8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

胎内市議会 2021-06-29 06月29日-04号

これは、行政不服審査施行の一部改正により、本条例規定する審査申出に関する手続について、審査申出書及び口述書押印等を廃止するものであり、主な質疑は、これまでの審査申出件数及び内容などであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定しました。  次に、議第59号 胎内市職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例であります。

新発田市議会 2021-06-15 令和 3年 6月15日総務常任委員会−06月15日-01号

条例の一部に行政不服審査施行を根拠とする条文があり、同施行令押印等見直しに係る改正などに伴い所要改正をしたいというものであります。  説明は以上であります。 ○委員長小林誠) 担当書記長説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ある委員の発言を求めます。質疑ありませんか。           

新発田市議会 2021-06-04 令和 3年 6月定例会−06月04日-01号

押印等見直しに係る行政不服審査施行改正等に伴い、所要改正をしたいというものであります。  議第12号議案は、公の施設区域外設置及び利用に関する協議についてであります。阿賀野市が当市の公共下水道施設下水道を接続し、阿賀野市住民が当市の下水道施設を利用することについて阿賀野市協議を行うため、地方自治法規定により議会の議決を得たいというものであります。  

胎内市議会 2016-03-17 03月17日-05号

これは、行政不服審査法の全部改正により、審査請求人等審査請求審理を行う者に対して提出された書類等写し交付を求めることができる旨が定められたことから、行政不服審査施行規定に倣い、その手数料金額及び減免について規定し、あわせてマイナンバー制度施行に伴い、住民基本台帳カード交付が昨年12月をもって終了したことから、同カード交付に関する手数料の免除に係る規定を廃止するものであり、全員異議

十日町市議会 2016-03-02 03月02日-議案説明、質疑-01号

今回の改正は、行政不服審査法改正及び行政不服審査施行の制定に伴う改正でございます。主な改正点が3点ございます。1点目は、条例要旨の表の上から2段目、第4条関係でございますが、審査申出書に必要な記載事項規定するほか引用規定を改めるものでございます。2点目は、条例要旨の次の段、第6条関係でございますが、電子情報処理組織を使用した弁明を可能とする規定を追加するものでございます。

五泉市議会 2016-02-25 02月25日-一般質問、議案質疑-03号

このたびの改正は、行政不服審査法及び行政不服審査施行等が改正されることに伴う改正であります。(183頁に訂正あり)  改正内容について申し上げます。第4条は、審査の申し出について規定整備及び引用法令を改めるものであります。  第6条は、書面審理について、また第11条では、決定書の作成について、それぞれ規定整備を行うものであります。  

胎内市議会 2016-02-23 02月23日-01号

次に、議第32号 胎内市手数料条例の一部を改正する条例についてでありますが、これは、行政不服審査法の全部改正により、審査請求人等は、審査請求の受理を行う者に対し、提出された書類等写し交付を求めることができる旨が定められたことから、行政不服審査施行規定に倣い、その手数料金額及び減免について規定するものであります。  

  • 1