16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

係ごと業務内容を相互に把握する勉強会,あるいは日々の日程調整情報共有,区のサービス憲章の浸透のための工夫や,接遇能力向上あるいはクレーム対応研修,あるいは障がい者対応高齢者対応研修など,民間以上に多くの研修があることを聞きました。職員からの気づきや提案から市として行っている研修まで,実に多くの取り組みの結果だと感じています。

柏崎市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会議(第 4回会議 3月 6日)

区切りのない仕事、そして、保護者クレーム対応に追われる。志高けれど、現実ブラック職場なんだということで、若者の教員離れになっているというふうに言われています。  教員が不足する事態は、結果的にどうなるんだろうと。教育長も御認識あると思います。学力が低下するだろう、教育の格差は広がるだろう、いじめなど、子供たちに細やかな目は届かなくなるだろう、いろいろあると思います。

上越市議会 2018-12-12 12月12日-03号

具体的には、毎年度新規採用職員対象として身だしなみや挨拶電話の受け方といった接遇の基本を学ぶ3時間の研修入庁直後に行っているほか、総合事務所を含む窓口担当職員には窓口対応電話対応のポイント、またクレーム対応など、いずれも現実に起こり得る場面を想定し、受講者がそれぞれの役割を演じて疑似体験するといった実践的な内容接遇全般に関する2時間半の研修を実施してまいりました。

柏崎市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議(第22回会議12月11日)

除雪へのクレーム対応についてです。  少し、雪がちらほら降ってまいりましたが、平成29年度は、近年、類を見ない大雪でありました。降雪が早朝に集中したこともあり、市維持管理課への問い合わせやクレームも非常に多かったと聞いております。  市民の大多数は、除雪の仕組みについて、理解していない場合が大半であろうかと思います。

五泉市議会 2018-02-26 02月26日-一般質問-02号

クレーム対応は、つらい業務ですし、近年は価値観多様化により、行政だけでなく、さまざまな場面公平性の観点から、とても期待に応えられないような要望、主張もふえていると思います。  このたびの1月、2月の記録的な大雪により被害を受けられた皆様には、心よりお見舞いを申し上げるところでございますが、連日対応に当たった担当課皆さんも大変ご苦労されたことと思います。

新潟市議会 2017-06-20 平成29年 6月定例会本会議−06月20日-03号

いじめ防止対策推進法の施行により,平成25年度からいじめの定義が見直されたことにより,直近のデータでは平成27年度に認知件数が過去最多となったことに加え,不登校保健室登校など,通常の学級運営以外に教員対応しなければならない場面がふえているとともに,給食費未納やモンスターペアレントによる学校へのクレーム対応など,多忙化が解消されるどころか,逆に業務がふえていることも考えられます。

三条市議会 2016-06-16 平成28年第 2回定例会(第3号 6月16日)

クレーム対応についての第三者委員会と会ではございませんで、第三者委員ということでございますけれども、保育所に入所される際そのような立場の方がいらっしゃることの御説明をさせていただいたり、また必ず第三者委員がどこのどういう方なんだということが保育所玄関等に掲示されていると理解しているところでございます。

胎内市議会 2016-03-08 03月08日-02号

接遇クレーム対応研修を実施するなどして取り組んでいるところでもあります。市民職員対応についてどのように感じているのかお聞きするため、市では本年2月に2週間にわたりまして市役所等施設を訪れた市民対象とした窓口サービスアンケート調査を実施いたしまして、この調査の結果では約9割の方から大変満足または満足という評価をいただいております。

見附市議会 2013-09-10 09月10日-一般質問-02号

その中で、特に接遇に関しましては、例えば階層別研修なんかもありますけれども、専門研修ということでクレーム対応力だとかコミュニケーション力だとか、そういった研修を個々に行いながらいろんな苦情が適切に対応できるような、そんな機会を設けて意識向上に努めているという状況でございます。 ○久住裕一議長 渋谷議員

長岡市議会 2012-09-21 平成24年 9月総務委員会−09月21日-01号

次は、市政に対するクレーム対応についてお伺いいたします。合併や何かによって長岡市は28万人という市民になりました。28万人もいればいろんな考えを持つ方がいらっしゃるわけです。これは、いい意味でいえば価値観多様化が進んだというふうには捉えられるわけなんですが、そういった中で市に対してもさまざまな意見クレームも寄せられていることかと思います。

柏崎市議会 2012-06-18 平成24年文教経済常任委員会( 6月18日)

一番情報を持っているのは、やはりそれぞれの施設受付ですとか、窓口がですね、やはりクレーム対応していると思いますので、そのクレームというのは、やはり今後よくなるヒントに、できることとできないこととありますけれども、やはりそこが一番情報を持っていますので、今までもやっていると思うんですけども、できるだけその辺の窓口受付情報を集めた中で、問題解決に向けて進んでいってもらいたいと思います。

妙高市議会 2012-03-12 03月12日-05号

そのために市民皆さん説明についてもいろいろな批判をいただく部分もございますけども、私どもは今は、職員のですね、研修とも絡みますけれども、人材育成方針というのを定めまして、それに基づいて総合的な研修計画を実施したりですね、その中でも具体的に説明説得能力向上研修とかクレーム対応研修、それから業務改善研修などを実施して職員能力を少しでも引き上げ、均一化するような形で考えております。

長岡市議会 2010-06-25 平成22年 6月総務委員会−06月25日-01号

そして、その総合力として発揮されるいわゆる政策形成能力を身につけるために、例えば地域のあるべき姿を考えるとか問題点をみずから見きわめるといった企画力養成研修、それから政策の立案を積極的に実施していくための手法としての政策形成基礎研修、それから事務処理適正化研修住民協働研修リーダーシップ研修クレーム対応力向上研修といったさまざまな研修を今まで実施してきているところでございます。

  • 1