3327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会本会議−09月24日-04号

 議案第104号 財産の取得について(左岸バイパス北延伸道路整備事業用地)               ……………………………………………………………………76 日程第8 議案第107号 決算の認定について(平成30年度一般会計特別会計)…77 日程第9………………………………………………………………………………………………79  議案第108号 剰余金の処分及び決算の認定について(平成30年度下水道事業会計

長岡市議会 2019-09-11 令和 元年 9月建設委員会−09月11日-01号

成田中心市街地整備室長 野口土木部長   相田都市計画課長    安藤交通政策課長   小見都市開発課長    川合住宅施設課長   高橋公園緑地課長    高頭まちなか政策担当課長   清田まちなか      松尾まちなか学び・     整備担当課長      交流施設担当課長   谷畑土木政策調整課長  吉野用地課長   中川道路管理課長    石黒道路建設課長   入澤河川港湾課長    西野下水道課長

三条市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会(第2号 9月 5日)

定例会に提案した補正予算案の補正後の今年度末における市債の残高は、一般会計で約730億6,000万円、一般会計農業集落排水事業及び公共下水道事業の2つの特別会計を合わせた残高は約942億1,000万円となります。市民1人当たりの残高負担額につきましては約96万6,000円になるものと見込んでいるところでございます。

長岡市議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会本会議−09月05日-03号

号 公益財団法人長岡市スポーツ協会の経営状況について  報告第20号 公益財団法人山の暮らし再生機構の経営状況について  報告第21号 株式会社山古志観光開発公社の経営状況について  報告第22号 株式会社えちご川口農業振興公社の経営状況について  報告第23号 一般財団法人長岡花火財団の経営状況について  報告第24号 継続費精算報告について(一般会計)  報告第25号 継続費精算報告について(下水道事業会計

長岡市議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会本会議-09月03日-01号

3 日程第2 会期の決定について………………………………………………………………………3 日程第3 市長提出議案等に関する説明……………………………………………………………3 日程第4……………………………………………(質疑)…………………………………………5  議案第107号 決算の認定について(平成30年度一般会計特別会計)  議案第108号 剰余金の処分及び決算の認定について(平成30年度下水道事業会計

柏崎市議会 2019-08-06 令和元年 8月随時会議(第16回会議 8月 6日)

事務局長(宮崎 勝利)  1 市長の報告  ・ 専決処分報告について(自動車事故による和解及び損害賠償額の決定について)  ・ 専決処分報告について(災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例)  2 監査委員の報告  現金出納検査結果報告  ・ 令和元(2019)年6月分 一般会計特別会計基金及び歳入歳出外現金  ・ 令和元(2019)年6月分 水道事業会計工業用水道事業会計及び下水道事業会計

長岡市議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−07月24日-01号

茂田井都市整備部長     野口土木部長        大野財政課長        川上危機管理防災担当課長        桜井原子力安全対策担当課長 上村地域振興戦略担当課長        相田都市計画課長      安藤交通政策課長        小見都市開発課長      谷畑土木政策調整課長        中川道路管理課長      石黒道路建設課長        入澤河川港湾課長      西野下水道課長

長岡市議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日克雪・危機管理・防災対策特別委員会-07月24日-01号

桜井原子力安全対策担当課長 上村地域振興戦略担当課長        川合市民協働課長      青木福祉総務課長        宮島環境政策課長      波形農水産政策課長        諸橋農林整備課長      安藤交通政策課長        川合住宅施設課長      谷畑土木政策調整課長        中川道路管理課長      石黒道路建設課長        入澤河川港湾課長      西野下水道課長

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会本会議−07月03日-06号

      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    技監        新 階 寛 恭      都市政策部長    柳 田 芳 広    建築部長      鈴 木 芳 典      土木部長      吉 田 和 弘    下水道部長

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日環境建設常任委員会-06月26日-01号

     経営企画課   ・水道局  2 委員間討議について 〇環境建設常任委員協議会  1 報告   ・令和2年度国の施策・予算に対する提案・要望について(土木部,下水道部)   ・下水道施設の改築事業の見通しと今後の進め方について(日本下水道事業団への一部委託について)(下水道計画課)   ・浄水汚泥の処分状況および賠償金収入について(水道局) 〇出席委員  (委 員 長) 佐 藤 

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日総務常任委員会−06月26日-01号

1ページ,報告一覧表,報告番号下─1から下─3までは,下水道事業会計における3億円以上の案件です。また,下─1については,WTO案件です。  初めに,3ページ,報告番号下─1,中部処理区合流改善調整池築造工事契約金額26億1,360万円,契約の相手方はフジタ・水倉・国土・永光特定共同企業体,履行期限が令和3年3月15日まで,落札額24億2,000万円,落札率91.97%です。

長岡市議会 2019-06-26 令和 元年 6月建設委員会−06月26日-01号

武士契約検査課長   相田都市計画課長   安藤交通政策課長    小見都市開発課長   川合住宅施設課長    高橋公園緑地課長   高頭まちなか      清田まちなか     政策担当課長      整備担当課長   松尾まちなか学び・   谷畑土木政策     交流施設担当課長     調整課長   吉野用地課長補佐    中川道路管理課長   石黒道路建設課長    入澤河川港湾課長   西野下水道課長

三条市議会 2019-06-25 令和元年経済建設常任委員協議会( 6月25日)

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*―― (1)公共下水道及び農業集落排水施設の接続について ○(山田富義委員長) 公共下水道及び農業集落排水施設の接続についてを議題といたします。  説明をお願いいたします。 ○(藤澤上下水道課長) 公共下水道及び農業集落排水施設の接続につきまして御報告申し上げます。  

新発田市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日経済建設常任委員会−06月24日-01号

○委員長(水野善栄) 新井下水道課長。 ◎下水道課長新井田功) それでは、下水道課所管分についてご説明をいたします。  初めに、歳出についてご説明申し上げます。36、37ページをお開き願います。説明欄2つ目の丸印、下水道対策推進事業は、4月の人事異動に伴い職員給与費の調整に伴う財源更正から不足する分を新発田市下水道事業会計補助するものであります。  歳出は以上であり、歳入はございません。  

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    技監        新 階 寛 恭      都市政策部長    柳 田 芳 広    建築部長      鈴 木 芳 典      土木部長      吉 田 和 弘    下水道部長

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    技監        新 階 寛 恭      都市政策部長    柳 田 芳 広    建築部長      鈴 木 芳 典      土木部長      吉 田 和 弘    下水道部長

柏崎市議会 2019-06-20 令和元年総務常任委員会( 6月20日)

将来、平成33年度を目途にした、し尿処理場整備実施ですね、新たに自然環境浄化センターの敷地内に下水道投入施設を新設し、汚泥処理系に投入するという整備方針があります。平成33年度から共用するわけですけど、この改修で、それまでの間は延命できると、もうお金かからないという判断でよろしいでしょうか。 ○委員長(相澤 宗一)  環境課長

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

まちづくりの方向性として,コンパクトシティの重要性が指摘されていますが,例えば,下水道整備の完了した地域で空き家がふえていけば,これまで整備した施設が無駄になり,当然,下水道使用収入も減ることになります。これまで社会的にも大きな問題となってきた空き家対策に新しい動きが広がりつつあるのではないか。