5320件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会本会議−09月24日-04号

中心市街地再開発事業においては、基幹収入である市税の伸び悩みや地方交付税の減少など、厳しい財政状況のもと、過大投資とならないよう厳しくチェックし、産業の振興や商店街の活性化、そして多くの市民に役立つものとなるように引き続き強く要望します。  以上、評価とあわせまして意見を付し、平成30年度一般会計決算の認定に賛成いたします。  

長岡市議会 2019-09-12 令和 元年 9月総務委員会-09月12日-01号

平成30年度にいただいた寄附額、収入の金額は8億4,068万8,171円です。返礼品額につきましては2億4,088万1,000円になっております。 ◆水科三郎 委員  金額を聞いて、納税額が非常に多いなと思ったんですけれども、逆に長岡市民が他の自治体にふるさと納税をした件数あるいは金額がわかればお聞かせ願いたいと思います。

三条市議会 2019-09-09 令和元年第 3回定例会(第4号 9月 9日)

生産年齢人口を初めとする人口のボリューム減は、市税収入を初めとする市の財政に大きく影響を及ぼすことは言うまでもありません。  三条市の人口がこの予想どおり30年後に6万7,000人台になったときの財政状態はどのようになっているのか、またこの状態をどのように受けとめているのか、お答えください。   〔野嵜久雄君質問席に着く〕 ○議長(阿部銀次郎君) 市長。   

三条市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会(第2号 9月 5日)

平成30年度の市税収入額は約133億5,000万円、収納率は96.8%、前年度との比較では0.4ポイントの向上、そして介護保険料は99.0%、0.2ポイントの向上となっており、県からも3年連続で表彰されているとのことでもあります。収納関係の職員の皆さんの日々の努力によるものであり、高く評価しております。毎年度毎年度収納率を向上していくため、どのような取り組みを行ってこられたのかお伺いします。  

長岡市議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会本会議−09月05日-03号

そして、この発電のうち自家消費を除いた1,070万キロワットアワーを売電いたしまして、約1億9,000万円の売電収入を得たところでございます。また、このことにより燃やすごみが3割減少したということになりまして、栃尾地域の焼却施設の廃止が実現いたしました。これだけでも6年間で8億円以上の経費節減が可能となったということであります。

長岡市議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会本会議−09月04日-02号

この点について政府は、無償化に係る地方負担については、地方財政計画歳出に全額計上し、一般財源総額を増額確保した上で、個別団体地方交付税の算定に当たっても、地方負担の全額を基準財政需要額に算入するとともに、地方消費税の増収分の全額を基準財政収入額に算入すると、関係閣僚合意幼児教育高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針で述べています。  そこで、質問です。

三条市議会 2019-09-03 令和元年第 3回定例会(第1号 9月 3日)

6款財産収入、補正額7万1,000円は介護給付費準備基金収入、8款繰越金、補正額2億3万2,000円は、前年度繰越金でございます。  次に、議第9号 平成30年度三条市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について説明いたします。  平成30年度三条市水道事業会計において生じました当年度未処分利益剰余金の処分についてお願い申し上げるものでございます。  

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会本会議−07月03日-06号

本市の後期高齢者医療制度の被保険者の4割が,世帯収入168万円以下です。本制度施行時に導入された保険料軽減特例が,今年度から段階的に廃止され,保険料は3年後には3倍に引き上げられます。また,老後30年間の夫婦の生活資金は,年金以外に2,000万円が必要との試算も出され,老後の不安は増すばかりです。

新潟市議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日農業活性化調査特別委員会−07月01日-01号

成木になるまで15年も20年もかかるル・レクチェやナシなんていうのを今から植えて,何も収入がない間どうやって生きるのですか。現実は厳しいのです。みんなプロでやっているのですが,もうからないからやめていき,耕作放棄地が出るのです。そのことを考えて…… ○水澤仁 委員長  思いの丈十分伝わりましたので,まとめて。

新潟市議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日市民厚生常任委員会-06月28日-01号

そのうち,住民税非課税世帯に該当する年金収入のみの80万円以下世帯と168万円以下世帯の被保険者数は4万6,364人で,被保険者全体の40%を占め,半数近くが生活困窮状態にあります。後期高齢者医療制度施行時に導入された低所得者の保険料軽減特例が2019年度から段階的に廃止となりました。収入80万円以下世帯の9割軽減保険料3,690円は,3年後には1万1,070円と3倍に引き上げられます。

新潟市議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日総務常任委員会−06月27日-01号

コミ協のあり方,利用収入の多いコミニティセンターは,二重に給与を払っている例があり,コミニティ協議会では…… ○平あや子 委員長  小林さん,再度申し上げます。  既に所定の5分を経過していますので,発言を終了してください。 ◎小林鞆音氏 おおむね5分だから,もう3分ですから。だめですか。

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日市民厚生常任委員会-06月26日-01号

障がい福祉サービスとして利用する場合の利用料金は利用者の収入によって変わってきますが,48名のうち45名は非課税世帯で今利用料金が発生していない状況ですので,サービス形態が変わっても引き続き無料で利用できることになります。残った3名については,収入もしくは障がいの程度によって金額が変わってくるのですが,3名のうち1名は今よりも若干安くなると見込んでいます。

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日文教経済常任委員会-06月26日-01号

収入が支出を上回れば,その分の負担も含めて市の負担ゼロということになりますが,平成16年度にスタートして以来,収入が支出を上回る状況になっていませんので,今額は明確には申し上げられませんが,引き続き市で負担する部分は出るものと考えています。 ◆青木学 委員  夏場に増便するということですが,今観光循環用のバスは何台あって,何台車庫に待機しているのですか。

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

地域の豊かさとは,一人ひとりがつながり,支え合う中で,安全で安心して暮らせること,健康な生活を送れること,居住環境が快適であること,趣味や仕事に生きがいを見出せることなど,暮らしの中に豊かさを実感できる町であり,経済的に高い収入があることだけを意味するものではありません。地域の豊かさを創出するためには,新潟市で暮らしたい,訪れたいと思える,魅力的なまちづくりが必要です。

柏崎市議会 2019-06-21 令和元年文教厚生常任委員会( 6月21日)

それと、もう一つ御質問のあった保護者の調査についてなんですけれども、廃止理由の内訳についてふやしたということなんですけども、廃止理由には、就労で収入がふえて廃止になる方とか、死亡廃止の方ですとか、理由はそれぞれいろいろあるんですけども、今までは廃止という一くくりで国の統計で報告をしていたものを、廃止理由を分けることによって、どうして保護から廃止になったとかいうものが、国がより把握しやすくなるということになります

新発田市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日社会文教常任委員会−06月21日-01号

第2段階は、今度世帯員住民税非課税なんですが、レベル的には80万を超え120万以下の収入の方ということで、次の第3段階も世帯全員市町村民税非課税なんですが、今度は収入が120万円を超える方、そうしたレベルであります。  以上であります。 ○委員長(宮崎光夫) よろしいですか。  佐藤委員、お願いします。