11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長岡市議会 2016-09-27 平成28年 9月定例会本会議−09月27日-04号

平成28年9月27日                        長岡市議会議長  関   正 史 1 総務委員会行政視察  (1) 派遣場所及び目的    姫路市 クレジットカード納税に関する調査    伊勢市 シティプロモーションに関する調査    一宮 デジタル役所に関する調査  (2) 派遣期間    平成28年11月14日から同月16日まで(3日間)  (3) 派遣議員    高見美加

三条市議会 2014-09-10 平成26年市民福祉常任委員会( 9月10日)

次に、高齢者福祉に関する件につきましては、愛知県一宮におきまして、高齢者福祉と生きがいづくりについて調査いたします。調査内容といたしましては、元気な高齢者の生きがいづくりのために就労の場を確保し、認知症高齢者ケアとして徘徊高齢者家族支援サービス事業などを行っておりますので、その内容について調査するものでございます。また、成年後見制度についてもあわせて調査するものでございます。  

長岡市議会 2014-02-25 平成26年 2月25日議会活性化特別委員会-02月25日-01号

26番の一宮が40人で、その次に38人の長岡市という状況になっております。資料№3につきましては、県内20市の中では2番目というような状況になっております。 ◆杵渕俊久 委員  私は、今の定数ということに関して言わせてもらえば、ちょうどいいんじゃないかなと、こんなふうに思っております。当初旧長岡のときは33人だったわけですね。それが平成合併で定数特例で38人になったわけです。

三条市議会 2012-09-13 平成24年市民福祉常任委員会( 9月13日)

次に、救命救急センターに関する件といたしましては、愛知県一宮にお伺いし、一宮市市民病院救命救急センターについて調査いたします。調査内容といたしましては、公設公営とした場合のメリット、デメリットを初め、周辺市町村との連携、協力体制などについて調査するものでございます。  最後に、高齢者福祉に関する件といたしましては、静岡県富士宮市にお伺いし、高齢者福祉の取り組みについて調査いたします。

長岡市議会 2011-09-28 平成23年 9月定例会本会議−09月28日-05号

        高知市:いきいき・かみかみ百歳体操に関する調査  (2) 派遣期間 平成23年10月18日から10月20日まで(3日間)  (3) 派遣議員 丸山広司、中村耕一、藤井盛光、木島祥司         山田省吾、佐藤伸広、桑原 望、松井一男         高野正義(9人) 4 産業市民委員会行政視察  (1) 派遣場所 新城市:市・JA・農林業公社のワンフロアー化に関する調査    及び目的 一宮

三条市議会 2011-09-14 平成23年経済建設常任委員会( 9月14日)

まず、内水対策に関する件につきましては、愛知県一宮におきまして、一宮総合治水計画について視察を行うものであります。  一宮は、平成12年の豪雨により被害を受け、それを機に治水対策を進めてきており、その中で流域対策として小中学校のグラウンドや公園を利用した雨水貯留施設の整備を行っております。また、雨水貯留施設設置に対する補助などを行って、内水対策を進めているものであります。  

新発田市議会 2006-03-28 平成18年 3月定例会-03月28日-06号

〔62番 長谷川 晃議員登壇〕 ◎62番(長谷川晃議員) 今年度の議会運営委員会では継続審査として、合併に伴う在任特例で議員定数の暫定増による議会運営のあり方を調査するため、参考都市としまして17年10月8、9、10の3日間にわたり、三重県四日市市愛知県一宮岐阜県各務原市を訪ねて調査をしてまいりましたので、そのご報告をいたします。  初めに、四日市市を訪れました。

新発田市議会 2005-12-08 平成17年12月定例会−12月08日-02号

横浜市名古屋市豊田市一宮等々、各自治体でも取り組んでいるようです。特に横浜市においては広報紙、また広報印刷物、各種封筒、公共施設、ホームページ、公用車の広告つきホイルカバーなどなどのさまざまな資産を広告媒体として活用しながら新たな財源を確保し、市民サービスの向上及び地域経済の活性化を図るために取り組んでいるようです。

十日町市議会 1988-09-15 09月15日-市政に対する一般質問-05号

愛知県一宮でことし4月から18歳未満を対象に均等割を3割減免をしました。紹介いたしますと、一宮人口が約38万人弱です。子育て世帯の負担を軽減するため18歳未満の被保険者を対象に均等割の医療給付分と後期高齢者支援分の合計3万1,200円を3割減免をして2万1,840円としました。対象者数は1万3,633人で、うち新規減免対象者数は7,421人、減免額が6,946万560円です。

  • 1