運営者 Bitlet 姉妹サービス
3833件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第5号12月10日) 同じく3ページの地域における活動の場や異世代の多様な他者との交流についてであります。一人っ子や核家族もふえている中で大変重要な課題であると私も思います。 もっと読む
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 三条ものづくり部は、高校生みずからがものづくりの魅力を体感し、その活動を同世代の若者に効果的に発信をし、広く伝えてもらうことを目的に創設したものでございます。部員募集に申し込みいただいた市内外5校8人の高校生により、コーディネーターの指導のもと、現在までに7回の活動が行われております。   もっと読む
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) 汚水処理施設整備構想策定の目的につきましては、三条市における人口減少、少子高齢化の進行による地域社会構造の変化に対応し、将来世代に多大な負担を負わせることのない持続可能な汚水処理施設整備のあり方の指針とするものでございます。   もっと読む
2018-12-05 五泉市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−議案説明、質疑、一般質問−01号 ですから、少子化対策として子育て世代の移住、定住を促進するためにも、他市町村にまさる減免制度の構築が必要だと思いますが、いかがお考えでしょうか。   また、そのため今の現状はどうなっているのかをお聞かせください。 もっと読む
2018-12-05 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第2号12月 5日) 市長は、昨日の所信表明で、これまでの4年間についてまちの持続可能性を獲得する上での最も大きな課題である人口減少、少子高齢化への対応に力を注いでまいりましたとして、その取り組みが実を結びつつあると自己評価し、人口動態について国勢調査に基づいた平成22年から27年の人口増減と平成17年から22年の人口増減を比較し、15歳から24歳までの若年世代の流出は大幅に減少し、35歳から44歳までの働き盛りの世代では もっと読む
2018-12-04 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第1号12月 4日) 人口動態に関する悉皆調査である国勢調査に基づき、平成22年と平成27年の人口増減と平成17年と平成22年の人口増減を比較すると、当市の人口減少の大きな要因である15歳から24歳までの若年世代の流出は大幅に減少し、また働き盛りの35歳から44歳までの世代では流出が流入に転じるなど、ほぼ全ての世代ではっきりとした改善が見られています。   もっと読む
2018-09-26 三条市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月26日)経済建設分科会 ○(横山一雄分科員) 決算書171ページ、070三世代同居推進リフォーム資金利子補給金の98万幾らについてでありますが、この件数は16世帯でなかったかなと思うんですが、実際3世代の同居世帯が市全体で何十世帯あるか、何百世帯あるかということは建築課で把握されているんでしょうか。どのぐらいなんでしょうか。 ○(渡辺建築課長) 申しわけありません。 もっと読む
2018-09-25 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 そうした中、国、県がやるまでは住民と直接向き合う行政が責任を持って子育て世代の声に応えようと、3年前は10の市町村が全ての子どもを高校卒業まで無料化とされていました。さらに、この3年間で県内30市町村のうち21市町村、2倍以上の市町村で全ての子どもに対し高校卒業まで子ども医療費無料化実施に発展しましたが、見附市は残念ながら中学卒業までにとどまっています。 もっと読む
2018-09-25 三条市議会 平成30年決算審査特別委員会( 9月25日)市民福祉分科会 ○(山村地域経営課長) 当初の目的は、御存じのとおりでございまして、高齢者や子育て世代など買い物弱者への対策という部分が強かったところでございますし、私どもが商店街を所管しておりますので、商店街振興に役立てることもその一つとして今まで取り組んできたところでございます。 もっと読む
2018-09-21 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月21日−委員長報告、討論、採決−03号 続きまして、認定第1号、平成29年度一般会計決算につきまして、伊藤市長3期目、第2次五泉市総合計画の初年度である平成29年度決算は、基礎的財政収支、プライマリーバランスは4億9,771万1,000円の黒字で、公債費以外の歳出を市債以外の歳入で賄っており、将来の世代に負担を先送りしていない健全な状態であると評価できますが、実質単年度収支が7,536万9,000円の赤字と厳しい財政運営となっております。 もっと読む
2018-09-18 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第5号 9月18日) 医療体制の充実では、患者の遺伝情報に基づいたがんゲノム医療を進め、またAYA世代のがん診療体制の整備を促進する。  また、高齢患者のがん治療についても、診療ガイドラインを策定するとしています。  共生については、ふえている働くがん患者への支援へ、3年以内に治療と仕事両立プラン(仮称)を策定するとともに、がんになっても住みなれた地域で生活できるよう緩和ケアも推進するとしています。   もっと読む
2018-09-18 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号 ②、世代に応じた住み替えを支援します、ア、住宅取得補助事業についてですが、新築住宅取得事業は47件、中古住宅取得事業は20件の申請があり、このうち平成29年度中に住宅の取得を終えたものについて、新築住宅は29件、中古住宅は16件に対して補助金を交付いたしました。    もっと読む
2018-09-14 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第4号 9月14日) また、記者会見や公の会合などでは、さまざまな世代、立場の方々から御意見を聞き、相談している、こう発言しておられます。  そこで、お伺いいたします。6月定例会から3カ月たちました。 もっと読む
2018-09-13 見附市議会 平成30年 総務文教委員会-09月13日−03号 ◆関三郎委員 世間の報道を聞きますと、確かに世代も変われば目的意識も変わる。世間で一番報道されているのが、労働に見合う対価がないのではないかと言われていますけれども、その辺はどうお感じですか。 もっと読む
2018-09-13 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日) しかも、種子ビジネスを行う企業としては、莫大な開発費を回収する必要から、F1種という1世代に限って作物ができる品種を販売することになります。農家は、自家採取できないため、毎年企業から種子を買わなければならなくなります。  種子ビジネスに乗り出してきているのは化学企業が中心ですから、農薬と化学肥料もセットで売り、契約によってつくり方も指定されます。 もっと読む
2018-09-12 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第2号 9月12日) これまでも議会で答弁申し上げてまいりましたとおり、人口動態に関する唯一の悉皆調査でもございます国勢調査に基づきまして、平成22年から平成27年の人口増減と平成17年から平成22年の人口増減を比較いたしますと、ほぼ全ての世代層におきまして人口動態が改善するという結果が示されております。   もっと読む
2018-09-12 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月12日−一般質問−03号 次に、除雪事業の現状把握と分析等についてですが、市としましては除雪機械を保有しているだけで維持固定費がかかっていることや当市の委託業者における除雪オペレーターの53%が50歳以上となっており、20歳代が5%、30歳代が15%と若い世代のオペレーターが不足していることは認識しております。 もっと読む
2018-09-11 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月11日−一般質問−02号 まず、最初の質問ですが、平成22年度より開始された高齢者運転免許返納支援制度で平成29年度までに850名の方が返納されておられ、今後も団塊世代を頂点とする高齢者が年々増加傾向となると予測されます。直近の平成29年度は134名の運転免許返納があったと聞いています。 もっと読む
2018-09-03 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 また、年代別で見ますと若い世代ほど受診率が低く、年齢が高くなるにつれ率が高くなる傾向にあります。本市といたしましては、若年層の受診が定着することを目的に、これまで40歳から44歳並びに50歳から54歳の受診者の負担を無料にし、対象者の皆様がより受診しやすいように努めてまいりました。 もっと読む
2018-07-03 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第6号 7月 3日) 支払いの平準化、世代間の負担の公平は当然のことですが、今でさえ後世に負担を強いる負債の先送り状態です。  親の負の遺産は相続放棄ができますが、自治体の負の遺産は将来世代には逃げようがありません。少子化対策を声高に言うなら、将来世代が安心して生活できる未来のために借金を残してはなりません。  著しい世代間の不公平は、財政的児童虐待と言われます。 もっと読む