2594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-19 令和 元年12月19日広域観光交流促進調査特別委員会−12月19日-01号

そういったストーリープロジェクトで磨いたコンテンツを,実はこういうものがうちにあるということを今既にある連携の市町村とも共有していきたいと思いますし,庭園街道というようなものもあります。そういった新たな視点でのテーマでつながることも想定に入れながら,いろいろな取り組みをしていきたいと思います。 ◆吉田孝志 委員  もう一点,市内に目を移して,歴史まちづくり法という考え方を知っていますか。

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日市民厚生常任委員会−12月18日-01号

◆飯塚孝子 委員  陳情第39号市民病院の案内表示看板が樹木で全く見えないので改善を求めることについて,第1項申し出があった場合は,病院として情報共有して,毎年同じことの繰り返しをしないこと,及び第2項病院職員一人ひとりが病院の理念と基本方針を理解し,対応することについては不採択を主張します。  指摘事項については改善を図っていることからです。

新潟市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日市民厚生常任委員会−12月17日-01号

◆小泉仲之 委員  この陳情の趣旨では,情報共有してということが挙げられています。市民病院としていろいろな業務があって,それぞれ大変なのかもしれませんが,基本的に情報共有をして,年度を引き継ぐことは病院の一般事務だけでなく,病院全体として必要なことだと思うのですが,この取り組みについてだけお聞かせください。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日市民厚生常任委員会-12月16日-01号

◎野本俊太郎 福祉総務課長  委員おっしゃるとおりで,国が定めたので,それに従うということではなく,現場の当事者の方々がいますので,そういった方々と意見交換をしつつ,こういった制度をしっかり周知し,またお互いの情報共有しながら真摯に取り組んでいきます。 ◆小泉仲之 委員  ぜひ頑張ってほしいと思います。

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日市民厚生常任委員会-12月13日-01号

災害や非常時の対応については,同じような人権侵害が起こってはならないと思うので,そのような事例も含めてぜひ共有する仕掛けがあったらいいのではと思ったのですが,いかがですか。 ◎渡辺正義 広聴相談課長  職員意識啓発ということでは,当課はさまざまな人権に関する研修をしているところです。

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

これらのデータは,空き家関係部署の職員情報共有を図り,対応状況が把握できるよう,管理不全な空き家の所有者への働きかけや,その結果として除却,修繕された経過なども反映しています。                〔土田真清議員 発言の許可を求む〕 ○議長(佐藤豊美) 土田真清議員。                   

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

令和元年6月定例会の一般質問の際にも前段で触れましたが,津波一時避難場所には,避難者全員が共有できる情報源が必要で,避難勧告や指示ではない,自主的な一時避難の場合の帰宅のタイミングをセルフジャッジできる情報が必要であると強く感じました。帰宅するかどうかはあくまでも自己責任ということになりますが,そのための情報は,ある程度正確なものが必要とされます。

新発田市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会-12月11日-02号

また、行政では観光振興課を初め、農林水産課や商工振興課といった関係セクションが連携し、広範な課題や問題点を共有して解決に当たることで取り組みが進展したものと考えております。これらDMO活動はまだ成長過程であり、前進はしておりますが、前例のない取り組みに試行錯誤する中で進展する範囲や速度が遅く感じられていることは承知をしております。

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

このような宣言をすることは,気候変動についての情報共有していく上で,一つの方法であると考えています。本市では,市場から資金を調達する際に投資家に向けて提供するIR情報において,本市のまちづくり戦略財務状況などを総合的に説明していますが,その内容については今後も検討していきます。

三条市議会 2019-12-09 令和元年第 4回定例会(第5号12月 9日)

三条市におきましても、鳥獣保護の観点から、熊を駆除するだけではなく、これからも県としっかりと情報共有し、連携して人と熊との共存に向けて取り組んでまいりたいと考えているところでございます。  麻酔銃につきましては、先ほどの答弁のとおりでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 6番。 ○6番(酒井 健君) この質問の最後にいたしますが、今年度のツキノワグマの駆除頭数は17頭ということでありました。

新潟市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会本会議−12月09日-02号

このため,今後おおむね10年間で目指す交通の将来像である,県都新潟の拠点化と,安心して暮らせるまちの実現に向けた取り組みを市民の皆様と共有し,協働でまちづくりを進めるため,新たな交通政策基本的な方針を定めた,にいがた都市交通戦略プランを本年7月に策定しました。                〔水澤 仁議員 発言の許可を求む〕 ○議長(佐藤豊美) 水澤仁議員。                   

三条市議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第3号12月 5日)

そういった目的、目標がしっかりとあって、その上で三条市の目指す理科教育の方向性、これをしっかりと共有して、もう一点は準備段階から供用開始後まで運営の核となって携わる専門職、この人選、これこそが、ハードももちろん大事なんですけれども、まさにこの人選、人が科学教育センターが成功するかしないか、子供たちにとって本当に有益なものになるのかどうかということなんだと思います。  

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-01号

令和2年度から導入される内部統制制度について,市長を初めとした幹部が,意義,目的を正しく理解し,職員間で十分に共有されるよう努め,組織横断的に取り組みを進めていくようリーダーシップを発揮していくことが必要であり,そのことを念頭に置いて,業務を適正に執行し,市民の信頼を確保できる内部統制体制の整備を求める。 との報告を受けました。