167件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

先般開催された市民議会の意見交換会でも、屋外にいるときは防災行政無線が聞こえない、また屋外スピーカーが設置されておらず、緊急時や災害発生時は不安であるとの地域住民の声がありました。  そこで3点ほどお伺いします。1点目に、市内に設置されている防災行政無線屋外スピーカー数と設置基準についてお聞かせください。  2点目に、防災行政無線屋外スピーカー放送が届きにくい地域は把握されているか。

見附市議会 2020-12-10 12月10日-02号

(3)、緊急時の住民への情報伝達に関して、嘱託員ファクス、見附市緊急情報メール、携帯電話3社の緊急速報メール、防災サイレンスピーカー広報車、見附市ホームページ、BSNデータ放送、FMラジオ緊急放送、ツイッターと言われております。気象庁では、緊急地震速報を発表してから強い揺れが到達するまでの時間は数秒から長くても数十秒と極めて短く、震源に近いところでは速報が間に合わないとしています。

妙高市議会 2020-09-05 09月05日-03号

例えば公共施設や半公共的な施設、人の集うところ、町部では有線放送の入っていない民間の職場等、スマホやFM、屋外スピーカーに委ねるのか、その対応はどのように考えているのか伺います。   2つ目、6月議会では、今後地域ごとの状況を把握し、地域説明会を実施するなど丁寧な対応を行うなど云々と答弁がありました。その実態はどうであったのか。また、どんな疑問や意見があったのかお聞かせをいただきたいと思います。

妙高市議会 2020-06-07 06月07日-03号

1点目、個別受信機に対する市民への説明等、その方法と現状についてですが、先般ある市民の方から「この田植えの忙しいさなかに来て、個別受信機の設置について話をしていったが、今回はただで設置できるが、今回申し込まないと取りつけられなくなるとか、金がかかるとか、柱上の放送施設」、柱の上にあるスピーカーのことですけども、「これがなくなるとかいう話をしていった。これはどういうことなのか」と聞かれました。

長岡市議会 2019-12-17 令和 元年12月総務委員会−12月17日-01号

ただ、屋外拡声器につきましては受信テストが終わっておりまして、全てのスピーカーから音が流れるということを確認しているところでございます。 ◆山田省吾 委員  そういう部分の中で、緊急告知FMラジオに頼ることなく、やはり固定電話または自主防災組織町内会長を通じながら伝達していくのがよいのかなと感じております。  

柏崎市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会議(第25回会議12月11日)

難しく思えますが、ウエブで動画を見たことがある方は、わかると思いますが、簡単にいいますと、自宅にドローンで荷物が運ばれてきたり、AIスピーカーで買い物やスケジュールの管理ができたりする。遠隔医療があり、まちには自動運転のバスが走っている、生活とインターネットがつながっているというイメージで捉えております。  今回の視察先の研究者の皆さんも、それぞれSociety5.0を意識しておられました。

新発田市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会-12月11日-02号

あわせて、菅谷小学校の290号線渡っていく信号機も、たまたまそこも環境美化で歩いていて、押しボタン押しましたら、信号が青になりましたというのが市長の地元側のほうのスピーカーが音が鳴らなかったんですけども、こういうところも直しておかなきゃいけないんじゃないかなというふうに思っているんですけども、市長まず。 ○議長(比企広正) 二階堂馨市長。

妙高市議会 2019-12-06 12月06日-03号

その後、防災無線、屋外スピーカーも全市的に普及したのです。今回も想定外と言われた災害をいかに教訓として、安全、安心をつくり上げていくかが大事な課題であります。このようなことから、以下6点について伺います。   1点目は、洪水防災マップの関係です。さきの臨時会において見直しを図るとしましたが、今回の災害を受けて、どのようなスタンスで取り組みを進めるかです。

上越市議会 2019-09-19 09月19日-03号

議長許可を得まして、市長私ここにこんなこれスマートスピーカーというものなんです。これちょっと試してみます。メーカーの名前言って申しわけないですが、アレクサ、札幌の天気は、きょうはちょっと差し込んでいけないと言われたんで、差し込んでいないですけども、このレベルであればタブレットでできます。札幌の天気は。「はい、きょうの日本札幌市天気予報です」ということで、12度でここにもう出ます。

長岡市議会 2019-06-27 令和 元年 6月総務委員会−06月27日-01号

◆山田省吾 委員  私自身聞いていても、防災行政無線が聞こえないとかとなると、今火災予防運動ですよとか、回るときに、消防車両のスピーカーは非常によく聞きやすいものですから、そういうものを使った中でこれからもやっぱり検討しながら、災害時の情報発信をしてもらいたいということを要望しまして質問を終わりにいたします。

十日町市議会 2019-03-18 03月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

防災行政無線の整備では、市内全域に屋外スピーカーの配備を進め、さらに支所地域ごとに戸別受信機も無料で配布することで、市民安全への状況が大きく広がります。市内消費電力の30%相当を再生可能エネルギーに向ける事業においては、31年度にはバイオマス活用促進事業が上がっています。その1つは、キナーレ、明石の湯へ熱電併給システムを導入することで、木質バイオマス利用を促進する3億円を超える事業です。

柏崎市議会 2019-03-01 平成31年総務常任委員会( 3月 1日)

その下の屋外拡声装置につきましては、現在ある防災行政無線の屋外スピーカーにかわる設備となります。これをFMでの放送に切りかえていきますので、市の中心市街地から順次、整備する予定です。  ここにつきましては、経費、それと工事の内容を含めまして、当初95カ所を計画しておりましたが、97カ所、2カ所前倒しになりますが、整備ができるということになります。  

柏崎市議会 2018-09-27 平成30年決算特別委員会・総務分科会( 9月27日)

001の防災行政無線施設維持管理費につきましては、こちらは、防災行政無線を発信する操作卓、それと屋外にある放送設備ですけれども、これが382台を超えるスピーカーがありますので、これを最低限、1年に1回は点検するというものでありますので、戸別とハードの設備というふうに分けて維持管理を行っております。 ○分科会長(与口 善之)  柄沢委員。

長岡市議会 2018-09-18 令和 元年決算審査特別委員会(平成30年度決算)−09月18日-02号

それから、現在FM化を進めている屋外スピーカーにつきましては、FMの感度を調査した結果、全ての屋外スピーカーにおいて受信は良好ということを確認しております。 ◆池田明弘 委員  少し理解できなかった部分もあるんですけれども、要はFMの電波自体の強化をする方向性はあるということでよろしかったですか。

妙高市議会 2018-06-19 06月19日-04号

屋外にいる場合、従来よりも間引きされる状況になると思うが、高性能スピーカー等も併用した中で住宅があるところの周りは情報が屋外拡声子局からも伝わるように整備したいとの答弁がなされました。   委員より、連携システムについて、連携システムを通して各メディアに送信する仕組みになっているが、それぞれ新井有線、FM妙高、携帯電話会社に送信される仕組みと見えるが、連携システムとはどういう仕組みか。

妙高市議会 2018-06-08 06月08日-03号

新井地域につきましては、従来屋外しかなかったので、ある程度スピーカーの量もふやした中で情報をお伝えしておったんですが、今回は希望される各世帯に戸別受信機を設置させていただくという考えでおりますので、基本的には屋内、戸別受信機なり、先ほどお話ししましたスマホ等で情報を得ていただくという考えをしております。ですから、従来の屋外拡声子局と比べまして数は減っておるという状況でございます。

長岡市議会 2018-03-26 平成30年 3月総務委員会−03月26日-02号

◎今井 危機管理防災担当課長  委託の内容ですけれども、現在防災行政無線の屋外子局、いわゆるスピーカーが7支所地域で153カ所ございます。そちらのほうに電波が確実に届くということの電波の調査ですとか、その機械をFM化するために受信機等を入れかえた場合にどれぐらいかかるかということで設計の費用と、そういったものでございます。 ◆五十嵐良一 委員  何点かお伺いしたいと思います。