9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

燕市議会 2009-09-03 09月03日-一般質問-02号

国内に目を向ければ、8月25日の東京都中央卸売市場でレタスの平均価格は1キロ当たり256円で、昨年より68%も高くなっております。タマネギは134円で61%、ニンジンが160円で43%高くなっているなど、軒並み上昇をしております。

上越市議会 2008-03-18 03月18日-03号

原因としては、雪が多いというハンディもありますが、中央卸売市場地方卸売市場の違いはあるとしても、新潟中央青果では25%以上が地場産野菜の取り扱いであるのと比較すると余りにも大きな差があり、特にここ数年落ち込んでおります。こうした現状では、今回のギョーザ事件を受けての地場産野菜を食べたいという声にはなかなか対応し切れません。この状況をどのように認識されているかをお聞きします。  

新発田市議会 2005-03-28 平成17年 3月定例会-03月28日-05号

しかし、最近栄養士と中央卸市場とで話し合いを行い、中央卸売市場から地元野菜の入荷状況を前月までに知らせてもらうことになり、栄養士さんはその資料を参考に、地元の食材を使うよう業者に指示を出しております。平成13年12月からこのようなシステムがスタートし、地産地消学校給食の実現に向けて力強い一歩を踏み出したんだそうです。

長岡市議会 2003-06-24 平成15年 6月定例会本会議-06月24日-01号

農業分野がわかりやすいと思いますが、一例として福岡県久留米市中央卸売市場の取り組みの新聞記事を紹介してみたいと思います。この市場に出入りする久留米青果が始めた「今朝採り野菜」が好評であるという記事です。早朝に収穫した葉のついたニンジンや泥つき大根、朝露のついたキャベツなど、いわゆる究極の新鮮野菜を一般の農産物の競りが終わった後の9時ごろから新たに競りをするのだそうです。

柏崎市議会 2002-12-11 平成14年第5回定例会(第3日目12月11日)

ことしの4月、大阪市中央卸売市場から、山形県産の西洋梨から、ダブタホールを検出した連絡があり、農業団体や果樹農家を含めて大混乱が起きました。結果的には、34都道府県で梨や果物を中心に回収、廃棄されたものは、全国で923トンにも上っています。なぜ、農薬製造段階で発がん物質の研究がないのか、また、この無登録農薬使用した農業団体・農家にも責任があります。  

上越市議会 2002-12-10 12月10日-03号

他市との比較をいたしますと、新潟市中央卸売市場では総取り扱い量は129億700万円であり、このうち新潟市産は16億5,200万円で12.8%となっており、過去5年の推移を見ますと市内産の比率はやや増加傾向にあります。

長岡市議会 2002-03-07 平成14年 3月定例会本会議−03月07日-03号

東京都中央卸売市場食肉市場で2月25日、牛の枝肉価格がA3等級でキロ756円と最安値を更新したと報道されているところでありますが、食品関連会社の不祥事なども重なり、それが悪風評となって畜産農家、肉関連業者に多大な被害を及ぼし、さらにまた国民には大きな不安を与えているところでもあります。  

見附市議会 1996-06-18 06月18日-一般質問-02号

例えば住民基本台帳を相互に保管し合う協定中央卸売市場同士で生鮮品の提供を行う協定、同じ名前の自治体間での協定などです。これらの協定有効にするためには、日常から交流により自治体間での情報交換地域実情の実態把握をしておくことが不可欠です。また、余りに長距離の自治体間での協力は、緊急時に効果を期待できない場合が起こりますし、また短距離では双方ともに被災することも予想されます。

  • 1