3202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-27 平成31年 2月定例会−03月27日-05号

次に、公益財団法人新発田市勤労者福祉サービスセンターより説明を受け、渡邊喜夫委員の外国人関係の労働者とか技能実習生は、この福利厚生の制度の中に入会できるのかとの質疑に、現在加入されている外国人労働者も会社の中にいる。それは会社の、また雇用主の判断に任せているとの答弁がありました。  

新発田市議会 2019-03-19 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月19日-01号

次の図書館協会参画事業は、日本図書館協会並びに新潟県図書館協会に加入している負担金でございます。  次の図書館分館運営事業は、豊浦、紫雲寺、加治川の3分館、五十公野、松浦、川東、佐々木の4分室を運営するための経費で、図書類購入費が主なものでございます。  

新発田市議会 2019-03-18 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月18日-01号

説明欄上から5つ目の丸、新潟県発電関係市町村協議会参画事業は、発電関係交付金を活用して住民要望に沿う事業を実施するため、新潟県ダム発電関係市町村協議会に加入しているものであります。  110、111ページをお開きください。説明欄1つ目の丸、財政調整基金費、その下の丸、減債基金費、その下の丸、地域振興基金費は、それぞれの利子を基金へ積み立てるものであります。  160、161ページをお開きください。

新発田市議会 2019-03-15 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(三セク関係)-03月15日-01号

そのため、本年度においても未加入事業所への訪問活動を初め、各種広告媒体による広報などを通じて当センター会員及び事業所の輪を広げてまいりたいと考えております。さらに、既に加入している会員、事業所に対しまして魅力あるサービスを提供して、また企業活動を支援する事業などを継続的に行って会員の定着化を図りたいと考えております。  ここで2月末現在の事業所、会員数を報告させていただきたいと思います。

新発田市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-04号

代表質問でも申し上げましたように、国保加入者は発足時と比べて農林水産業、自営業者が減少し、そのかわりに無職者、非正規労働者など被用者がふえており、平成27年度の新潟県内の職業構成におきましても無職者46.7%、非正規29.6%に対し、自営業が15.5%、農林水産業3.8%であり、高齢者の割合も47.2%と皆保険制度創設のころと比較して一変しています。

長岡市議会 2019-03-12 平成31年 3月文教福祉委員会−03月12日-01号

次に、加入者1人当たりに求める均等割額につきましては、30年度は4万9,891円ですが、31年度は5万414円となりまして、523円、1.05%の増。  また、世帯に求める平等割額でございますが、これは医療分と後期分の合計になります。30年度は2万4,111円ですが、31年度は2万4,153円となり、42円、0.17%の増になると見込んでおります。

新発田市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会-03月12日-03号

具体的には、新発田商工会議所では昨年12月、会員事業所に対し、消費税率引き上げ対策の一環としてキャッシュレス決済の仕組みや導入方法を学ぶセミナーを開催したほか、各商工会においてもセミナーの開催を予定しており、新発田信用金庫では会員企業のQRコード決済の普及に向け、事業者向けのセミナー開催や事業者への加入の働きかけを開始しているなど、今後キャッシュレス化が進展していくものと考えております。

新発田市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-02号

今年度から仙台市では、所得制限なしで国保加入全ての子供の均等割を一律3割減額としています。これらの独自軽減は、国保法第77条の規定を活用したものであり、全ての自治体での取り組みが可能です。また、私どもの「赤旗」の、本紙が3月5日までの調査で、少なくとも独自に減免する自治体が全国で25自治体あることがわかりました。

新発田市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日経済建設常任委員会-03月07日-01号

1つ目の丸印、特定環境保全公共下水道事業受益者加入分担金は、受益者分担金の賦課対象区域内の土地に新たに住宅等を建築して下水道に接続した新規加入者からの分担金であります。  2つ目の丸印、公共下水道事業受益者負担金、その下の丸印、特定環境保全公共下水道事業受益者負担金は、決算見込みによりそれぞれ増額したいというものであります。  

新発田市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日社会文教常任委員会−03月06日-01号

◎保険年金課長(肥田野直子) 出産育児一時金ということで私申し上げましたけれども、国民健康保険の加入者で出産をしていただいた方には42万円の助成が出るわけで、当初平成30年度は70人程度見込んでいましたけれども、現在の最新では37人、37件という状況でございまして、見込みよりも少なかったということで予算額を減額するという、その全体の中で一般会計の繰入金が減るということでご説明を申し上げましたが、よろしいでしょうか

長岡市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会本会議−03月06日-04号

しかし、今日の状況では、加入する保険の種類により大きな格差があることが歴然としております。  この中で、全国知事会は2014年に、与党との交渉の中で、高過ぎる国保料を中小企業の労働者が加入する協会けんぽの保険料並みに引き下げるためには、国費1兆円の公費投入が必要だと訴えました。

新発田市議会 2019-03-04 平成31年 3月 4日総務常任委員会−03月04日-01号

三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合から非常勤職員に対する公務災害の補償等に関する事務につきまして、単独処理事務と比較いたしまして、処理実績があり、委員構成及び事務局体制が充実しており、処理事務の専門性が高まり、公平性が確保されることから、共同処理事務に加入したいとの申し出がございましたことから、当該総合事務組合規約の中にございます別表第2の6の項に規定いたします共同処理に関する事務の構成団体

長岡市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会本会議−03月01日-01号

議案第54号新潟県市町村総合事務組合規約の変更については、三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合から、非常勤職員に対する公務災害補償等に関する事務について、共同処理事務に加入したいとの申し出があったことに伴う変更であります。  以上で説明を終わります。よろしく御審議をお願い申し上げます。 ○議長(丸山勝総君) 以上をもって、議案の説明は終了いたしました。          

新発田市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会−02月27日-01号

三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合が非常勤職員に対する公務災害の補償等に関する共同処理事務に加入することに伴い、規約を変更したいというものであります。  議第103号議案は、字の変更についてであります。県営ほ場整備事業(紫雲寺地区)の施行に伴い、区域内の字の変更を行いたいというものであります。  議第104号議案は、字の変更についてであります。

新発田市議会 2018-12-26 平成30年12月定例会−12月26日-04号

しかしながら、国保の加入者は高齢者や低所得者が多く、所得に占める保険料(税)負担割合が協会けんぽ等に比べて高いため、加入者の負担が限界になっているという「構造的な問題」を抱えています。平成30年4月から、国民健康保険の財政運営が都道府県に移管されましたが、国保の構造的な問題は変わりません。  

胎内市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号

全国知事会、全国市長会、全国町村会などの地方団体では、加入者の所得が低い国保が他の医療保険より保険料(税)が高く、負担が限界になっていることを国保の構造問題だとし、国保を持続可能とするためには被用者保険との格差を縮小するような抜本的な財政基盤の強化が必要と主張しています。   国保加入者の平均保険料(税)は、政府の試算でも協会けんぽの1.3倍、組合健保の1.7倍という水準です。

新発田市議会 2018-12-19 平成30年12月19日経済建設常任委員会−12月19日-01号

説明欄1つ目の丸印、農業集落排水施設加入分担金は、農業集落排水区域内における新規加入者4名分の分担金でございます。  2つ目の丸印、農業集落排水施設使用料は、昨年度納入いただけなかった使用料の滞納繰越分で、今年度に納入いただきました。この使用料収入分と農業集落排水施設加入分担金は、先ほど歳出でご説明いたしました消費税納付分の財源に割り当てたいというものであります。  説明は以上であります。

長岡市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会本会議−12月14日-03号

京都市では、町内会や自治会への加入促進支援など地域コミュニティ活動に多くの支援を行っているとのことで、先月初めに京都市を視察させていただきました。そもそも本市との歴史的背景の違いや京都市では自治会の加入率が60%程度であるという社会環境の違いがありますが、この事業は阪神・淡路大震災を経験し、地域コミュニティのつながりの重要性に改めて気づき、スタートしたとのことです。