991件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会本会議−03月10日-05号

この4月からは、住民税非課税世帯の子どもたちの進学を支援するため、授業料、入学金の免除、減額と返還を要しない給付型奨学金の大幅拡充により、大学短期大学高等専門学校専門学校を無償化する。しかしながら、無償化の効果は数年先にしか現れず、これまでに奨学金を借りた大多数の若者が自分で奨学金を返還しているという状況が続きます。

新潟市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 9日文教経済常任委員会-03月09日-01号

青木学 委員  次に、奨学金の関係で返還特別免除制度の対象になった方の推移を教えていただけますか。              (「休憩をお願いします」との声あり) ○志賀泰雄 委員長  委員会を休憩します。(午後0:23)                    (休  憩) ○志賀泰雄 委員長  委員会を再開します。

三条市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会(第4号 3月 6日)

8,400万円、第四銀行が金利免除してくれるんだから、何かいい形の第四銀行とのお約束でもあるんですか。長くなったら借金の返済額がトータルで増えるか増えないか、聞かせてください。 ○議長(阿部銀次郎君) 財務課長。   〔登壇〕 ○財務課長(三巻正志君) 当然増えると考えているところでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 1番。 ○1番(長橋一弘君) そのとおりです。

新発田市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日経済建設常任委員会−12月18日-01号

免税軽油制度は、道路を走らない機械に使う軽油について、軽油取引税を免除する制度であります。スキー産業では、索道事業者が使うゲレンデ整備車、降雪機等の使う軽油が免税となっており、この制度がなくなればスキー、スノーボード等の冬季観光産業が大きな負担増を強いられ、スキー場の経営維持が困難となるとともに、市町村経済にも影響を与えることとなると。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日市民厚生常任委員会-12月16日-01号

渡辺議員が一般質問で,子供の均等割の部分を引き下げるのではなくて免除するという考え方が適用できるのではないかと質問しています。資料には均等割の医療分が1万7,700円,支援分が7,200円と示されていて,子供の均等割に該当する額だと思いますが,実際2億5,000万円ほどと答弁されました。そうだとすれば,現時点では新たな負担を強いることなく対応できると思うのですが,いかがでしょうか。

新発田市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会-12月12日-03号

質問の2点目、融資の迅速化、相談窓口の拡充、開設、利子補給保証料の免除等、市として年末に限らず、年明けから年度末にかけて特別対策をとるよう求めますが、お答えいただきたいというものであります。  2つ目の質問文化財の防火対策についてお伺いいたします。さきに行われました議会報告会におきまして、参加された市民の皆さんからも多くの要望が出されたのが防災災害減災対策についてであります。

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

国においては,給付型奨学金授業免除などが進められていますが,これらの取り組みがさらに拡充され,子供たちの将来が,その生まれ育った環境によって左右されることのないようにしていくことが必要であると考えています。                〔高橋聡議員 発言の許可を求む〕 ○議長(佐藤豊美) 高橋聡議員。                   

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-01号

高齢者インフルエンザ予防接種について,非課税者の料金免除の復活を求める。  がん検診について,検診料金の見直しと,60歳代の無料化を求める。  歯科保健について,成人歯科検診を推進し,歯や口の健康を守り,心身の健康向上を図られたい。西蒲区の事例を参考に,パンフレットなどの全市配付を検討されたい。  動物愛護センターについて,猫の譲渡率向上と犬猫の殺処分数減少を評価する。

新発田市議会 2019-12-02 令和 元年12月定例会−12月02日-01号

│           │       │  │ │  │    │ 免税軽油制度は、道路を走らない│           │       │  │ │  │    │機械に使う軽油について軽油引取税│           │       │  │ │  │    │を免除する制度である。     

新潟市議会 2019-10-21 令和 元年決算特別委員会−10月21日-04号

高齢者インフルエンザ予防接種について,非課税者の料金免除の復活を求める。  がん検診について,検診料金の見直しと60歳代の無料化を求める。  歯科保健について,成人歯科検診を推進し,歯や口の健康を守り,心身の健康向上を図られたい。西蒲区の事例を参考に,パンフレットなどの全市配布を検討されたい。  動物愛護センターについて,猫の譲渡率向上と犬猫の殺処分数減少を評価する。

新潟市議会 2019-10-17 令和 元年決算特別委員会第3分科会−10月17日-06号

平成29年度に検証した課税者と非課税者の接種率は,料金免除者は63.2%,有料者は50.7%と接種率に大差がありました。肺炎の重症化防止のためにも,非課税者の料金免除の復活を求めます。  健康増進課です。がん検診の目標受診率40%を掲げての取り組みですが,受診率は悪化しています。平成27年度に,料金の平準化の見直しによって40歳と20歳の初年度無料化,60歳代の有料化が実施されました。

新潟市議会 2019-10-15 令和 元年決算特別委員会第3分科会-10月15日-04号

次に,第7目介護保険災害臨時特例補助金は,東日本大震災発生時に特定被災区域内の市町村住所を有し,被災された第1号被保険者の利用者負担の免除保険料減免に対する補助金を受け入れたものです。  次に,第4款1項県負担金は,保険給付費に係る県の定率負担分です。  次に,28ページ,第2項1目及び2目の地域支援事業交付金は,地域支援事業費に対する県の定率補助分です。  

新潟市議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月11日-03号

市立幼稚園児については,本市独自支援として授業料を全額免除し,給食費の支援を行いました。支援対象者は,小学校入学予定者が8人,小学校143人,中学校54人,市立幼稚園2人,合計207人です。  次に,特別支援教育就学奨励費は,特別支援学級特別支援学校に就学する児童生徒の保護者延べ3,485人に学用品費や付き添い費などを援助し,保護者経済的負担の軽減を図ってきました。  

新潟市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日広域観光交流促進調査特別委員会−10月03日-01号

1つ目がビザ要件の免除,緩和で,18ページをごらんいただくとわかりやすいのですが,日本政府として,初めに,2013年からタイ,マレーシアといった順番で,例えばIC旅券のビザを免除したり,数次ビザを導入したり,ビザの申請手続の簡素化に取り組んできていることがあります。こういった取り組みにより,右の絵にありますとおり,例えばフィリピンでいきますと,ビザ緩和後で54%旅行者がふえた実績もあります。