4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

燕市議会 2009-03-12 03月12日-一般質問-03号

肥料、飼料やポリ、マルチ農業資材は、昨年大幅に上昇し、農業経営に大きな影響が出ております。農業経営に与える打撃は深刻な状況となっております。このような状況を受け、国では平成20年度限りの緊急対策でございますが、肥料燃油高騰緊急策事業を創設し、化学肥料使用量低減に資する技術や取り組みの導入を進め、コスト低減体系への転換を図ることとしており、燕市では798名の農家の方が申請をしております。

小千谷市議会 2008-09-29 09月29日-04号

款農林水産業費において、農業振興費養殖錦鯉輸出特別対策事業の内容について、農業用使用済みプラスチック等回収推進事業対象品目補助率について、マルチ自家焼却処理改善対策について、畜産振興費堆肥センターの臭気問題について、堆肥センター生産と供給の状況について、国土調査費で震災による基点等の再調査状況について、市街地の国土調査の実施の考え及び調査区域の決定の基準について、林業費林道舗装事業

燕市議会 2008-09-10 09月10日-一般質問-02号

ただ、農薬は価格改定時期が12月のため今現在は上昇しておりませんし、ビニール、ポリエチレン、マルチ資材価格は昨年から据え置かれております。  次に、集落営農や大規模農家経営状況につきましては、具体的に把握できていないのが現状でありますが、生産調整面積の増加や米価の下落に加え、資材価格高騰によるコストの増大などにより農業所得が減少しており、厳しい状況が続いていることがうかがえます。  

新潟市議会 2006-10-02 平成18年決算特別委員会−10月02日-03号

農業生産における環境負荷の軽減や都市と農業が共存できる環境保全型農業推進を図るため,生分解性マルチ導入もみ殻堆積場の設置などに対する助成とともに,キラキラ・コシヒカリの米飯給食への助成を行ってまいりました。  次に,畜産関係です。畜産農家の経営安定と,あわせて健全な家畜を飼育する目的で,家畜伝染病予防のための薬剤配布助成予防注射伝染病検査等に対し,助成を行ってまいりました。  

  • 1