5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新発田市議会 2019-11-18 令和 元年11月18日経済建設常任委員会−11月18日-01号

◆委員(五十嵐良一) 3県7市町村で行っている観光圏なんですけれども、その中で大地の芸術祭とかスキー、リゾートマンション、地酒、温泉、八海山、魚沼産コシヒカリ等々それなりに知名度がある観光圏だなと。ただ、1つだけ感じたのは、湯沢町の一人勝ちという感じがしてならなかったのは小川委員と一緒かなと思いました。  

柏崎市議会 2018-10-01 平成30年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

御指摘のように石地の駐車場舗装になっている部分の出雲崎町側で若干あるということと、大きな部分は、尾町といいますか、旧石地フィッシングセンターの前にリゾートマンションみたいなのが建っておりますけれども、4階建て、5階建てぐらいですかね、あの裏手のほうに、もう舗装も何もされていない砂利のところがございます。そこを大分、大きな面積を借りておりまして、そこが大きなものであるということであります。  

妙高市議会 2014-03-11 03月11日-03号

これも一部倒壊してですね、いるので、危険であると、こういう点においてですね、長岡市においてはですね、その旅館東京不動産会社土地、建物を購入して会員制のリゾートマンションにして販売をしたということでありまして、所有者が218名の共有名義になっていると。その特定をですね、行い、もう地道にですね、一人一人に当たったと思うんですけども。

柏崎市議会 2007-03-06 平成19年第1回定例会(第6日目 3月 6日)

佐渡市では、空き家情報、実際に足を運んでもらうために、旅費を2万まで補助、山北町では、農村体験による田舎暮らし体験隊、阿賀町では、空き家情報田舎暮らし体験、小千谷市では、滞在型市民農園、湯沢町では、リゾートマンション生活体験、妙高市では、田畑オーナー制度、滞在型市民農園、出雲崎町では、定住者向け宅地分譲、県内いずれも本当に必死の作戦を展開しているのです。  

柏崎市議会 1993-12-09 平成 5年第7回定例会(第3日目12月 9日)

問題になったのは、いわゆる越後湯沢のリゾートマンションの大群であります。あれが全国的にも、いわゆる指弾を受けるほどの、辱めを受けるほどのリゾート開発の失敗事例として全国に喧伝されたと。そういった恥ずかしさから平成3年にこの新潟県要綱ができたというように、お役人はおっしゃりませんでしょうけれども、私はそのように考えていますし、また、ほかの方々もそのように考えております。

  • 1