39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

柏崎市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会議(第17回会議 9月12日)

また、上越教育大学と連携をしまして、情報教育を専攻している学生や、担当教授から授業支援をしていただく計画を今後、具体的に進めていくこととしております。  さらに、プログラミン教育の充実を図る上で必要な企業との連携についても、他の自治体の取り組み、動向などを参考としながら、このことも検討を進めてまいりたいというふうに考えております。  

長岡市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会本会議−09月04日-01号

また、将来通級指導を担うことができる特別支援教育免許状取得者をふやすために、これまで新潟大学上越教育大学で行われていた免許状認定講習会を長岡で開催することを県に要望いたしました。今年度は長岡市教育センターで行われ、多くの教員が受講いたしました。今後も研修機会の確保や制度の拡充に向けた働きかけなどを行っていきたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(丸山勝総君) 藤井達徳議員。   

妙高市議会 2018-03-06 平成30年  3月定例会(第3回)-03月06日−一般質問−02号

指導方法等の工夫につきましては、今までの道徳的価値を単に学ばせる学習だけでなく、みずから考え、議論する道徳への転換が必要とされていることから、市内の教職員組織している妙高市教育研究会が昨年8月22日に夏の一斉研修会として上越教育大学早川教授を招き、道徳教科化をテーマとした講演会で、教科化に至った背景や授業づくりの理解を深めております。

妙高市議会 2017-12-05 平成29年 12月定例会(第7回)-12月05日−一般質問−02号

ただ、前の濁川教育長さんあるいは上越教育大学の五百川先生が発刊しました図鑑、非常に立派な図鑑がありますので、そういったものと照らし合わせるとともに、特に国立公園内でおいて開発等の事業を行う場合には必ず環境庁のほうから調査、動植物の調査というのがありますので、その辺をもとに今現状の把握しているところであります。    

柏崎市議会 2017-06-08 平成29年 6月定例会議(第16回会議 6月 8日)

この上越市の例では、民間業者の1社を中心に、上越市上越教育大学ほか7団体が共同で進めていき、事務所の利用企業などから、移住で4名、出張で20名ほどが仕事の場を上越の高田の商店街の中に移すということになっています。  このサテライトオフィスのもう一つのメリットは、空き家、遊休施設を活用することで、維持管理にかかわる費用の節約が期待されることであるというふうに言っております。  

妙高市議会 2017-03-13 平成29年  3月定例会(第3回)-03月13日−議案質疑、委員会付託−05号

今回タブレットを導入するに当たりましても各学校今十分にお使いできる先生方というのはそれほど多くではないんではないかというふうな考え方を持っておりまして、まず1学期末までぐらいにですね、タブレットを配置したいと思っておりますが、夏休みの期間を利用しまして、主に上越教育大学の先生のほうからお招きしてですね、講習会を教員の方にやりたいと思っています。

妙高市議会 2016-09-13 平成28年  9月定例会(第5回)-09月13日−議案質疑、委員会付託−05号

そしてまたですね、アール・ブリュットという点では作品づくりというばかりではなくて、心のままのアート展のときはですね、上越教育大学の今教授になりました上野さんが合唱でもって御参加したということで、そういったね、ジャンルを問わずいろんな活動をともにする。できればそういった表現活動というか、そういうものを取り入れていったらいいなというふうに思っております。

妙高市議会 2016-09-06 平成28年  9月定例会(第5回)-09月06日−一般質問−02号

身近に外国の方と交流できる機会がふえることは、子供たちにとっても有意義なことであると考えますので、御提案のありましたオーストラリア人のスキー客あるいは上越教育大学留学生との交流等につきまして、今後学校と検討していきたいと考えております。 ○議長(関根正明) 2番目については、入村市長。                    

妙高市議会 2014-06-12 平成26年  6月定例会(第3回)-06月12日−一般質問−02号

教育委員会では、ネットいじめ等を防止する意味から、当市の子供たちの実態を明らかにするために、校長会と上越教育大学と連携し、現在メディアに関するアンケートを実施しているところであり、今月末には集計結果をまとめたいと考えております。    次に、2点目についてお答えいたします。

妙高市議会 2014-03-12 平成26年  3月定例会(第2回)-03月12日−議案質疑−04号

健康保険課長(笠原陽一) 26年度は、ウオーキングとラジオ体操を重点的に進めるということもございまして、上越教育大学の先生と学生さんから来ていただきまして、市民ウオーキング講演会を開催したいというような予定でございます。 ○議長(佐藤光雄) 横尾祐子議員。 ◆4番(横尾祐子) はい、わかりました。    続きまして、食育推進事業についてお伺いいたします。

妙高市議会 2014-03-11 平成26年  3月定例会(第2回)-03月11日−議案説明、質疑、討論、採決−03号

◎企画政策課長(松岡由三) いろいろですね、案件によってですね、役割分担というのは一応変わってくるのかなというような考えを持っておりますし、民間といってもですね、昨年ですか、連携協定を結んだ上越教育大学だとか県立大学ですか、そちらについてはですね、総合健康都市の関係でですね、連携を今後もしていくということで、私どもとしてはですね、調査のフィールドですか、この妙高を使ってもらって調査を行ってもらうという

妙高市議会 2013-03-12 平成25年  3月定例会(第1回)-03月12日−議案説明、質疑、委員会付託−05号

特に教育長上越教育大学からのもういろんなことを経験なされているし、すごくある意味いろんな面について私は教えられる部分があります。その中でですね、やはりここは独自のいいものを、道徳心、そしてやっぱり目的意識を持つもの、いい環境を備えたものをですね、いかにつなげてこういうものを防いで、そして子供たちの教育につなげていくかということをですね、ぜひ教育長からですね、お聞きしたいと思っております。

妙高市議会 2012-09-12 平成24年  9月定例会(第3回)-09月12日−議案説明、質疑−04号

東京芸術大学上越教育大学等のですね、トップクラスの講師陣の指導のもと、妙高の大自然を描く絵画教室ということで、5分野のコースを設けて教室を開いている状況でございます。その5分野につきましては、日本画、油彩画、それから水彩画、デッサン、スケッチ、それと子供部門という5コースに分けて現在やっております。

柏崎市議会 2012-03-16 平成24年文教経済常任委員会( 3月16日)

後段のほうでおっしゃった、「独立行政法人国立精神神経医療研究センターでの実地研修を行いながら、新たなスクリーニング検査」という部分なんですけれども、今までも、担当されている職員の皆さんが大いに研鑚をされたりとか、あるいは専門機関、昔ですと、上越教育大学とか、専門の先生方の御指導をいただきながら、この事業を進めてきたというのは承知しているんですが、今回、こういった検査の導入を図ることになったのは、今までのやり

妙高市議会 2011-12-07 平成23年 12月定例会(第5回)-12月07日−一般質問−02号

当市における大学との連携事業につきましては、妙高夏の芸術学校やフレンドスクールなどにおいて東京藝術大学上越教育大学との取り組みを進めているところであります。御提案の知の蓄積等による地域づくり事業につきましては、大学自治体地域住民が連携して行う地域興し活動について、学生の継続的な取り組みと大学の単位をとれる仕組みを構築するため、国のモデル事業として平成24年度から取り組むものと聞いております。

  • 1
  • 2