615件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

妙高市議会 2020-12-20 12月20日-04号

委員より、大字藤野新田関川のすぐ脇で、上越市の洪水ハザードマップの中に含まれていると思われる。なぜこの場所に決定したのか。洪水ハザードマップとの兼ね合いはどのようかとただしたのに対し、課長より、ハザードマップの中に入っているため、洪水対策等について浸水時に機能不全にならないよう、各種設備の配置や対策を行っていると聞いているとの答弁がなされました。

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

災害発生時に命を守る情報発信の充実、地域に合うハザードマップ活用河川形状に伴う災害リスク軽減対策についてお聞きします。   1点目は、1級河川関川は、平成7年の災害後、整備された結果、市内への被害は出ませんでした。しかし、矢代川、平丸川、万内川、馬場川、青田川が被害を受け、早急な対応が求められます。

妙高市議会 2020-09-25 09月25日-05号

委員より、国のハザードマップ作成基準変更市内ため池箇所数があるかとただしたのに対し、農林課長より、正しい基準受け皿面積の条件がなくなり、ため池から100メートル未満家屋公共施設があること、ため池から100メートル以上500メートル未満家屋公共施設があり、貯水量が1000立方メートル以上あること、ため池から貯水量が500メートル以上人家が離れているか5000立方メートル以上あること。

妙高市議会 2020-09-05 09月05日-03号

段階警戒レベル1は災害への心構えを、警戒レベル2はハザードマップなどで避難行動を確認する。警戒レベル3は、高齢者や要介護者避難準備が整い次第避難する。警戒レベル4は、対象地域住民避難勧告避難指示(緊急)が発令した段階で全員が速やかに指定避難所避難する。ただし、指定緊急避難所場所避難は命に危険を及ぼしかねないと判断する場合は近隣の安全な場所へ緊急避難する。

胎内市議会 2020-06-28 06月28日-03号

〔5番 八幡元弘質問席〕 ◆5番(八幡元弘君) 道路はしょっちゅう変わるものでもないので、毎年大体同じところというか、似通ったところが出てくるのかなとは予想されますが、災害の場合はハザードマップなんていうのをつくったりしますが、そういう道路もある程度決まっている道ですので、毎年やっているのを積み重ねてそういうマップ形式に落としたり、口で伝達するのもいいですけれども、見える形で資料というか、紙として

長岡市議会 2020-06-25 令和 2年 6月総務委員会−06月25日-01号

山田省吾 委員  最初に、私から6月に配布されました洪水ハザードマップについて質問したいと思います。  今日、本庁に来る途中にナカドマのモニターを見ましたら、ちょうど危機管理防災本部洪水ハザードマップの説明が映されていまして、梅雨時期ですので、またこういう時期が来たのかなと思いながら来たわけです。それに関連して、昨年の台風第19号の関係と併せながら質問したいと思います。  

長岡市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会本会議−06月18日-03号

今回、洪水ハザードマップの改定がされ、長岡方式避難行動の策定などが示されました。ある方が言っていましたけれども、マニュアルを作成した人は理解できるかもしれませんが、それ以外の人にとっては与えられたものでしかないという指摘です。作った方は本当によく分かるでしょう。しかし、それを見た私たちにとっては与えられたものです。身近なものとして、自分のものになっているかどうかです。

長岡市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会本会議−06月17日-02号

先般長岡市は新しい洪水ハザードマップ作成し、市民皆様に配布しました。これまで考えていた、決められていた避難所へまず避難すればいいという考え方は変えなくてはならないということであります。中越地震から15年が経過し、体や行動にしみついたものを変換し、もう一度避難行動を見直すことを地域皆様には理解してもらわなければなりません。

新発田市議会 2020-06-09 令和 2年 6月定例会-06月09日-02号

まずは、市民皆様には平時からハザードマップ活用いただき、事前に避難行動を想定していただくことが大切であります。これから出水期を迎えることから、広報しばたや市ホームページなどでしっかりと周知してまいりたいと考えております。  次に、発熱、せきなどの症状が出ている方の避難所スペースの確保についてであります。

長岡市議会 2020-03-23 令和 2年 3月総務委員会−03月23日-01号

また洪水ハザードマップ作成経費ということで、今年度もありましたけれども、来年度もまた予算がついているということで、この進捗状況等を教えてもらいたいし、津波ハザードマップ作成経費新規で出ているわけですけれども、マップを作る際にどういうことに特に注意してつくらなきゃいけないかということをよろしくお願いいたします。

新発田市議会 2020-03-16 令和 2年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月16日-01号

また、ハザードマップ有効活用ということですけれども、他市町の地形も確認できることで災害避難所の見直しへの利活用が図られるのではないかと、そのように考えております。そのほか国、県が実施する国、県道の整備河川整備等において図面の作成のために航空写真を提供する場合がございますので、そういった意味でも活用が図られると考えております。  以上です。 ○委員長湯浅佐太郎) 伊与部市民生活課長

柏崎市議会 2020-03-11 令和 2年産業建設常任委員会( 3月11日)

まず、ため池ハザードマップこれをお作りになるということですが、いつ頃完成できそうでしょうか。 ○副委員長(阿部 基)  農林水産課長。 ○農林水産課長(竹内 功)  昨年、新たに指定された防災重点ため池、16個ありますが、それは令和2(2020)年度に完成する予定としております。ただし、国費100%でございます。

阿賀町議会 2020-03-11 03月11日-02号

国・県の指導の下、ハザードマップに至りましては、千年に一度の降雨量を想定してのマップ作成し、区長様方にも説明させていただいて、新年度中に全戸配布を進めていくというようなところでおりますけれども、まさに備えあれば憂いなしのことわざもありますので、地域皆様が安心して生活していただけるよう、備えをしながら、これまた協力いただきながら進めていきたいというふうに考えているところでございますので、何とぞよろしくお