運営者 Bitlet 姉妹サービス
4019件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) アメリカのカリフォルニア州バークレー、カリフォルニア大学バークレー校があるところですが、バークレーでも住宅の供給不足を補う住宅供給プロジェクトを推進するためにICOでの資金調達を検討していると報じられておりますし、韓国のソウルでも独自の仮想通貨を発行していく方向で研究を進めていると報じられております。   もっと読む
2018-12-05 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第2号12月 5日) 国土保全、水源涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成、文化の継承、農村で農業生産活動が行われることにより生ずる食料、その他の農産物の供給の機能以外の多面にわたる機能の保持を含めた支援をするべきと考えているのか。これは、結局は耕作放棄地を出さないための支援ともなるわけですが、この中山間地域の農業支援についての考えをお聞かせください。   もっと読む
2018-11-27 三条市議会 平成30年経済建設常任委員協議会(11月27日) 供給施設に関しましては記載のとおりでございます。  最後に4ページ、2、今後のスケジュールでございますが、公募につきましては本日の協議会等を経て、平成30年12月3日から平成31年2月28日までといたします。以下、今ほど御説明した部分を記載のとおり時系列にあらわしたものでございます。  説明は以上となります。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-11-01 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-11月01日−委員長報告・質疑・採決・議長選挙・副議長選挙−04号 これは、胎内市西本町にあるデイサービスと・も・だ・ちについて、今後通所リハビリテーション等を主な事業とするデイケアセンターとして、その用途を転換するものであり、主な質疑はデイサービスとデイケアの違いについて、デイサービスセンターと・も・だ・ちの利用者数と今後の対応について、市内のデイサービスセンターの需要と供給のバランスついてなどであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。    もっと読む
2018-10-24 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月24日−一般質問−03号 結論的には、JA胎内市と連携して全国的な需要を掘り起こすということでありますけれども、そこに加えて食料農業大学や今度新しく全国に農産物を供給しようとする会社とかが若手が進出してきておりますので、そこら辺と連携も考えながらやってはいかがかなと思いますけれども、それについて市長はいかがですか。 ○議長(薄田智君) 井畑市長。 もっと読む
2018-09-27 三条市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月27日)総務文教分科会 それで、提案につきましては、提案書という形で返礼品の供給事業者から提出していただいておりまして、その提案内容を審査して、最終的に返礼品の選定を決定しているのは三条市でございます。今後につきましても、引き続き選定に当たりましては透明性の確保等に努めてまいりたいと考えてございます。 もっと読む
2018-09-26 三条市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月26日)経済建設分科会 ○(渡辺農林課長) 三条市内の学校給食米につきましては、特別栽培米及び有機栽培米を供給しているところでございます。 ○(坂井良永分科員) 特別栽培米、有機栽培米は一般のコシヒカリよりも買い入れ価格が高いんでしょうか。 ○(渡辺農林課長) お見込みのとおりでございます。特別栽培米に比べて有機米のほうが価格を高く設定してございます。 もっと読む
2018-09-25 三条市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月25日)市民福祉分科会 こちらにつきましては、市内の社会福祉4法人のほか、新たに放課後デイサービスのみを提供する事業者もふえており、そういった民間の事業所開設がニーズに追いついてきている状況でございますので、今のところ需要と供給のバランスがとれていると認識しております。 もっと読む
2018-09-20 三条市議会 平成30年経済建設常任委員会( 9月20日) ディーゼル機関の更新工事については、耐用年数を大幅に経過し、オイル漏れなどのふぐあいが発生する中、メーカーの保守及び部品供給が終了していることから、長寿命化対策と一体として入れかえるものでございます。工事期間につきましては、議会議決をいただいた日から平成32年3月15日までとしております。 もっと読む
2018-09-20 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月20日−04号 監査意見書で107ページには結びで意見書が書かれているのですけれども、ガス事業については市民の理解を深めて、譲渡期間における安全かつ安心なガスの供給に努めていただきたいということがありました。 もっと読む
2018-09-18 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号 イ、ガスの安全、安定供給では、ガス本支管を160メートル延長し、経年管の布設替えなど保安の確保とともに、点検調査を実施しました。   ウ、水道の安全、安定供給では、配水管を2,539メートル延長しました。また、1月の異常低温による凍結漏水で配水量、給水量が増加しました。   エ、公営住宅の適切な維持管理では、今町や昭和町などの住宅についての修繕や維持管理を実施しました。    もっと読む
2018-09-13 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日) 稲、麦、大豆の種子の安定供給を都道府県に義務づけた主要農作物種子法がことし4月1日に廃止されました。この種子法は、戦中から戦後にかけて食糧難を経験した日本が食糧を確保するためには種子が大事ということで1952年に制定されたものです。   もっと読む
2018-09-11 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月11日−一般質問−02号 行政職員は、行政サービスの供給者の視点から行動するのに対して、議員は行政サービスの受け手の視点から行動します。住民の近くにいて、そのサービスのよしあしを判定する傾向にあります。また、行政職員は細分化された組織の一員であるがゆえに、住民が提案し、望んだものであっても、組織内の合意形成において困難を伴う場合は政策としては強く提案されない傾向があります。 もっと読む
2018-07-24 上越市議会 平成30年  災害対策特別委員会-07月24日−02号 次に最後になりますが、(7)物資供給等の支援体制の整備についてであります。災害発生後におけるさまざまな物資供給等の支援体制につきましては、国と県それぞれで検討が進められておりまして、国では自衛隊が支援活動を担うというふうに決定しております。一方、新潟県では現在トラック協会の活用を検討しているとのことでありますけれども、まだ協会との具体的な協議には至っていないということでございます。 もっと読む
2018-06-29 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月29日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号 新工場の概要は、別紙資料のとおりでありますが、これにより大手メーカーへの供給、その他販路の拡大が図られ、同社の経営改善にも資することとなり、ひいては市の活性化に寄与するものと判断したものでございます。なお、新工場の建設に伴う市からの増資は行わなくとも対応が可能であるとのことから、新たな予算措置の必要は生じないということになっておりますことを申し添えます。    もっと読む
2018-06-26 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 6月26日) 2の内容についてでございますが、市内にある剪定枝、間伐材、もみ殻等の木質バイオマスの利用可能性を調査し、それらを燃料とした熱エネルギーを活用するシステムの構築に向けて、記載のとおり需要調査、供給調査、システムの構築、評価、事業性評価、研究会の創設、開催を行うものでございます。  説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-06-25 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第5号 6月25日) 初めに、木質バイオマス燃料による熱エネルギーを活用するシステムとはどういうものなのかとのお問いでございますが、本事業につきましては市内にございます剪定枝や間伐材、もみ殻等の木質バイオマスを燃料として熱供給を行うバイオマスシステムを構築するものでございます。   もっと読む
2018-06-18 見附市議会 平成30年 合同所管事務調査-06月18日−01号 本事業の目的でございますが、青木浄水場を更新することにより、良質なおいしい水を安定的かつ継続的に供給するものでございます。施設の概要及び構造でございますが、施設は膜ろ過棟、脱水機棟、水槽類などで、計画最大給水量は日当たり2万3,000立方メートル、浄水処理方式はセラミック膜ろ過方式となっています。また、構造は記載のとおりでございます。 もっと読む
2018-06-15 五泉市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月15日−一般質問、議案説明、質疑−02号 若干歴史を振り返りますと、五泉市の学校給食、昭和48年に完成した三本木にある学校給食センターで約3,700食の供給から本格化し、その後センターの老朽化を機に平成18年、2006年でございました。南小学校で初めての自校方式がスタートしました。当時の小泉内閣の進める骨太方針2003、スタートが2006です。 もっと読む
2018-06-14 上越市議会 平成30年  厚生常任委員会-06月14日−06号 今ほど申し上げましたとおり、現在地で改築をする場合につきましては、例えば33年度から具体的に建設工事始まっていくわけですが、今ある建物でない別のところに、後ろ側のほうに供給棟というエネルギー等を供給する棟をつくります。その後古い供給棟を壊します。その後に本棟を142床分つくるということで、ここだけで4年かかります。普通につくれば2年でできるところを一旦壊したりしてつくるということです。 もっと読む