運営者 Bitlet 姉妹サービス
1168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月20日−委員長報告、討論、採決−03号 そうしたならば、そっちのほうからメーンの入り口、これをつくったほうが、きのうおとといですか、交通事故もございましたけれども、そういう交通事故の観点からしても私は非常に賢明な策でなかろうかと思います。今の委員長報告聞いておりますと、どうやら東南環状線の論法はですね、脇へ置かれておりますけれども、この辺どうなんですか。委員会では、いや当局、そうじゃないんだと。 もっと読む
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 近年、あおり運転の被害や交通事故に遭遇した際の映像が証拠になるなど、一般車両への普及も急速に進んでいる状況であります。市有車へのドライブレコーダーの搭載は、移動可能な動く防犯カメラとして非常に有効であると考えます。  既に導入している自治体もあるということであります。先進地の愛媛県新居浜市では、運転中の走行データ等を記録するドライブレコーダーを公用車106台に設置しました。 もっと読む
2018-12-05 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−議案説明、質疑、一般質問−01号 そして、そこからの対策になりますが、私どもとして、実は28年度から取り組んでいる方策ですが、屋内から携帯電話であれば住所がある程度はっきりしますが、屋外からの通報の場合、特に住宅地のない田園地帯とかそういったところでの交通事故の場合、非常に現場特定が難しいということで、私ども電柱を一つの目標物として定めようということで、電柱番号につきまして郊外の番号の調べ上げを始めました。 もっと読む
2018-09-11 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月11日−一般質問−02号 〔五十嵐 勝議員登壇〕 ◆五十嵐勝議員 平成30年9月議会に当たり、通告に基づき見附市のインバウンド観光政策についてと高齢者の交通事故対策についてを一般質問いたします。   最初に、見附市のインバウンド観光政策について質問いたします。 もっと読む
2018-07-12 三条市議会 平成30年総務文教常任委員協議会( 7月12日) これについては、平成24年に全国で登下校中の児童生徒が交通事故に巻き込まれて死傷するという痛ましい事件が相次いで発生したことから、国土交通省、警察庁、文部科学省が全国に向けて緊急合同点検するということで取り組みが始まったものでございまして、交通安全についての取り組みについては毎年のことながら危険箇所を学校から吸い上げ、通学路安全推進会議で検討しながら対策を講じているところでございますが、今後はこの中 もっと読む
2018-06-14 五泉市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月14日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 ◆16番(羽下貢君) 私ちょっと調べて、児童見守りシステムとかいうのもありましてですね、やっぱり大変だなということをこれで思ったんですけれども、今の見守りというのは、とにかく登下校時に横断歩道等のところで子供たちが交通事故に遭わないようにということを主に活動していただいているという認識でよろしいですか。 もっと読む
2018-06-12 上越市議会 平成30年  第3回(6月)定例会-06月12日−一般質問−03号 次に、交通安全対策に関し、高齢者ドライバーの交通事故防止の対策についてのお尋ねにお答えをいたします。 もっと読む
2018-06-12 見附市議会 平成30年 第2回(6月)定例会-06月12日−一般質問−02号 交通渋滞や交通事故の危険も考えられ、市としての今後の対応や方針を伺います。   (3)、この4月より、見附市観光物産協会を一般社団法人として再編、組織強化を行い、地域ブランド商品の企画開発、販路開拓、観光素材の商品開発、収益事業化などに取り組む事業に対しての支援を行っていくということです。先月の26日には、同協会事務局長の第2次審査会が公開プレゼンテーションで行われました。 もっと読む
2018-06-12 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−議案説明・質疑−01号 始めるに当たって、まずデータに基づく分析と横断的な連携、協働が必要であり、それに基づいて地域が主体となって取り組み、結果的に自殺者、犯罪、交通事故などの減少につながっています。安全、安心なまちづくりの推進としては有効な取り組みであり、胎内市でも取り入れるべき施策ではないかという所見を述べて、以上でまちづくり常任委員長の報告を終わります。 もっと読む
2018-06-11 上越市議会 平成30年  第3回(6月)定例会-06月11日−一般質問−02号 また、通学途上での交通事故も時々ニュースで報じられます。特に集団登下校時の交通事故は一度に多くの負傷者を出しやすく、事故が起こりにくい環境づくり、安全施設の設置などが急務です。   そこで、子供たちが安全に通学できるようソフト、ハードの両面についてお聞きしたいと思います。1つ目は、不審者などの通報件数及び内容についてお尋ねをいたします。また、それに対しどのように対応してきたかお伺いをします。    もっと読む
2018-06-07 妙高市議会 平成30年  6月定例会(第4回)-06月07日−一般質問−02号 不幸なことに、全国では高齢者が加害者となる交通事故が多く報じられ、高齢者の事故を少しでも減らすためには、他の自治体でも取り組んでおられますように、自動運転カートの導入やタクシー料金の割引など、身近な生活支援が受けられるカードの配付など、それぞれ先進地において努力されておりますんで、当市においてもぜひとも取り組んでいただきたいと考えるところであります。 もっと読む
2018-06-04 三条市議会 平成30年総務文教常任委員協議会( 6月 4日) 次に、救助小隊でございますが、火災、交通事故、山岳事故などあらゆる災害からの人命救助活動に当たっているほか、記載の5項目の業務を行っております。  続きまして、分署の業務でございますが、本署の警防及び救急小隊の業務に準じながら、あわせて栄及び下田方面隊に係る消防団事務を行っております。   もっと読む
2018-03-22 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月22日−一般質問−06号 ◆16番(橋本正幸議員) 今ほど答弁いただいた中で、大体どういう状況かということはわかるんですけども、通学路の安全確保をする上で、いろいろな状況というか、課題あると思うんですけども、もちろん交通事故に遭わないように安全に通行するということも大事なわけですけども、ここの点検というのはどういうふうに、いつ、何人ぐらいで行われるのか、その点お聞かせ願いたいんですけど。 もっと読む
2018-03-19 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月19日−一般質問−04号 3点目、先進市では、犯罪や交通事故等の捜査に活用してもらうため、警察から要請があった場合、公用車のドライブレコーダーの映像を提供する協定を結んでいるが、当市も協定締結に向け協議を進める考えはないか。   1項目めの3点、よろしくお願いいたします。   2つ目の大項目についてお尋ねいたします。近年、認知症の高齢者の方が年々ふえる方向に推移しています。 もっと読む
2018-03-16 新発田市議会 平成30年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月16日-01号 それで、警察にお聞きしたところでは、その取り除いた4カ所については今のところ交通事故は、2月末現在ですけども、発生していないというようなことで聞いておりますので、このままこの方針は続けていかざるをいけないのかなと思います。その辺を含めてそれ交通安全関係団体も含めて交通安全のほうしっかりやっていきたいなというふうに思っております。  以上でございます。 もっと読む
2018-03-14 上越市議会 平成30年  総務常任委員会-03月14日−05号 最初に、防犯、交通安全分野では、犯罪や交通事故の発生を未然に防止するため、日ごろから市民一人一人の意識啓発や知識の普及が重要であることを踏まえ、上越市みんなで防犯安全安心まちづくり推進計画及び第10次上越市交通安全計画に基づき、関係機関と連携した取り組みを継続してまいります。 もっと読む
2018-03-12 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月12日−議案質疑、委員会付託−05号 交通安全指導所につきましては、春の全国交通安全運動、それと夏の交通事故防止運動に合わせまして、春につきましては妙高警察署前にそういった指導所を、仮といいますか臨時に設置いたしまして、通行する車に呼びかけております。 もっと読む
2018-03-12 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 3月12日) 12目交通対策費、事業番号010交通安全対策費1,161万1,000円は、市内における交通事故の減少を目的に、事故が発生しにくい環境の整備及び交通安全に対する市民意識の高揚を図るため、交通安全教室を初めとした啓発活動を行うもので、交通安全指導員4人分の報酬として656万4,000円、市内各所に設置してある交通安全広告塔のうち、老朽化が著しい大島地内のものの撤去工事として47万1,000円、交通安全対策事業負担金 もっと読む
2018-03-12 新発田市議会 平成30年 2月定例会−03月12日-03号 ちょっとそごがあった、ないは別なんですが、やはりそういう意味では情報共有がちょっと不足していた関係で、さまざまな思いと、いいものをつくろうという気持ちは一緒なんですが、やはりその情報共有がちょっとうまくいっていなかったようなところも見受けられますので、今後できるだけそういう方々も含めながら、絶対交通事故のないスクールバス計画をお願いしたいと思っております。   もっと読む
2018-03-09 胎内市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−一般質問−03号 ただ、現実その中で苦情に関して主なものとしては、消雪パイプの水量不足、過不足や不均一もございますが、圧雪が緩み、自動車の通行が困難になるなどの苦情が多く寄せられ、現実そこから生じた交通事故等はほとんどございませんでしたが、非常に心配される状況が数日あったというふうに認識しております。 もっと読む