運営者 Bitlet 姉妹サービス
1875件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 三条市議会 平成30年総務文教常任委員会(12月13日) 工法は従来からある工法なんですが、今まで不同沈下でなかなか厳しかったというのは、全体にブレースをかけるとその重さによる不同沈下のリスクがあるということでしたが、内部で検討した結果、弱い部分を間引きながら補強する場所を調整すれば、実際の支持ぐいの範囲内で耐える力が何とか出るんではないかという試算ができたことから、今回御上程申し上げたところでございます。 もっと読む
2018-10-03 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第6号10月 3日) 総合結論、開校した後の運営に極めてリスク要因が多く、撤退の判断が肝要という結論です。  公設民営、公設後、公立大学法人が運営ということは、建物を建てた後はほぼ丸投げにするということ。土地も建物も資金の目安がつけば具現化されるでしょう。実学系ものづくり大学の初年度80名の学生も奇手、妙手、奇策を使うことで実現できるでしょう。 もっと読む
2018-09-21 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月21日−委員長報告、討論、採決−03号 しかし、全国では情報の流出やトラブルの連続でリスクが大きく、国民は利便性や必要性は何も感じておりません。ですから、少しのふえ方にとどまっております。社会的にもリスクが大きいため、見合わすという動きが主流となっております。 もっと読む
2018-09-20 三条市議会 平成30年経済建設常任委員協議会( 9月20日) 雨水につきましては、議会でも答弁申し上げていますが、近年の集中豪雨の増加や計画規模を上回る豪雨の多発等により整備済み地区でも浸水被害が発生するなどリスクが増大しております。このことから、雨水整備水準、流出係数の見直しを図るとともに既存施設を最大限活用した雨水計画に見直し、浸水被害の軽減を目指そうとするものでございます。  4ページ目をごらんいただきたいと思います。 もっと読む
2018-09-20 三条市議会 平成30年経済建設常任委員会( 9月20日) ○(藤澤上下水道課長) ここの施設には3台ございますが、そのうち1台は電動駆動で、2台はディーゼル駆動で、リスク分散を図っているものでございます。 ○(佐藤和雄委員) リスクを抱えているならば、そういうやり方は一理あると思います。  それで、国の補助がおありということでありますけど、どのぐらいの割合でいただけるんでしょうか。 ○(藤澤上下水道課長) 50%でございます。 もっと読む
2018-09-18 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第5号 9月18日) 1日400から500人もの人の出入りがあるというこの庁舎において、その地震のリスクから耐震補強は必須だと考えますが、改めて耐震補強についての見解をお伺いします。  そしてまた、当面工事を行わないとするなら地震のリスクをどのように減らしていくのか、具体的な対策はどうとろうとしているのか伺います。   もっと読む
2018-09-13 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日) 近年の集中豪雨の増加や計画規模を上回る豪雨の多発で、整備済みの区域においても浸水被害が発生するなど被害リスクが増加していることから、現在雨水整備水準、流出係数の見直しを図るとともに、既存施設を最大限に活用した一層効率的、効果的な雨水計画に見直しを行い、今年度中に計画を策定する予定でございます。   もっと読む
2018-09-12 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月12日−一般質問−03号 当市におきましてもリスクの程度に応じて適切な相談支援ができる体制を構築するため、家庭児童相談員や保健師、担当職員の専門性に向けた研修等の取り組みを行い、体制強化に努めてまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-09-11 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月11日−一般質問−02号 ◆渋谷芳則議員 こういうふうに聞いていきますと、何か先ほどの先輩議員ではありませんけれども、あら探しをしているのではないかというふうな発言がありましたけれども、決してそのようなことを聞いているわけではありませんので、やはりきちっとリスク対応していただきたい、二度とこういった不祥事を起こしてほしくない、そういう願いを込めて私のほうでいろいろ話をさせていただいていますので、決してあら探しと思わないようにしていただきたいというふうに もっと読む
2018-09-03 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 特に7月中旬からは最高気温が35度前後の日が続き、熱中症リスクの高まりが懸念されました。市では、子供たちの事故防止のための適切な措置を講ずるよう各学校に通知して、十分な配慮を指示してきたところであります。    もっと読む
2018-07-12 三条市議会 平成30年総務文教常任委員協議会( 7月12日) (1)、児童虐待の発生防止といたしまして、妊娠期における医療機関との連携や医療受診訪問等を通じましたハイリスク妊婦への早期介入、それから家族や地域における育児協力者の調整、保育所等や福祉サービスの早期利用によります保護者の育児不安、負担の軽減を行っているところでございます。   もっと読む
2018-06-26 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−一般質問−02号 また、閉じこもりや鬱のリスクも確認されています。ひとり暮らし高齢者と高齢者のみの世帯が増加する中、孤独死などを予防するため、地域の見守りはますます重要となっております。 もっと読む
2018-06-25 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第5号 6月25日) また、警察庁では今年度中に市街地や郊外で子供や女性にとって犯罪リスクが高い場所の割り出しや分析を行い、防犯対策に生かす調査をする方針であるとしています。子供を守るための対策を幾重にも重ねることが重要と考えます。そこで、各学校の防犯教室の実施状況についてお伺いいたします。  以上で1回目の質問といたします。 ○副議長(岡田竜一君) 市長。    もっと読む
2018-06-22 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第4号 6月22日) ○12番(笹川信子君) これは繰り返しになりますが、受診勧奨を行う対象者が糖尿病性腎症のハイリスク者に特化されてしまいますと、本来早期治療につなげるための多くの糖尿病患者をフォローできない可能性があるのではないかと懸念します。いかがでしょうか、お尋ねいたします。 ○議長(阿部銀次郎君) 健康づくり課長。    もっと読む
2018-06-14 五泉市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月14日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 最近のドライブレコーダーには加速度センサーが搭載されているものもあり、急発進、急ブレーキを容易に検知することができますし、危険運転を自動検知し、可視化するということが運転者が危険運転を認識することにつながり、事故につながるリスクを減らすことができます。さらには、昨年6月、東名高速道路で起きたあおり運転による事故は記憶に新しく、許せない出来事でありました。 もっと読む
2018-06-12 見附市議会 平成30年 第2回(6月)定例会-06月12日−一般質問−02号 バス会社にとってはコスト負担とは別に労務管理や施設管理に係る負担やリスクが増加するとともに、収益増など基本的なメリットに結びつかない中、それでも市のまちづくりに欠かせない公共交通としてのコミュニティバスの重要性が理解されたものと思います。 もっと読む
2018-06-08 妙高市議会 平成30年  6月定例会(第4回)-06月08日−一般質問−03号 しかし、生産調整廃止後で今後水稲一辺倒では所得が米価に左右され、経営という観点からリスクもあります。妙高市が本気で農業を一つの産業として立て直すのであれば、県や農協に頼らず、妙高市独自で農業全般の技術指導ができる体制を整える必要があると思いますが、その考えをお聞かせください。    以上2項目3点について御答弁よろしくお願いいたします。                     もっと読む
2018-06-01 妙高市議会 平成30年  6月定例会(第4回)-06月01日−議案説明、質疑、委員会付託−01号 入札が不調となった主な要因は、設計単価が山岳地帯での施工リスクを加味した実勢価格と乖離していたためであり、再度入札するに当たり、積算について実勢単価の反映と諸経費の見直しを行ったほか、工期短縮につながる仕様の変更を行い、設計額が増額となるものであります。     もっと読む
2018-03-28 新発田市議会 平成30年 2月定例会−03月28日-05号 国や県は6次産業化を推進しているが、市が農業者に行ったアンケートによると、失敗したときのリスクが大きく、なかなか6次産業化への一歩が出せないとのことでありました。 もっと読む
2018-03-23 三条市議会 平成30年第 1回定例会(第7号 3月23日) その中で、定員割れのリスクや三条市単独で運営するリスクなど、また大学のカリキュラムの問題や大学施設内での設備の問題など、この議会の中でもさまざまな指摘がされましたが、他に類を見ないカリキュラムや実習、研修システムを持つ大学だと言われるのみで、腹に落ちる、納得のいく説明がありませんでした。 もっと読む