2115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日市民厚生常任委員会−06月27日-01号

全国の老人会や医療機関団体の猛反対に遭ったからです。そのせいかどうかはわかりませんが,マスメディアではこの情報は余り目にすることはありません。秋田県のほとんどの市町村からは,2割化反対の請願が出ていることを知りました。頑張っている地方もあると思っています。委員の皆様の賢明なる議論と結果を心から期待します。 ○伊藤健太郎 委員長  高橋さん,ありがとうございました。  

長岡市議会 2019-06-25 令和 元年 6月文教福祉委員会−06月25日-01号

先般も医療機関との打ち合わせをしたところでありますけれども、そういった専門の方たちや、一方では本当に身近に寄り添うような形で母子保健推進員ですとか主任児童委員、あと最近ではやっぱり行政のPRはかたいから、私たちが緩いネットワークで口コミとかで広げていくよということで、お母さんたちを中心とした市民団体なども立ち上がっているところでございます。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日市民厚生常任委員会-06月25日-01号

期末手当について現行制度が三角となっていますが,当院においては医療関係免許資格職については人材確保の観点から県立病院など,他の医療機関の状況を踏まえ,事業管理者が必要と認めるものとして支給を現状でもしています。 ○伊藤健太郎 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

学校では,事案の程度や内容に応じて,各区教育支援センター,各区健康福祉課,教育相談センター,児童相談所,医療機関などと連携しており,個々の事案に応じてチームを組み,いじめ,不登校の原因や背景をより多面的に理解した上で,課題解決に向けた支援策を立て,役割分担しながら対応しています。

三条市議会 2019-06-21 令和元年第 2回定例会(第5号 6月21日)

こうした新しくできる医療機関公共施設について、利用者の利便性を考えてデマンド交通の停留所を施設前などに設置することも考えておられるのかお伺いします。  続きまして、2項目め、諸橋轍次記念館におけるエレベーター設置についてであります。大漢和辞典の編さん者で、三条市名誉市民の諸橋博士の業績をたたえて建てられた記念館であります。

長岡市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議−06月20日-03号

外国人患者はなれない土地で不安を抱えながら医療機関を訪ね、どんな症状があるのかを説明し、診療や検査の結果の説明を聞き、どのような治療や服薬をするのかを理解しなければなりません。医療用語が難しいこともあり、母国語で聞いてもわからないこともありますので、単なる通訳ではなく、医療通訳が必要となります。

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

,「自助団体医療機関と連携を密にすることで,ギャンブル依存症で悩む方を早期に支援や適切な治療につなぐことのできる体制を強化していきます。」,「情報や意見の交換を重ね,連携を確かなものにしていくための方策について,自助団体などの皆様とともに検討していきたい」と答弁されています。  そこで質問しますが,(2)として,職員の専門性の確保について。  

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-02号

働き方改革が言われる中,厚生労働省の有識者会議がまとめた報告書で示された,地域医療を担う特定の医療機関について,医師時間外労働時間の上限を月100時間かつ年960時間としていることに対応するのもおぼつかない現状にあるのではないでしょうか。医師の長時間労働問題の解決に向けた対策についての見解をお聞かせください。  御清聴ありがとうございました。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

精神科救急医療システム事業は,市民がいつでも安心して医療サービスを受けられるよう,県内精神科医療機関の輪番制により救急医療体制を確保するとともに,救急隊等に医療機関情報を提供する精神科救急情報センターや24時間体制で市民からの相談に対応する精神医療相談窓口を県と共同で運営しています。  

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日環境建設常任委員協議会-06月14日-01号

配水支管更新事業では,更新周期を迎えた老朽配水支管を計画的に更新するとともに,重要施設と位置づけている行政機関及び医療機関向けの配水管の耐震化を優先的に進め,災害応力の強化を図ります。また,引き続き鉛給水管が分岐している配水支管を更新し,効率的に鉛給水管の解消を図ります。

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

医療機関における取組) 第7条 医療機関は,ろう者をはじめ,中途失聴者,難聴者その他手話を必要とする人が手話を使用しやすい環境の整備に努めるものとします。 2 市は,医療機関がろう者をはじめ,中途失聴者,難聴者その他手話を必要とする人にとって手話を使用しやすい環境となるよう,手話通訳者を派遣する制度の周知その他必要な措置を講ずるよう努めなければなりません。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日市民厚生常任委員会−03月18日-01号

今年度事務事業点検の対象となり,実費徴収となった住民税非課税世帯高齢者インフルエンザ予防接種の接種状況は,経済的理由で受けない患者が見られるとの医療機関の報告もあり,受けたい人が受けられない状況を生み出しています。市民の命や健康にかかわる事業費の削減は,許されないと考えることから,反対します。  

柏崎市議会 2019-03-15 平成31年文教厚生常任委員会( 3月15日)

大きな事故があったときに、周辺医療機関との連携によって、ドクターヘリがそちらに回るというような話も答弁でございましたが、このことについても、基本的に柏崎市の中で、かなりの医療が完結できるような医療体制の拡充というのが必要だと思います。  それから、小さな話になりますが、寝たきり高齢者等紙おむつ購入費助成事業というのがあります。

新潟市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日市民厚生常任委員会−03月15日-01号

医療機関福祉施設で構成されている全日本民主医療機関連合会が毎年経済的事由による手おくれ死亡事例の調査を実施しています。幸い新潟県では該当事例はありませんでしたが,全国では昨年1年間で77件の経済的な理由による手おくれ死亡があったと報告されています。全日本民主医療機関連合会の医療機関だけの調査ですので,全体の中の氷山の一角でしかありません。