37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

新潟市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会本会議−12月11日-05号

私は、アピアランスサポートを行っている方から、小学生のお子さんがいる方で、手術後の後遺症が顔に出て、友達からお母さんの顔は変だよというようなことを言われて、お子さんも御自身も、悪気がない子供の一言で傷つき、自分がんになってしまったせいで自分子供に申し訳ないと涙された方、また、乳がんを患った方で、髪が抜けることは子供に話して理解してもらえても、乳房を取った話はなかなかできないといったお話も伺いました

燕市議会 2020-09-08 09月08日-議案説明・質疑・一般質問-01号

脱毛乳房切除などがん治療による見た目の変化ケアには、ウイッグ胸部補正下着などの医療用補正具が有効であり、社会参加も促進できると考えます。がん患者の精神的、経済的負担を和らげるため、医療用補正具購入費助成を提案したいと思いますが、お考えを伺います。  3点目に、地域社会が連携した子育て支援について、つばめ子育て応援カード事業についてお尋ねいたします。

長岡市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会本会議−03月06日-03号

本市では、食事の準備及び後片づけや衣類の洗濯、住まいの整理整頓生活必需品の買物、授乳の補助、おむつ交換沐浴介助乳房マッサージなど生活のサポートをしてくれる産前産後家庭生活応援事業を行っています。母子手帳の交付を受けてから産後3か月までの妊産婦が、市に登録する事業者から家事または育児支援サービスを受けた場合、利用料の一部を市が助成するものです。

小千谷市議会 2019-09-19 09月19日-02号

また、乳房切除した場合には、胸部補整具等を使用し、補整下着を使用するようです。これもお金がかかります。患者負担を軽くするため、購入費用助成する自治体も徐々にふえてきています。   そこで、質問です。手術や抗がん剤、放射線などの副作用により起こる外見変化に関するがん患者の悩みに対し、経済的な支援をするために、ウイッグ補整下着など外見ケアに必要な装具の購入費用助成することが必要です。

新潟市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会本会議−03月07日-08号

次に(2),乳房ケア助成について質問します。  本市の産後4カ月までの授乳方法の調査によれば,9割が母乳育児者です。母乳育児者は,乳房しこりができて痛むなどの軽い症状も含め,約3割が乳房トラブルを経験しているとされています。その中には,重症の乳腺炎になって治療に至る事例が少なくありません。

十日町市議会 2018-09-11 09月11日-市政に対する一般質問-03号

検診を希望する40歳以上の女性対象として、2年に1回乳房エックス線検査、いわゆるマンモグラフィー撮影による検診を行っております。昨年度は2,442人が受診され、8名の方が乳がんと発見をされたわけであります。乳がん検診検査方法は、主にこのマンモグラフィー撮影と超音波検査の2種がございます。

新潟市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会本会議−09月11日-03号

本市では,産後の乳房ケア沐浴支援医療機関等に委託した,宿泊型の産後ケア事業が実施されています。しかし,宿泊の場合は,一般世帯助成額が1万円で,1日利用自己負担は1万円から2万円と負担が大きく,平成29年度利用者実績は65組,出生数の1%と,極めて少ない利用状況です。他の政令市状況は,宿泊型は13市,日帰り型は11市,訪問型は5市で実施しています。

柏崎市議会 2017-09-11 平成29年 9月定例会議(第23回会議 9月11日)

今、市長が言われましたように、日本人の罹患する乳がんの4割以上がデンスブレスト、つまり、高濃度乳房という体質だと言われています。この高濃度乳房は、乳腺密度が高いので、マンモ検査でやっても、乳腺は白く映って、また、がんも白く映るので、なかなか見えにくいと言われています。特に40歳未満の若い女性は、高濃度乳房であるということなので、もっと見つけにくいと言われています。  

阿賀町議会 2017-07-06 07月06日-01号

ばあちゃん猿の見分け方を聞いたら、乳房の形状で見分けることでございました。我が町には、現在13匹の発信器を取りつけた猿がいるそうです。そのうち阿賀野市と西会津が各1つつけて2匹いるそうです。 彼は地図上に、その発信器をもとに猿の行動地点をマークしております。それぞれの各集団の行動範囲を知ることができます。

新潟市議会 2017-03-07 平成29年 2月定例会本会議−03月07日-08号

次に(4),高濃度乳房への対応についてお聞きします。  国が40歳以上の女性に推奨する乳がん検診法マンモグラフィー。先日,新聞にマンモグラフィーに向かない高濃度乳房との見出しで,乳がん検診のことが書かれていました。それによると,日本女性には,この方法だけではがん有無を判別しづらい,乳腺密度の濃い高濃度乳房が目立つ。

新潟市議会 2017-02-17 平成29年 2月定例会本会議-02月17日-目次

……………………………………………………………………………………… 368     (1) 本市がん検診受診率状況は(保健衛生部長)     (2) 平成28年度,新たな取り組みの効果と課題について(保健衛生部長)   ────────────────────────────────────────────     (3) 乳がん検診受診率向上に向けて(保健衛生部長)     (4) 高濃度乳房

新潟市議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会本会議-09月13日-04号

本市には,乳児期に,こんにちは赤ちゃん訪問による助産師家庭訪問を受ける支援がありますが,母乳育児乳腺炎等育児不安を解消する乳房マッサージなどの母乳指導母乳外来助産所でしか受けられません。受診費用は,健康保険適用外であるため,3,500円程度の自己負担で,授乳期支援は不十分です。  

新発田市議会 2013-06-11 平成25年 6月定例会−06月11日-02号

最近予防医療という観点から、アメリカの女優さんでアンジェリーナ・ジョリーさんという方知っているかと思うんですが、遺伝子検査乳がんになるリスクが86%というようなことで、両方の乳房切除をしたという、手術をしたという報道がございましたけども、そういったがんに対する予防的な分野、そういったことが予防医学として今後ますます進んでいくんではないかというふうな話もつけ加わってございました。

三条市議会 2012-12-12 平成24年市民福祉常任委員協議会(12月12日)

触診検査は医師が乳房の状態やしこり有無等を目視や触診する方法でございます。また、マンモグラフィー乳房エックス線撮影による方法で、視触診検査ではわからないごく早期の小さながんを見つけることができるものでございます。  資料に戻りまして、2の内容でございます。表に乳がん検診対象年齢と現行の検診方法、変更後の検診方法についてお示ししてございます。

新潟市議会 2011-09-22 平成23年 9月22日市民厚生常任委員会−09月22日-01号

確かに今おっしゃるようにマンモグラフィの被曝の問題と乳房の構成上の問題では診断に十分な寄与がないということですので,やはり被曝量の少ない,かといって自己検診だけではなくて,検診としてのカバーが必要だと思っていて,エコー検診が他の市町村でも触診だけじゃなくてエコー検診もやっているという実績が,政令市でも3件ありまして,発見する率が少ないですから,40代以上には発見できませんけども,それでも自己検診だけでは

  • 1
  • 2