4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新発田市議会 2014-06-17 平成26年 6月定例会-06月17日-03号

例えば米国によるベトナム、レバノン、ニカラグア、グレナダへの侵略軍事介入、旧ソ連のハンガリー、チェコスロバキア、アフガニスタンへの侵略軍事介入イギリスヨルダン、イエメン介入フランスチャド介入などであります。集団的自衛権は、他国に攻め込むのが実態であります。それも大きい国、大国が中小国を攻め込むことを正当化するものではないかと思います。

長岡市議会 2011-12-07 平成23年12月定例会本会議-12月07日-02号

原子力協定の相手は、ヨルダン、ロシア、韓国、ベトナムの4カ国。反対討論で私ども日本共産党笠井亮議員は、福島第一原発事故の収束の見通しさえ立たず、世論調査でも65%が原発輸出に反対していると指摘し、4協定日本の大企業が積極的に原子力ビジネスを展開するための法的枠組みを整備するものです。

柏崎市議会 2009-03-09 平成21年第2回定例会(第5日目 3月 9日)

ヨルダンは203人、カザフスタンは354人、イギリス230人、フランスは337人、見ても、日本医師数は、世界の中でも少ないのが実態です。  OECDの臨床医調査では、人口10万人当たりの臨床医師数は、加盟国平均では300人です。日本が、この水準に達するには、約13万人の医師をふやさなければなりません。

  • 1