運営者 Bitlet 姉妹サービス
483件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月12日−一般質問−03号 今定例会に通告いたしました大別2項目、未来を担う子どもたちの命を守り、健全育成を願いながら、児童虐待防止対策の強化についてと市民の命を守る市立病院の存続に向けた取り組みについて一般質問をいたします。   最初の大項目は、児童虐待防止対策の強化についてであります。 もっと読む
2018-09-04 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問、議案説明、質疑−02号 さらに大人になり切っていない親などの児童虐待も増加傾向にあります。子供は、親の愛情と家庭の信頼関係の中で物の見方や考え方、さまざまな価値観を身につけていくものですから、今日の状況は極めて深刻な事態と言えると思います。ゆえにこの状況を鑑みる上で道徳教育の必要性や方法を検討するにはこのような現実を踏まえて対応をしなければなりません。    もっと読む
2018-07-12 三条市議会 平成30年総務文教常任委員協議会( 7月12日) 本日は、その調査結果を初め学校における防犯、防災に対する取り組み、児童虐待に対する取り組みについて御報告させていただきたいと考え、協議会の開催をお願いしたところでございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。内容につきましては各課長が説明いたしますので、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-07-03 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第6号 7月 3日) 著しい世代間の不公平は、財政的児童虐待と言われます。まさに三条市の財政状況は、児童虐待の状況に限りなく近づいております。財政面での世代間公平の確保は、三条市の責務です。赤字財政の解消のめども立てずに、いたずらに将来世代にツケを回している状態が三条の財政です。受益と負担の関係を曖昧にしたまま場当たり的に財政を運営してきたのです。事案の事業は、将来に禍根を残すと断言するものです。   もっと読む
2018-06-27 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−一般質問−03号 〔17番 丸山孝博君質問席〕 ◆17番(丸山孝博君) ニュースを見ていると、連日のように殺人だとか児童虐待とか殺伐とした出来事が多くて、胎内市では何もないことを願わずはいられませんけれども、それでは子育て支援・介護保険・教育環境の整備等について6点質問したいと思います。   最初の3点は、子供の貧困に関する支援についてであります。 もっと読む
2018-06-14 五泉市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月14日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 児童虐待の問題もあります。五泉市のこの地域の安心、安全は、ここにいる私たちが本気になってしっかりと守っていく責任があると思います。五泉市としてしっかりと計画をつくっていただきたいと思います。   それでは、桜アロマ事業についてです。オープンして2カ月ということで、余りまだ実績が少ないということだと思います。 もっと読む
2018-06-13 上越市議会 平成30年  第3回(6月)定例会-06月13日−一般質問−04号 児童虐待や学校のいじめなど、子育てすることにやはりマイナスイメージの内容になっているわけですから、これでは結婚、出産を考えている皆さん、ある意味不安に陥ってしまうんじゃないかなと。結婚、出産を経て子育てすることのすばらしさを、反面。だから、結婚、出産をすることのすばらしさをやはり伝えることも必要なんじゃないかなと、一方で。 もっと読む
2018-03-20 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月20日−一般質問−05号 一昨年の9月議会で私は上越市における児童虐待の現状と課題について質問いたしました。そのときの課題から、今後子供たちをどうやってサポートするのか、またそのような事情に至った親御さんたちの今後をどうやってサポートしていくかという2点の課題を整理させていただきましたが、その点に沿って本日は質問させていただきたいと思っております。    もっと読む
2017-12-12 新発田市議会 平成29年12月定例会-12月12日-02号 最初に、児童虐待防止に向けた取り組みについてであります。「すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱からまもられる。 もっと読む
2017-12-07 上越市議会 平成29年  総務常任委員会-12月07日−11号 ①の情勢につきましては、我が国では刑法犯の認知件数が減少傾向にある一方で、依然として凶悪事件は後を絶たず、近年では特殊詐欺や児童虐待事件が増加しており、市内では高齢者や児童生徒を対象とする犯罪が発生し、世帯構成の変化や高齢化の進行を踏まえた市民、関係機関、市の連携による地域ぐるみの防犯活動が引き続き求められているとまとめました。 もっと読む
2017-09-20 見附市議会 平成29年 決算特別委員会-09月20日−03号 この協議会については、主に児童虐待が疑われる子どもたちのための代表者会議としては保健医療機関、地域振興局、警察、それから医師会、歯科医師会、あと教育機関としては各学校、あとは児相、養護施設等の児童福祉機関等がメンバーになって、保育機関ないしは学校のほうからその疑いのある子どもに関しての情報収集をして、個別のケース会議に結びつけて、防止を行うための協議会でございます。 もっと読む
2017-09-13 新発田市議会 平成29年 9月定例会-09月13日-02号 次に、当市における児童虐待の防止施策の現状と課題についてであります。 もっと読む
2017-09-13 上越市議会 平成29年  厚生常任委員会-09月13日−08号 144ページになると思うんですけども、子どもの虐待予防推進事業に関連いたしまして、児童虐待などが起こった場合、県とタッグを組んで、児相と綿密な関係とりながら進めていっていることと思います。 もっと読む
2017-09-11 新発田市議会 平成29年 一般会計決算審査特別委員会(社会文教関係)−09月11日-01号 次の要保護児童対策地域協議会推進事業は、児童虐待など要支援児童を早期発見、支援を行っているもので、この運営に要した経費でございます。飛んで、最下段の第3子以降保育料助成事業は、保護者の経済的負担軽減のため平成28年度から3歳以上児に加え3歳未満児の保育料も無料化とし、制度の拡充を図ったもので、私立幼稚園及び認定こども園に通園する第3子以降児童の保育料を助成した経費でございます。 もっと読む
2017-06-15 上越市議会 平成29年  第2回(6月)定例会-06月15日−委員長報告・討論・採決−06号 いじめ、不登校、児童虐待、子供の貧困など、今後も予断を許さない状況が続いてくるものと考えております。私は、常に危機意識、危機感を持ちながら、教育委員会は子供や学校の応援団としていなければならないというふうに肝に銘じてまいりました。教育総合プランを指針としながら、少し先を見ながら教育委員会の合議を得て、市長の御理解もいただき、果断に取り組んできたつもりでございます。 もっと読む
2017-06-14 新発田市議会 平成29年 6月定例会-06月14日-02号 また同時に、子供の育ち自体に関してもそのあり方が問われており、母親を中心とした育児ストレスなど子育てに関する困難さが顕著化し始め、同時に児童虐待の増加やその峻烈さが社会的にも大きく関心を集めております。  このような社会状況において、子育ての担い手を母のみに限定するのではなく、子育てを広く社会全体で支え、担っていくという方向性が見られるようになりました。 もっと読む
2017-06-14 新発田市議会 平成29年 6月定例会-06月14日-02号 また同時に、子供の育ち自体に関してもそのあり方が問われており、母親を中心とした育児ストレスなど子育てに関する困難さが顕著化し始め、同時に児童虐待の増加やその峻烈さが社会的にも大きく関心を集めております。  このような社会状況において、子育ての担い手を母のみに限定するのではなく、子育てを広く社会全体で支え、担っていくという方向性が見られるようになりました。 もっと読む
2017-06-09 上越市議会 平成29年  第2回(6月)定例会-06月09日−一般質問−03号 人権に関する法制度の整備は、個人情報保護法、障害者基本法、児童虐待防止法、男女雇用機会均等法、DV防止法、ハンセン病問題基本法、いじめ防止対策法、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ対策法の制定など着実に進んできたというふうに思います。 もっと読む
2017-03-15 見附市議会 平成29年 予算特別委員会-03月15日−02号 他の市町村でもそうなのですが、今児童虐待というのがどこの市町村でも対応、相談そのものの件数が警察通告とかふえてきているという状況の中で、その体制を強化しなければならないということになっておりますので、平成27年度からはその業務の内容としては、主に児童虐待のほうに主体を置いて、そういう相談とか、それからそういう今現況の把握とか、児童相談所との連携、学校とか保育園で状況を確認するとかと、そういうふうな形 もっと読む
2017-03-09 見附市議会 平成29年 第1回(3月)定例会-03月09日−一般質問−03号 ◆渡辺美絵議員 ネウボラは、たしか児童虐待を防ぐために国がそういった支援をなるべくするようにということから補助金をいろいろ出したりしていると思うのですが、今のところ、だから仕事と子育てを両立しているお母さん方は平日ネウボラには行けないので、やはりどれかの施策、いろいろある中で、やっぱりその不安感はどこをとっても漏れているのではないかなというのがあります。 もっと読む