運営者 Bitlet 姉妹サービス
1314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) 民間企業で言う倒産は、地方自治体にはないということです。民間企業は、倒産するか、廃業するか、合併するか、勝ち残るかの4つの選択肢ですが、自治体は合併するか、単独で残るかのいずれかということです。持続可能な三条市、持続確実な三条市とどこかの誰かさんがおっしゃっていますが、そう言わなければならないほど三条市の財政は苦しくなっているのだと私は解釈しております。 もっと読む
2018-10-24 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月24日−一般質問−03号 このことに関しまして近いうちに食料農業大学、JA、そして胎内市が連携協定を結ぶというような段取りになっておりまして、それらの中で議論すべきは議論し、私は個人的にはやはり今まで倒産した卸の業者さんとかもいらっしゃるというふうにお聞きしているのですが、胎内市としても球根の販路を見出し、あるいは拡充することに対して先ほども申し上げました何らかの尽力ができるのであれば、積極的に努めてまいりたいと考えているところでございます もっと読む
2018-09-13 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日) そもそもこの企業の休廃業、解散の定義といたしましては、倒産と異なり、負債額以上の資産を持っていながらも事業を停止するということ、資産に余力がありながら企業活動を停止している状態、実質的に廃業の状態であるが、廃業の届け出を済ませた事業者だけではなく、事業活動が停止状態にある事業者全般を含むとされております。   もっと読む
2018-06-26 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 6月26日) 倒産したみたいじゃないですか。 ○(永井環境課長) 大島にございました株式会社WPPCにつきましては、平成29年4月25日に経営が破綻しております。 ○(西川重則委員) 三条市からどのくらいの補助金が出ていたんですか。 ○(渡辺市民部長) 3,000万円でございます。 ○(西川重則委員) そのほかに三条市からの支出はなかったんですか。 ○(渡辺市民部長) そのほかの支出はございません。 もっと読む
2018-06-12 見附市議会 平成30年 第2回(6月)定例会-06月12日−一般質問−02号 そのおかげで、商社でいろいろと倒産が多い中でも、この考え方で企業をやっておりましたので、今でも残っているのだろうと思います。そういう面で、その恩師である大橋先生というのはどこにいるかは知らなかったのです。私、ベトナムにいるときに本が出て、そこを見たときに、たしか新潟のほうの大地主の息子さんだというふうに書かれていたのです。 もっと読む
2018-04-16 阿賀町議会 平成30年  4月 定例会(第1回)-04月16日−01号 特例対象被保険者に係る申告でございますが、倒産、解雇などによって離職された方に対して、離職日の翌日の翌年度末までの期間、給与所得を100分の30とみなして所得割を軽減する制度であります。 もっと読む
2018-03-23 三条市議会 平成30年第 1回定例会(第7号 3月23日) 一般民間企業では、労務倒産の道まっしぐらです。そして、三役給与4年連続引き上げを私は市民に説明するだけのロジックを持ち合わせていません。現在の三条市民の家計状況を考えるに、一部為政者のベースアップに市民の賛同は得られないと確信します。以上の理由から議第17号に反対します。  良識のある議員各位の御賛同をお願いし、反対討論といたします。以上。 ○議長(武石栄二君) 以上で討論を終了いたしました。 もっと読む
2018-03-22 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月22日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号 2018年度介護報酬改定は0.54%のプラス改定となりましたが、前回実質4.48%という大幅引き下げが実施され、老人福祉介護事業の倒産は2017年も111件と過去最高を記録し、今回の改定は事業所の窮状を打開するにはほど遠いと言わざるを得ません。介護保険料は3年ごとに上がり続け、市民にとって大きな痛みとなっています。 もっと読む
2018-03-19 見附市議会 平成30年 予算特別委員会-03月19日−04号 平成18年度介護報酬改定は0.54%のプラス改定となりましたが、前回実質4.48%という大幅引き上げが実施され、老人福祉介護事業の倒産は平成17年も111件と過去最高を記録し、今回の改定は事業所の窮状を打開するにはほど遠いと言わざるを得ません。介護保険料は、3年ごとに上がり続け、市民にとって大きな痛みとなっています。 もっと読む
2018-03-19 胎内市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号 また、年収200万円以下のワーキングプアは1,100万人を超え、倒産や失業、家族の介護、病気などによって職を失えば多くの人が貧困に陥る深刻な状態にあります。来年度予算にはこうした市民生活が厳しい状況にあるにもかかわらず、1人当たりの議員報酬を改選後月額2万5,000円も引き上げる内容が盛り込まれています。 もっと読む
2018-03-16 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月16日−一般質問−03号 大企業は、そんなに倒産しません。大きな銀行がバックについている。さあと言えば政府の資金も援助いただける。また、優秀な人材もたくさん来られる。その中にあって、この3月1日に市長は3期目に向けて決意を述べられましたり、いろんなことを提案されました。その中にすばらしい条例が今回提案されました。 もっと読む
2018-03-14 三条市議会 平成30年経済建設常任委員会( 3月14日) 建物が市役所のもので、運営者が違うからのんびりしたことを言っていますけど、本当に民間委託だったらひょっとすると債務超過になって倒産する寸前かと思うんですけど、そういう認識は持っているんですか。考えたことがないですか。 もっと読む
2018-03-13 新発田市議会 平成30年 2月定例会−03月13日-04号 宮村委員から、当初の面積は全部完売だったが、その後の企業倒産関連でまだあきになっているという部分はあるのかについて、担当課長から、市では全て売却しており、倒産関連会社分についても競売により別会社が入っているということで、全くの未利用地はないとの答弁であった。  ほかに質疑なく、自由討議なく、討論なく採決し、挙手全員で議第113号は原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-03-13 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 3月13日) 介護報酬引き下げや介護予防・日常生活支援総合事業の単価の引き下げによる介護事業所への影響について、三条市では廃業、事業撤退などはないとのことでしたが、全国では昨年111件の倒産があったといいます。また、第7期は介護給付費準備基金を約3億7,000万円取り崩して保険料の上昇抑制に充てるという説明でしたが、保険料は3年ごとに上がり続け、市民にとって痛切な痛みとなっています。 もっと読む
2018-03-08 胎内市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−一般質問−02号 これは、平成15年12月、旧中条町議会終了後の全員協議会に当時の熊倉町長が突然持ち出したものであり、倒産した会社が所有している土とり後の土地約14町歩が競売に付されそうだ。どうも稲川会あたりが買い取りしそうだ。月岡で問題になっているナカショクみたいなことも考えられるので、この場所を一括で買い上げ、県が県内に計画している産業廃棄物処理施設をつくりたいと説明があったのが始まりであります。 もっと読む
2018-03-07 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月07日−一般質問−03号 帝国データバンクによると、昨年の県内の休業、廃業の件数は744件で、倒産の約10倍に達して全国平均の2.9倍を大きく上回り、経営者がみずから事業停止を行うケースが際立って多い状況です。事業の停止件数が多く、企業の減少は地域衰退に直結します。働き口の減少と人口減少の負のスパイラルを断ち切るためにも中小企業の生産性の向上は急務であります。 もっと読む
2018-03-07 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月07日−一般質問−03号 3、過去の市政運営において、地場産業の衰退、繊維産業の倒産の続出などから、職員給与ベースアップの延伸など人件費削減等を初めとして行政改革を厳しく進めてきました。 もっと読む
2018-03-07 新発田市議会 平成30年 3月 7日経済建設常任委員会−03月07日-01号 ◆委員(宮村幸男) まず、閉鎖をするというような、それで、完売したということなんですけれども、当初の面積は全部あれなんだけども、まだその後に企業の倒産とか何かで入れかえがあったりなんかして、まだあきになっているというのがあるんですか。あったらどれくらいかちょっと教えてください。 ○副委員長(中野廣衛) 原課長。 もっと読む
2018-02-20 阿賀町議会 平成30年  2月 定例会(第2回)-02月20日−01号 あとまた、今負債として全体的に5億円あるというふうな形で報告受けていますけれども、聞いたところによると、倒産をしてしまうと、原状復帰をして石間地区の皆様に返さなければいけない。それをするとなると、全体的に10億ぐらいかかるというような話を少しお聞きしたことがあるんですが、事実的には、実際にはどの程度なのでしょうか。 ○議長(猪俣誠一君) 試算はしておりますか、よろしいですか。  関農林商工課長。 もっと読む
2017-12-20 小千谷市議会 平成29年  第4回 定例会-12月20日−市政に対する一般質問−03号 休廃業、解散件数、倒産件数の推移を見ますと、倒産件数は2009年から下がっているにもかかわらず、休廃業、解散件数はほぼ右上がりの上昇が見られます。廃業意向のある企業の割合は、個人事業者の26%が廃業希望。後継者の選定を始めてから了承を得るまでにかかった時間は、3年超えの割合は37.1%、5年超えは14.4%であり、長期化が見えます。 もっと読む