3898件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

開志国際高校については、もう本当に全国大会へ出たりして忙しい高校生でもあるのですけれども、これから例えばいろいろなスポーツを通じての交流であるとか、地域においてはその生徒たちがそれでも年に1回2回ボランティア活動をしてくれているとか、そういったところがもう見受けられますので、どんどん増やしていくと、そういった方々との交流活動を増やしていくということに我々も関係する皆様方お話をし、それをさらに拡大

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

初めに、1点目のプロジェクトチーム検討委員会メンバー構成と現在の進捗状況についてでありますが、庁内プロジェクトチームは副市長教育長課長職6人、若手中堅職員7人の計15人で構成し、検討委員会は副市長教育長総合政策課長社会教育委員図書館協議会委員公民館利用者、読み聞かせボランティア、市内こども園、小中学校教諭中条高校教諭新潟食料農業大学講師商工会青年部地域おこし協力隊員の計14

柏崎市議会 2020-10-01 令和 2年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

市民ボランティア活動につきましても、市民活動運営会議皆様を中心に、昨年度は延べ1,122人の皆様から御協力をいただきまして、里山の復元作業などを計画的に実施することができました。  また、これまでは地道に株分けを実施してきましたカキツバタも現在、約3万株となり、花の見頃となる5月には、市内外から多くの方々から御来園いただくことができました。

柏崎市議会 2020-09-30 令和 2年決算特別委員会・産業建設分科会( 9月30日)

もうボランティア的になり過ぎている。猟友会は、昔は楽しみで猟をするというところから、もう少し、じゃあ、捕獲意欲が湧くようにというような、詳しくは存じないんですけども、今、ちょっと大きめなイノシシを1匹捕まえると7,000円だとか、中くらいのが5,000円で、違ったら教えてもらいたいと思うんですけど、小さいのが5,000円で、うり坊が2,000円とか、それでは捕獲意欲が全然、湧かないんです。  

柏崎市議会 2020-09-29 令和 2年決算特別委員会・総務分科会( 9月29日)

環境課長(石黒 謙嗣)  地域皆様ボランティアというか、地域で拾った物について、回収が必要だということになれば、それは御連絡をいただいて、私ども回収には伺ってはおります。クリーンデー柏崎の場合もそうですが、クリーンデー柏崎の期間中ではなく、その日ではなくて違うときにやって、もしくは、町内会なりが主体でのボランティアをやっていれば、ボランティア袋なりにお出しいただいて回収には伺っております。

上越市議会 2020-09-28 09月28日-07号

3目中、東京オリンピックパラリンピックホストタウン推進事業で、委員から、ボランティア育成運営事業は、市民スポーツ振興交流人口拡大にどうつながったのかとの質疑に、理事者から、ホストタウンサポーターについては市内外から120名の登録があり、練習見学や選手のサポートを目的として県外から訪れている状況もあることから、交流人口拡大に寄与しているとともに、大会後もスポーツ合宿等において寄与するものと

胎内市議会 2020-09-26 09月26日-02号

ほかの地域活動にということでございますけれどもお話があれば調整がつけば参加をさせていただきますし、今現在でもいろんなところに顔を出させていただいておりまして、先般行われました胎内検定でも出店をしたり、あとボランティア交流会講師を務めたり、ボランティアフェスティバルなどにも顔を出すということになってございまして、あちらこちらお声がけいただいておりますので、調整可能な限り顔を出させていただき、また

妙高市議会 2020-09-25 09月25日-05号

次に、福祉介護課関係では、委員より、社会福祉協議会助成事業について、災害ボランティア参加者数が少ないのではないか。育成は、毎年行われているのか。災害訓練への参加等はどうかとただしたのに対し、課長より、新たな登録に結びつけるべく毎年行っている。市の防災訓練ボランティアセンター設置研修を行っているが、実践に即したあり方について協議したいとの答弁がなされました。   

上越市議会 2020-09-24 09月24日-06号

市では、第6次総合計画において、市民活動の促進を基本施策に掲げる中で、まちづくりの主役である市民の活発な活動支援するため、現在NPO・ボランティアセンターを拠点として、市民活動に関する情報の収集、発信等に取り組んでいるほか、民間も含めた支援制度の紹介や各種相談に対応するなどの支援に取り組んでいるところでございます。

上越市議会 2020-09-23 09月23日-05号

そこで質問ですが、厚生労働省は2011年4月から地域密着型デイサービスにおいて、介護保険サービス利用者サービスを利用している時間帯にボランティア活動などで謝礼の受け取りを認めています。介護保険サービス利用者が社会参加することで、生きがいとなるような取組を進めてはいかがでしょうか。  次に、大項目2つ目質問です。配慮を要する独居、高齢者世帯災害時の避難体制について御質問いたします。

小千谷市議会 2020-09-18 09月18日-03号

次に、4項目め介護ボランティアポイント制度についてお伺いします。介護ボランティアポイント制度は、介護予防のための事業として、介護予防になるための様々な取組への参加自身ボランティア活動を行うことに対してポイントを与えることにより、このことで自身活動の励みになるものです。ボランティア活動は、本来金銭的対価を求めない活動であることは、もちろんのことと認識しています。

上越市議会 2020-09-18 09月18日-04号

また、外国人市民日常生活に必要な日本語を学ぶ生活日本語教室の開催や、多言語による市政情報の提供、医療機関を受診する際の通訳ボランティア派遣日本語支援が必要な小中学生が安心して学校生活を送ることができるようにするため、在籍する学校への日本語支援講師派遣など、外国人市民が日本で生活する上で支障を来すことがないよう支援する取組を進めているところであります。

柏崎市議会 2020-09-17 令和 2年文教厚生常任委員会( 9月17日)

身分は、あくまでも、通常、今現在も学校ボランティア地域の方がやってくださっているところもあるんですね。そういったことは、今までボランティアでしたので、無報酬という形でしたので、何か特別に私どもで雇用するということではなくて、学校で見つけていただいた方に、本当にありがとうございましたということで、その分。

柏崎市議会 2020-09-11 令和 2年 9月定例会議(第23回会議 9月11日)

なお、国では、道路施設維持管理の一環として、地域皆様ボランティアサポート・プログラムの協定を結び、植栽管理や除草、地下横断歩道の清掃を実施していただくなど、地域にふさわしい道づくりにも取り組んでおるとのことでございます。ぜひ、地元方々にも、秋間議員からも、お力添えをいただくよう、お伝えいただければありがたいところでございます。 ○議長(真貝 維義)  秋間議員

柏崎市議会 2020-09-10 令和 2年 9月定例会議(第22回会議 9月10日)

私も、昨年9月に、地元米山小学校の児童と地元ボランティアとして参加させていただきました。  米山小学校は、毎年9月に全校登山を行っており、当日も、1年生から6年生までと保護者、先生、地元ボランティアの総勢約70名を4つのグループに分けて、そのうち2つグループ大平口から、もう2つグループは上越市柿崎区の水野林道登山口から登りました。

見附市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

実はボランティア連絡協議会、私どもも入っていますので、見ると、これ大体100団体ぐらいあるわけです。100団体もあって、こっちはどっちかというと当然スポーツ系はないわけですので、どっちかというと文化、芸術とか、社会奉仕活動とか、いろいろ趣味とか、福祉関係とか、そういったところが多いわけなのですが、それにしてもちょっと少な過ぎるなというのは、これどの辺に原因があるの。

妙高市議会 2020-09-05 09月05日-03号

また、チームとしての学校を目指して、大学ボランティア学校のOB、スクールソーシャルワーカーなど多様な専門スタッフ学校と協働するなど、これまでと違った地域ぐるみの学び合いの仕組みを推進しています。このような状況にあって、国においては学校教育政策社会教育政策、この縦割り構造を課題と捉えて、昨年文科省内組織再編を行い、総合的、横断的に教育改革を推進するための総合教育政策局を整備しました。