運営者 Bitlet 姉妹サービス
6329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 胎内市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号 それを除き、第6款農林水産業費では、1項5目農業振興費において、新潟中条中核工業団地に立地する株式会社タイナイが国の農山漁村振興制度に基づく市の活性化計画に沿った事業として、米粉パン製造の新工場を整備するに当たり、このたび国から交付金の内示があったことから、事業実施主体へ交付すべく農山漁村振興交付金を計上いたしました。   一方、これを賄います歳入財源は、国庫支出金を増額いたしております。    もっと読む
2018-12-20 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月20日−委員長報告、討論、採決−03号 その国の状況もしっかり把握して、雇っている会社とも連携し、予防につなげていただきたいとの意見が出されました。   このほか、細部にわたり詳細なる質疑応答がなされました。   以上、会議規則第39条の規定により報告いたします。   なお、報告漏れがありましたら、各委員より補足説明をお願いいたします。    もっと読む
2018-12-19 胎内市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−一般質問−03号 その検討においては、それなりに有益であろうと思っておりますし、ここの部分、私たちが想像できるような費用、金額、出演に対するフィーがどのぐらいであるのかなど聞いてみないと、なかなかはかりかねるところがございますので、実際に派遣元となる運営会社と年度末までに、私自身、直接交渉に当たってもという心づもりでおりますが、直接交渉して条件面でのすり合わせなども行いながら、その可否を決定してまいりたいと思いますので もっと読む
2018-12-18 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第6号12月18日) 最初に、議第2号 三条市コメリ捧賢一記念少年スポーツ育成基金条例の制定についてでは、協議会で提言した個人の名前や会社名を冠する基金の基準はその後検討されたのか、に対し、基準の設定について今現在では難しいと考えている、他市の事例等を参考に研究していきたい、と答弁がありました。   もっと読む
2018-12-18 胎内市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−一般質問−02号 なお、黒川村が県から委託を受けて下越スポーツハウスを運営していたころから、このキャンプ場はスポーツ施設としての捉え方の中で管理運営がなされてきたものでございますが、胎内リゾートエリア内の観光施設として活用することにより、利用促進が図られるのかどうかについて、株式会社胎内リゾートと協議するなど、この施設の望ましいあり方について今後検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。    もっと読む
2018-12-13 三条市議会 平成30年総務文教常任委員会(12月13日) そのときに個人の名前、あるいは会社名を冠した基金については規則というか決まりが、例えば幾ら以上の場合とか、寄附者の意思が反映される場合とか、いろんな決まり事をつくっておかないと、そのときそのときの気分で冠つきの基金というのは、いかにも安易ではないかという趣旨で提言をしましたけれども、その後このことについては検討されたのかどうかお伺いいたします。 もっと読む
2018-12-12 三条市議会 平成30年経済建設常任委員会(12月12日) この団体は三条市若宮新田697番地1に所在し、代表者は株式会社丸富、代表取締役柴山昌彦氏でございます。平成30年10月12日に株式会社丸富、ケンオー・ドットコム合同会社、株式会社エヌエスアイの3団体により協定を締結した特定共同企業体でございます。  主な業務内容は、三条市かわまち交流拠点施設管理運営等に関する業務でございまして、各社の沿革等につきましては資料に記載のとおりでございます。   もっと読む
2018-12-11 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会(12月11日) そこが辞退して、今回は元創という会社になったそうですけども、指定管理料の積算単価に何か問題があるんですか。 ○(坂内市民窓口課長) 8月1日から9月14日までを募集期間として指定管理者の公募を行いました。その結果、今回提案させていただいた株式会社元創、1団体しか応募がなく、現在の指定管理者、マルソー株式会社は応募されなかったということでございます。 もっと読む
2018-12-10 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第5号12月10日) 2つ目の農業法人等体質強化支援事業では、果樹専門家集団への支援により販売組織、株式会社想樹の設立に至り、新たな販路拡大につながっております。こうした利益を追求し、雇用を生み出す持続可能な農業法人のモデルを輩出していくことが産業として成り立つ地域農業を実現していくものと考えているところでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 教育部長。    もっと読む
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 大学卒業後、家業が農業と金属関係の会社でしたので、修業という形で、昔でいうところのでっち奉公で三条に本社のある会社で働きましたが、家業がちょっと人手不足になって、1年もたたないうちに呼び戻されました。そして、働き始めてまだ間もないころ、下田の会社へ配達に行きました。 もっと読む
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) 東京書籍株式会社によると、約40年前に使われていた小学3年生の国語、算数、理科、社会の同社教科書の重さは、合計約990グラムでしたが、現行版では約2,150グラムになると言います。ことし9月、文部科学省は通学時の子供の荷物の重さを懸念する声を受けて、学校が重量に配慮した指導をするよう求める通知を全国の教育委員会などに出しています。 もっと読む
2018-12-05 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−議案説明、質疑、一般質問−01号 そこで、認められているところの計測会社の大会運営委託料、これは補助金880万円の2倍、つまり1,760万どころか2,790万に達しております。私はこの数字を見る限り、不正の余地というのは全くないというふうに判断いたします。この点が私が今回の報告、疑問視をする最大要因であります。確かに報告の内容にあるように、手続に不備はあったやもしれません。しかし、不備と不正とは全く相違うものでございます。    もっと読む
2018-12-05 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第2号12月 5日) 槻の森斎苑の指定管理予定者の株式会社元創はこういった斎場管理についてどのような実績を持っているのかお聞かせください。  続いて、議第11号 三条市農業体験交流センターの指定管理者の指定について及び議第13号 三条市かわまち交流拠点施設の指定管理者の指定についてお伺いいたします。 もっと読む
2018-12-04 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第1号12月 4日) 指定管理者となる団体は、三条市立大崎児童館は社会福祉法人報徳福祉会、三条市槻の森斎苑は株式会社元創、三条鍛冶道場は越後三条鍛冶集団、三条市勤労青少年ホームは一般社団法人新潟県労働者福祉協議会、三条市農業体験交流センターはMSネットワーク、保内公園は保内緑の里管理組合、三条市かわまち交流拠点施設はかわまち・ドットコム、三条市リージョンセンターは社会福祉法人ひめさゆり福祉会でございます。   もっと読む
2018-11-26 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員協議会(11月26日) その結果、落札業者は株式会社わたじん三条店、落札銘柄はヤマハ株式会社製フルコンサートグランドピアノCFX、落札金額は税込み1,641万6,000円となったものでございます。なお、納入期限につきましては、平成31年11月29日としているところでございます。  以上、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-11-26 三条市議会 平成30年総務文教常任委員協議会(11月26日) このことにつきましては、既に報道等で御案内のことと思いますけれども、先般株式会社コメリ、故捧賢一会長の御遺族様からいただきました寄附金をもとに寄附者の意向に沿って運用するための基金を設置したいと考えておりまして、このため条例の制定をお願いしたいというものでございます。  詳しい内容につきましては、後ほど教育総務課長から説明いたしますので、よろしくお願い申し上げます。 もっと読む
2018-10-24 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月24日−一般質問−03号 また、賃貸物件とすることも対策計画に含まれているのかについてでありますが、本計画にも掲げている空き家バンク制度では、売買の取引に限定しておりますが、それは基本的に民間の不動産会社の方々の事業活動に支障を来さないことに一定の配慮をしたがゆえのことでございます。 もっと読む
2018-10-23 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月23日−一般質問−02号 初めに、1点目の中条駅の利用者数、西口の利用者数についてでありますが、東日本旅客鉄道株式会社では1年間を通した1日平均乗車人数を年に1度公表しておりますが、その他特定の期間の乗車人数の公表や個別の照会に対しての回答はなされておりません。 もっと読む
2018-10-09 胎内市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月09日−議案説明・質疑−01号 市といたしましては、順調に事業が進捗するよう、これからも東日本高速道路株式会社を始め、国や県などの関係機関と連携を図りながら進めてまいりたいと考えております。このたびの事業化が近い将来、企業立地の促進、雇用の創出や観光の振興などに寄与するものと期待しているところでございます。   次に、中小企業・小規模企業振興基本計画の策定について報告申し上げます。 もっと読む
2018-10-03 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第6号10月 3日) あとの責任は民間会社、公立大学法人にある。類いまれな教育カリキュラム、長期インターンシップ制度、開校後は市から一切の持ち出しはございません等の常套句も絵そらごとに聞こえて仕方ありません。  自治体と民間事業者のリスク分担を細かく決めず、運営段階でトラブルになった事例は枚挙にいとまがありません。そして、大学を運営する法人と教授陣の力量は未知数なのです。 もっと読む