公共施設では、小中学校で4校、保育園、児童福祉施設で10施設体育施設で3施設の一部破損、雨漏りが発生しております。

見附市議会 2020-12-06 12月06日-01号

なお、この補正予算台風19号によりほ場に堆積した稲わらの撤去処理事業に伴う補正でございます。  条文についてご説明いたします。条文第1条、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,000万円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ184億9,700万円とするものでございます。  次に、補正内容につきまして、事項別明細書により歳出からご説明いたしますので、8ページをお願いいたします。

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

台風19号の発生に伴う災害を鑑み、国民安全、安心を支えるため、ソフト面、ハード面を一体となって取り組む必要性を改めて考えさせられた台風なのではないのでしょうか。国土交通省水管理・国土保全局河川計画課から平成30年に、激甚化する災害への備えについて文書が出ています。その中で水防災意識社会再構築ビジョンがあります。

胎内市議会 2020-12-03 12月03日-01号

この要因につきましては、今夏の猛暑の影響が大きく、特にコシヒカリについては出穂後に台風10号の影響で40度を超えるような高温気象の影響などがあり、品質低下が顕著であったことから、1等米比率は約14%となっておりますが、市内全体を見ますと品種や地域によって1等米比率にばらつきがありましたことから、そのあたりについても分析を行い、土づくりや水管理など来年度以降の作付に向けた取り組みの検討も深めながら対応

妙高市議会 2020-12-02 12月02日-01号

変更理由の中で、設置世帯数の減や高齢者福祉施設における台数の見直しということで、全体としては1000台ほど減るということですけども、高齢者福祉施設ですね、こちらのほう、今回の19号台風の中でも、非常に大事だなという印象を持っているんですけれども、この見直しの考え方、それから見直し後の対応についてですね、お聞かせください。 ○議長(関根正明) 平出総務課長

小千谷市議会 2020-11-29 11月29日-01号

その内容は、今期の高温による農作物等の被害及び台風第19号の暴風雨による災害に対して、速やかに対処する必要があり、市議会を開く時間的余裕がないため、令和元年11月7日に専決処分をさせていただいたものであります。   次に、条例の制定について申し上げます。

小千谷市議会 2020-09-19 09月19日-02号

◆13番(長谷川有理君) 現在千葉のほうで台風被害で大変な状況で、市町村職員数をスリム化していく中で対応がなかなか困難になってきているのではないかというような、まだちょっと詳細な背景はこれからだというふうに思いますが、そういうことも報道されている中で、やはり市長が言ったように、これから団塊の世代が確かに75歳以上、ピークになるのが2025年ですので、小千谷市の場合はその後そんなに必要ではないのではないかというようなことも