12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

柏崎市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会議(第28回会議12月 8日)

本年7月、朝日新聞橋大学と共同で、全国の47都道府県と1,741市区町村を対象に実施した、再生可能エネルギー導入状況等の調査によりますと、31の自治体が、発電事業と企業個人を対象に、電力を小売する新電力事業を、既に開始をしております。また、86の自治体電力市場への参入を検討しているという結果が出ました。  

柏崎市議会 2012-03-07 平成24年第1回定例会(第6日目 3月 7日)

つまり、全国水準の文科系で比較しますと、京都大学法学部橋大学法学部ベルだそうです。  そうしますとですね、どういうことになるかいうと、今申し上げたように、就職、市長おっしゃいました就職も、非常に水準が高い。日本代表するような大企業が名前を連ねて、もちろん100%、完璧な就職です。  中嶋さんという学長さんのコメントが出ておりました。これは、これからは大学はブランドではない。

柏崎市議会 2011-09-09 平成23年第5回定例会(第3日目 9月 9日)

これは、関東大震災の際に、当時の東京商大、現在の橋大学になるわけでありますが、当時、福田徳三郎さんという方が提唱した考え方であります。それは、道路や建物の復興は手段にすぎず、最も重要なことは、人々の生活、特に住宅、なりわい、つまり生業です、雇用復興であり、人間らしい生活の復興こそ優先すべきと強調されておりました。

新潟市議会 2007-09-20 平成19年 9月20日市民厚生常任委員会-09月20日-01号

委員構成としては,委員長に子どもの権利条約の分野で子供向けの書籍を発行したり,世界じゅうの子供たちの権利保障することを目的としてジュネーブに本部を置きますNGO団体日本部長であり,橋大学名誉教授であります福田雅章さん,副委員長には人権教育・啓発推進計画策定委員会の委員長であります新潟大学法科大学院教授である山崎公士さんを初め,部会案を作成してくださいました子どもの権利条例部会の部会長で,

柏崎市議会 2005-06-24 平成17年文教経済常任委員会( 6月24日)

私ども、工業高校の復権活動、これをぜひやりたいというふうに思っていまして、ときどき柏崎に訪問していただきます橋大学の関教授、この方がこのことを口をすっぱく私どもには御教授いただきまして、東北地方は米沢だけでなくて、ほかの工業高校の取り組み等もいろいろ教えていただいております。  

柏崎市議会 2004-01-11 平成16年第7回定例会(第5日目 1月11日)

次に、製造業の若手後継者を中心としたセミナー、ものづくり・フロンティア塾は、橋大学大学院の関教授を塾頭に、平成15年度から実施をし、今年度は6回シリーズで実施したところであります。関教授からは、「柏崎の工業界は、後継者が多く帰ってきている。全国的には珍しく、期待が持てる地域だ」とのコメントをいただき、心強く感じているところであります。  

柏崎市議会 2002-03-12 平成14年文教経済常任委員会( 3月12日)

大学ゼミ地元産業界への提言交流会負担金20万円は、地元産業大学と、橋大学関先生の、学生ゼミ開催の負担金であります。  産業フェア事業50万円は、市民プラザで6月に環境フェアとタイアップをいたしまして、中小企業の自社製品開発や新分野進出の機運を高め、新規取引のための対策を推進していこうというものでございまして、昨年は27企業団体が出展がございました。  

十日町市議会 1984-06-20 06月20日-市政に対する一般質問-03号

私の住んでいる下条でも棚田の草刈り隊とか、そんな人が来てくれていますし、きょうのたまたま新潟日報では小千谷の若栃に橋大学の学生さんが入ってやっているという、そんなのがありましたので、そういう動きを通しながら、ぜひ十日町から地方自治の新しい流れが始まったと、そういうような意気込みを含めて市長の政治力というか、指導力に期待をしております。  

  • 1