16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新発田市議会 2021-06-04 令和 3年 6月定例会−06月04日-01号

款農林水産業費では、強い農林水産業づくり支援事業において、本年1月の大雪等により被災したビニールハウス再建修繕費用などの助成に要する経費として4,158万6,000円、有機資源センター管理運営事業において、米倉有機資源センターホイールローダーの故障に伴う車両購入等に要する経費として959万9,000円を追加するものであります。  

新潟市議会 2020-02-25 令和 2年 2月定例会本会議−02月25日-03号

この山形県、青森県、秋田県、長野県の園芸生産の伸びについては、県、市、農協が連携した施策、具体的には、県が50%、市、農協が各25%を負担し、農家負担はゼロでスタートし、以後10年間、農家が償還するというようなビニールハウスがあることを見逃してはなりません。本市の北区南浜、西区赤塚にも、ほぼ同様な施策が若干取り入れられてきました。

新発田市議会 2015-09-25 平成27年 9月25日経済建設常任委員会−09月25日-01号

それと、ビニールハウスにつきましても、程度がビニールはがれたものとか、完全に壊れたものということよりも、一部破損ということでありますので、ちょっと被害額等については、積算については私どもも細かくはしていないところであります。ただ、先ほども言いましたように、破損等の資材ですとか、ビニール等については資金で十分対応できるというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。  

新発田市議会 2014-12-15 平成26年12月定例会−12月15日-02号

近年ビニールハウス施設園芸暖房用燃料が高騰しています。当市の振興作物である越後姫を生産するイチゴ農家切り花チューリップ等花卉園芸農家経営は、厳しさを増しています。国としても、その対策として数年前より省エネルギーを行うための設備投資補助、ヒートポンプの導入や木質ペレット暖房設備には補助率が2分の1の補助制度があります。

新発田市議会 2014-09-11 平成26年 9月11日経済建設常任委員会−09月11日-01号

第3点、米のほかに果樹や野菜、ビニールハウス被害の報告はあるのか、3点をお願いします。 ○委員長渡邊喜夫) 川瀬農水振興課長。 ◎農水振興課長川瀬孝男) 市内での被害地域でありますけれども、全域ではございません。各地域名並べますと、松浦、五十公野、川東、菅谷の平場の地域、それから新発田地区の東側でしょうか、それから加治川地区ということで、特に大きな被害の見えるところでございます。

燕市議会 2012-06-13 06月13日-一般質問-02号

3番目、農業用施設ビニールハウスです。ビニールハウスビニール切れあるいは倒壊被害等がたくさん見受けられましたが、この被害件数はどれくらいあったものかどうかもお聞かせ願います。  ④このような暴風雨での被害の度合いにより、燕市としての援助、助成等は考えていられるものか、また考えられないか、お聞かせ願いたいと思います。  以上、1回目の質問を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

新潟市議会 2012-05-17 平成24年 5月17日文教経済常任委員会−05月17日-01号

被災施設復旧支援は,暴風雨により損壊したビニールハウス撤去及びビニールハウス被覆材張りかえ防風網修繕に要する経費への支援で,損壊施設撤去支援で2,140万円,破損施設修繕費で5,260万円を予定しています。  その中身について,事業概要のところに国費と記載がありますが,先月国のほうで支援を打ち出すということでプレス発表されましたが,その後内容について公表されませんでした。

新潟市議会 2012-05-02 平成24年 5月 2日議会運営委員会−05月02日-01号

去る4月3日から4日にかけての暴風被害により被災した農業生産者に対して,ビニールハウス破損施設修繕費被災作物作付等緊急支援を行うものです。なお,この中には市単独事業で実施する破損施設への支援に対し,国が上乗せして支援を行う費用2,040万円も含まれています。財源は,国の上乗せ支援に係る国庫支出金県支出金のほか,現時点で見込まれる決算剰余金の一部を繰越金として充当するものです。  

新潟市議会 2011-09-14 平成23年 9月定例会本会議-09月14日-02号

また,市単独支援農業被災施設等復旧支援によるビニールハウス撤去費修復費用への支援は,大変評価をしております。  しかし,肝心かなめ農産物被害への直接的な救済策がありません。基本的な考え方として新潟市は農業共済で対応していただくとのことですが,被害状況のデータを見ますと,冠水・浸水面積2,389ヘクタールのうち,農業共済支払い対象面積水田のみで,堤外地水田では対象外もあるとのことです。

新潟市議会 2011-09-01 平成23年 9月 1日議会運営委員会-09月01日-01号

内容は,水稲や園芸作物水害被害に対して病害虫防除のための経費などを県と協調して補助するもの,さらに損壊した農業施設撤去ビニールハウス張りかえのための事業本市単独補助を行うものです。  2つ目は,農林水産業振興資金利子補給金です。内容は,農作物生産施設等被害を受けた農林水産業者対象に県が創設する融資制度の償還に対して,本市としても利子補給を行うものです。  

胎内市議会 2010-11-02 11月02日-03号

そのほか、今回の補正予算とは別に竜巻被害を受けたビニールハウス廃ビニール類の処理につきましては、150キログラムを回収いたしまして、既に予備費から支出して対応しております。  以上、この場をおかりしましてご報告申し上げますとともに、何分のご審議を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(富樫誠君) 以上で提案理由説明を終わります。  これから質疑及び討論、採決を行います。  

上越市議会 1998-09-25 09月25日-03号

省力化、低コストばかりでなく、省資源的な観点からもまた環境という観点からも、ビニールハウスを使わなくなるわけでありますから、大変これはよろしいんではないかなと、こう思っています。その上、生産調整分としても15%がカウントされるということで、大変これも結構だと思いますが、これは今ほどお話しありましたように一時的な先行利益というか、普及されてくればそういうことになるんではなかろうかと。

  • 1