5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

柏崎市議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会議(第18回会議 6月12日)

名前は、刈羽テフラ、藤橋40、G10、違うんですけれども、採取地も違いますけれども、成分は一致するということは一致しているわけです。同じ火山灰なのに、なぜ年代評価が違うのか。東電研究者では平行線であります。  藤橋40は中位段丘、つまり、13万年前以降の地層。東京電力が言っているのは20万年前と言ってますから、これは高位断層だというふうに専門的には言われているわけであります。  

柏崎市議会 2017-06-09 平成29年 6月定例会議(第17回会議 6月 9日)

最後の刈羽テフラの問題について言います。  規制委員会は、柏崎刈羽原発敷地内を走る23本の断層活動年限を20万年から30万年前とする東電の解析、解釈をおおむね妥当として、活断層ではないと判断したわけであります。  しかし、ことし5月22日付で、柏崎刈羽原発活断層問題研究会が、改めて、この規制委員会に対して、厳正で科学的な審査を要請しました。

  • 1