運営者 Bitlet 姉妹サービス
851件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 長岡市議会 平成31年 3月定例会本会議-03月04日-02号 風疹は、事前のワクチン接種によって防げる病気です。したがって、風疹感染の拡大を防ぐには、この世代への対策が喫緊の課題となっています。   もっと読む
2018-12-13 長岡市議会 平成30年12月定例会本会議−12月13日-02号 例えばどういう講座、催し物があるかとか、三種混合のワクチンの接種について自分の子どもはいつどういうふうになるのかとか、そういったものを的確に、情報が欲しいという部分、そういったものが市民の方それぞれの立場、年齢も含めていろんな立場によっていろいろ多岐にわたっている。それを的確に伝えると。 もっと読む
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) 首都圏などで感染の拡大が続く風疹について、厚生労働省は先月29日定期予防接種の機会がなかった39から56歳の男性に重点的に抗体検査やワクチン接種をする方針を決めたそうです。  質問いたします。風疹の予防接種について、現在どのような実施内容になっているのでしょうか。また、予防接種についての周知はどのようにしているのか、お尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-18 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号 サ、高齢者肺炎球菌ワクチンの接種も継続事業として肺炎予防と重篤化の抑制のための定期接種として、高齢者に5歳間隔で接種を進めました。   5ページをお願いいたします。シ、国民健康保険では、年間平均の世帯数及び被保険者数はそれぞれ前年度より193世帯減の5,058世帯、429人減の8,326人となっています。 もっと読む
2018-09-11 長岡市議会 平成30年 9月文教福祉委員会−09月11日-01号 子宮頸がんは、性交渉によるヒトパピローマウイルスの感染から引き起こされるがんなのですが、予防にはワクチンの接種が有効だということで、オーストラリアやアメリカ、デンマーク、イギリスなど、各国で子宮頸がん予防のワクチンが導入されています。日本でも女子中高生のお子さんを持つお母さんたちで、セクシャルデビューの前に子どもにワクチンを受けさせるかどうか悩んでいる方が多いとも聞いています。 もっと読む
2018-06-25 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第5号 6月25日) 輸入感染を防ぐには、ワクチン接種で免疫を持った人たちをふやすしかないと考えます。そこで、まず誰もが自分自身のことと捉えてもらう必要があります。その上でワクチン接種の記録が1歳以上2回あるかどうかを母子手帳で確認してほしいということであります。過去にはしかにかかったことがあれば免疫があるので、問題はありませんが、ワクチン1回のみの人は2回受けてほしいとしております。   もっと読む
2018-06-22 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第4号 6月22日) この5年間に、ワクチン接種の不安を後押ししてきた日本の一部の医師が提唱している仮説を載せた論文を、イギリスの科学誌は不適切と判断して撤回しました。一方、ワクチンの有効性に関する研究報告はふえてきています。  厚生労働省は、十分な説明を行うパンフレットを作成し、そこには「HPVワクチンは、積極的におすすめすることを一時的にやめています」と一文を加えています。 もっと読む
2018-03-22 柏崎市議会 平成30年 2月定例会議(第 7回会議 3月22日) 肺炎球菌ワクチン接種について、国は今回の効果を見て、今後の支援を決めると認識しているが、その背景は何か。高齢者以外への対応はどうなっているか。  健康増進事業について。データヘルス計画から見えてくる課題に対して総合的な取り組み、対策となっているか。柏崎市第2次健康増進計画、「健康みらい柏崎21」の2年目の総括と今後の課題について。 もっと読む
2018-03-19 長岡市議会 平成30年 3月文教福祉委員会−03月19日-01号 しかしながら、ワクチンの効果が定期予防接種ワクチンと比べて低いことですとか流行を阻止することができなかったなどの理由がありまして、平成6年度からは自己負担による任意の予防接種となっております。こうした経過がございますので、市としましては慎重に対応しているところでございまして、今後も国の動向を注視してまいりたいというふうに考えております。 ◆加藤尚登 委員  了解をいたしました。 もっと読む
2018-03-19 三条市議会 平成30年総務文教常任委員会( 3月19日) 2目予防費、事業番号030予防接種事業費1億9,217万円は、予防接種個別接種委託料等であり、四種、二種混合、ポリオ、BCG、麻しん風しん混合、日本脳炎、小児用肺炎球菌、ヒブ、子宮頸がんワクチン、水痘及びB型肝炎に係る予防接種委託料等でございます。   もっと読む
2018-03-16 柏崎市議会 平成30年文教厚生常任委員会( 3月16日) ○委員(矢部 忠夫)  それから、その次に肺炎球菌ワクチンの話なんですけども、これは65歳以上になったら1回やればいいということなのだと思うんですよね。 もっと読む
2018-03-15 見附市議会 平成30年 予算特別委員会-03月15日−02号 ◆重信元子委員 139ページの4款1項3目予防費の子どもの感染症予防事業の分なのですけれども、子宮頸がんワクチンについての対応は去年と同様の対応であるのかということが1つです。まずお願いします。 ◎長谷川仁教育委員会事務局こども課長 お答えをいたします。   以前にもそのような質問をいただいてお答えをしたと思いますが、今現在も積極的な勧奨は行っていないということでございます。   以上です。 もっと読む
2018-03-12 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 3月12日) 2目予防費、事業番号010予防接種事業費7,031万2,000円は、主に65歳以上の高齢者等に対するインフルエンザ予防接種及び肺炎球菌ワクチン予防接種の委託料6,917万円でございます。  事業番号020結核予防費768万7,000円は、主に結核検診等委託料767万8,000円でございます。  予算書の147ページをお願いいたします。資料は引き続き5ページをお願いします。 もっと読む
2018-03-12 阿賀町議会 平成30年  3月 予算審査特別委員会-03月12日−03号 肺炎球菌ワクチンの高齢者の予防接種につきましては、国では定期接種ということで65歳から5歳刻みの方を対象にしていて、コマーシャルでも今年度内に受けるようにということでやっているので、とても焦っている方もいらっしゃると思うんですけれども、阿賀町では任意接種で、町単で、それ以外の年齢の方で今まで受けたことのない方も対象にしてやっておりますので、もし今年度対象年齢だけ、定期接種の対象で受けていない方でも、 もっと読む
2018-03-12 見附市議会 平成30年 総務文教委員会-03月12日−01号 4款衛生費、1項3目予防費3,200万円の減額は、次ページ説明欄に記載のとおり、定期予防接種に要するワクチン等消耗品費1,550万円の減額とともに、予防接種委託料1,650万円の減額をお願いするものであります。 もっと読む
2018-03-08 阿賀町議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−03号 118ページの中段、予防費でありますが、予防接種2,903万3,000円につきましては、予防接種法に基づき予防接種を実施するものでありますが、任意接種の子どもインフルエンザワクチンの予防接種につきましては、助成対象年齢を中学卒業までに拡大するとともに、第3子以降は2回目の予防接種も対象といたします。  121ページ中段、環境衛生費であります。 もっと読む
2018-03-06 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月06日−議案説明、委員会付託−02号 増減の主な内容ですが、1項1目保健衛生費において、病院事業会計に対する繰出金の増及び2目保健事業費、24ページ、3目予防費、4目母子衛生費において、住民健診事業や子どもの感染予防事業でワクチン接種の経費、子どもの医療費助成事業等、それぞれの事業の年度末における事業実績見込みにより減額する補正が主なものでございます。    もっと読む
2018-02-26 五泉市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月26日−一般質問−02号 それと、もう一つですね、ややリアルな質問をいたしますけれども、今現在この五泉市にはですね、有名なワクチン会社、はっきりいいましょう。デンカさんがある。あるいはまた医療機器、ミズホさんがある。そして、そこへですね、やがて市役所の裏にですね、五泉中央病院がオープンされます。 もっと読む
2018-02-21 柏崎市議会 平成30年文教厚生常任委員会( 2月21日) ただ、昨年につきましては、日本脳炎の2期の予防接種が、もともと全国的に日本脳炎の予防ワクチンが不足したというふうな状態がございまして、受けたくても受けられないという方がいらっしゃったかと思います。   もっと読む
2017-12-20 胎内市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月20日−一般質問−03号 子供に対するインフルエンザの予防接種については、関係機関などによってその効果について賛否はあるものの、1歳以上6歳未満の幼児の場合、ワクチンの接種により約20%から30%の発症、発病を阻止する効果があるという研究結果もあり、感染後の重症化を予防する一定の効果はあるものと期待されています。 もっと読む