1908件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡市議会 2019-09-09 令和 元年 9月産業市民委員会−09月09日-01号

〇説明のため出席した者   磯田市長        水澤副市長   高見副市長       大滝地域政策監   金子危機管理監・政策監 竹内市民協働推進部長   若月環境部長      長谷川商工部長兼                  プレミアム付                  商品券室長   伊藤観光・交流部長   安達農林水産部長   野口環境部次長     川合市民協働課長   金垣人権

三条市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会(第3号 9月 6日)

制度利用者の権利を一律に制限してきた規定に人権侵害との指摘があり、このような欠格条項を原則として削除する成年後見制度適正化法がことし6月に参議院において全員一致で可決成立いたしました。これにより、188本の法律から欠格条項がなくなりました。  成年後見制度では、判断力が十分でない人にかわり後見人財産管理などを行います。

長岡市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会本会議-07月02日-04号

小型動力ポンプ付軽積載車等)  議案第86号 財産の取得について(ロータリ除雪車) 日程第7 議案第82号 財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地)       ………………………………………………………………………………………106 日程第8……………………………………………………………………………………………107  議案第87号 副市長の選任について  諮問第 2 号 人権擁護委員

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日市民厚生常任委員会-06月25日-01号

◆小泉仲之 委員  今まで人が働いていたことをもの扱いしていたことは,人権無視な話で,前時代的な仕組みだったわけですから,何らかの形でここについて整理して,もし違うのであれば,この制度の中で働いている人を人としてしっかりと扱う市の給与体系の仕組みに直すように,ぜひ皆さんも努力して頑張っていかなければならないと思うのですが,いかがでしょうか。

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

今後も,いじめはどの児童生徒にも起こり得る深刻な人権侵害であることを認識し,児童生徒が互いに認め合い,支え合い,高め合う人間関係を築くことができるよう,学校保護者地域が信頼関係のもと,それぞれの役割を自覚していじめ防止に努めていきたいと考えています。                〔内山幸紀議員 発言の許可を求む〕 ○副議長(佐藤誠) 内山幸紀議員。                   

長岡市議会 2019-06-24 令和 元年 6月産業市民委員会−06月24日-01号

水澤副市長   高見副市長       大滝地域政策監   金子危機管理監・    竹内市民協働     政策監         推進部長   若月環境部長      長谷川商工部長兼                  プレミアム付                  商品券室長   伊藤観光・交流部長   安達農林水産部長   野口環境部次長     武士契約検査課長   川合市民協働課長    金垣人権

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

私たち会派は,今任期も引き続き,人権と多様性が尊重される社会,原発に頼らない社会,そして憲法の理念を生かした平和社会の実現に向け,この議会の中で果敢に議論し,精力的に活動を進めていきます。そのことをまず申し上げ,以下,質問に入ります。  最初に1,参議院選挙と市長の政治姿勢について。  

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

最後に,No.14の人権教育・啓発の推進は,新潟市人権教育・啓発推進計画が本年度目標年度を迎えることから,同計画を改定するほか,市民から人権への関心を深めてもらうことを目的に,人権イラスト展や人権啓発講座などを開催します。 ○伊藤健太郎 委員長  ただいまの説明にお聞きすることはありませんか。                    

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-01号

環境建設   第 62 号 新潟市火災予防条例の一部改正について…………………………………………………市民厚生   第 63 号 新潟県公安委員会委員の推薦について   第 64 号 契約締結について…………………………………………………………………………総  務   第 65 号 契約締結について…………………………………………………………………………総  務       諮問   第 1 号 人権擁護委員候補者

三条市議会 2019-06-10 令和元年議会運営委員会( 6月10日)

そして再開後、日程第4から7までは人事案件に係る議事でございまして、教育委員会委員の任命、公平委員会委員の選任、固定資産評価審査委員会委員の選任、人権擁護委員候補者の推薦についてそれぞれ提案説明を行い、質疑の後、直ちに採決とするものでございます。  次に、日程第8として先議案件を除く全議案一括上程し、提案説明を行った後、散会といたします。  

新発田市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会−06月06日-01号

令和元年6月6日(木曜日) 午前10時開会 第 1 会議録署名議員の指名 第 2 会期の決定 第 3 議会第1号 新発田地域広域事務組合議会議員選挙 第 4 議会第2号 新潟東港地域水道用水供給企業議会議員選挙 第 5 議会第3号 新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙 第 6 議会第4号 選挙管理委員及び補充員の選挙 第 7 議第 5号 公平委員会委員の選任について 第 8 議第 6号 人権擁護委員

新発田市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会−06月06日-目次

……………………3 議会第2号 新潟東港地域水道用水供給企業議会議員選挙…………………………………………4 議会第3号 新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙……………………………………………5 議会第4号 選挙管理委員及び補充員の選挙………………………………………………………………6 議第 5号 公平委員会委員の選任について………………………………………………………………6 議第 6号 人権擁護委員

新潟市議会 2019-06-06 令和 元年 6月 6日議会運営委員会−06月06日-01号

議案第63号新潟県公安委員会委員の推薦について及び諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦については,執行部から即決の要請があり,前回,持ち帰りとなっていました。  ここで,各会派の意向をお聞かせ願います。 ◆皆川英二 委員  翔政会,オーケーです。 ◆五十嵐完二 委員  共産党,賛同します。 ◆宇野耕哉 委員  民主にいがた,賛同します。 ◆志賀泰雄 委員  新潟市公明党オーケーです。

新発田市議会 2019-05-24 令和 元年 5月臨時会−05月24日-01号

│      │ │         │26 人権に関すること。               │      │ │         │27 同和対策に関すること。             │      │ │         │28 男女共同参画推進に関すること。         │      │ │         │29 市税に関すること。               

新発田市議会 2019-03-27 平成31年 2月定例会−03月27日-05号

15年4月から地域医療介護保険、子ども・子育て、生活困窮者支援などが新しい段階や制度に移行し、医療福祉介護保育子育て、さらには幼児教育の無償化、子供貧困対策児童虐待防止、障がい者の人権確立、生活保護や生活困窮者支援、ヘイトスピーチ対策外国人との共生まで、全て自治体が実際の担い手となっております。

長岡市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会本会議−03月26日-05号

について  議案第60号 和解及び損害賠償について  報告第 1 号 専決処分の報告について(専決第1号 和解及び損害賠償について)  報告第 2 号 専決処分の報告について(専決第2号 和解及び損害賠償について) 日程第17…………………………………………………………………………………………148  議案第61号 教育長の選任について  議案第62号 固定資産評価員の選任について  諮問第 1 号 人権擁護委員

三条市議会 2019-03-25 平成31年第 1回定例会(第6号 3月25日)

同和教育研究議会負担金についてですが、子供たちに差別のない教育、幅広く人権のとうとさを教えることは大切ですが、同和教育という特別枠で教える必要はありません。日本国憲法平和主義基本人権主義に基づいて行うべきであり、この負担金に反対いたします。  次に、議第3号 平成31年度三条市後期高齢者医療特別会計予算についてであります。

新発田市議会 2019-03-19 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月19日-01号

また、パラスポーツの普及と人権意識の向上を図るため、市内全小中学校を対象に車椅子バスケットボール体験の出前講座の実施に係る経費でございます。  次の市民総合体育大会開催事業とその次の丸、少年少女スポーツ大会開催事業は、それぞれの大会開催に係る新発田市スポーツ協会、新発田市スポーツ少年団への委託料であります。