2146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-11-20 令和元年柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会(11月20日)

第三部会の今後の調査研究方針についてですが、10月31日の会議概要にも記してあるところでございますけれども、第一部会、第二部会と同様な形で、基礎的な学習を今年度は進めていこうということで、電源財源の構造についてと柏崎市地域エネルギービジョンについて、そして廃止措置について、今年度のところ基礎学習をしていこうということで始めたところでございます。  

柏崎市議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(10月 8日)

世代エネルギー活用推進事業について、今後の方向性に進むための評価。ふるさと応縁事業について、ふるさと納税増加の要因及び今後の課題。柏崎シティセールス推進事業について、ファンクラブ会員増によるU・Iターン促進に対する効果。U・Iターン促進事業について、補助制度利用者の評価、また、他自治体と比較しての制度の充実度。  

柏崎市議会 2019-09-26 令和元年決算特別委員会・総務分科会( 9月26日)

○分科会長(相澤 宗一)  電源エネルギー戦略室長。 ○電源エネルギー戦略室長(飛田 訓利)  それでは、電源エネルギー戦略室所管の主な事項につきまして、御説明いたします。  決算書戻っていただきまして、141・142ページをお開きください。  142ページの上段2款総務費1項総務管理費6目企画費、010電源立地地域整備基金積立金36万635円は、電源立地整備基金利子積立金であります。  

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会本会議−09月24日-04号

令和元年9月24日                        長岡市議会議長  丸 山 広 司 1 総務委員会行政視察  (1) 派遣場所及び目的    八戸市  公共施設の管理運営における公民連携の在り方に関する調査    大船渡市 震災復興状況に関する調査    福島市  再生可能エネルギーの推進に関する調査  (2) 派遣期間    令和元年10月9日から同月11日まで(3日間)  (3)

柏崎市議会 2019-09-24 令和元年 9月定例会議(第21回会議 9月24日)

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、癒しの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。  過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産であり、それは過疎地域の住民によって支えられてきたものである。  

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会議(第20回会議 9月12日)

また、それが私どもがつくっております、柏崎市地域エネルギービジョンに資するものだというふうに考えております。  今ほど、また、少しお話ありました、蓄電池の利用に関しても、ここに書き込んでございますので、新たに持田議員からの御理解をいただいたということで、喜ぶところでございます。 ○議長(真貝 維義)  持田議員

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年決算特別委員会( 9月12日)

次に、その3段下の国庫支出金は約1億1,200万円の減となっていますが、これは、太陽光発電設備設置工事などの増により、エネルギー構造高度化・転換理解促進事業費補助金が約3億円増となっている一方で、臨時福祉給付金寄付事業の終了により約2億3,000万円の皆減、第五中学校改築事業など小・中学校建設事業に係る学校施設改善交付金の減等により教育国庫補助金が約9,600万円減となっていることなどが大きな要因

柏崎市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第19回会議 9月11日)

しかし、ここに来て、電源構成でもなく、ポートフォリオでもなく、廃炉という言葉をしっかりと私への回答文書の中に盛り込んだということ、それから、柏崎市地域エネルギービジョンへの協力を回答文書、この地域エネルギービジョンというのは、御承知のとおり、原子力発電所は当面使うけれども、しかし、それにとどまらず、柏崎市における再生可能エネルギー、また、新潟県内における再生可能エネルギーを実現していくということを書

柏崎市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会議(第18回会議 9月10日)

そのときには、柏崎刈羽原子力発電所エネルギー産業の最たるものと見出して、この原子力発電所を視察、研修等の対象として、外からお越しいただいたらいかがなのかというふうな取り組みでございました。実際に、その当時は、中国等、各国からお越しいただいて、その当時、最先端と言われていた柏崎刈羽原子力発電所の仕組み、また、地域共生のあり方を学んでいただいたということが思い出されます。

長岡市議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会本会議-09月03日-01号

今私たちの生活で当たり前のように使えているエネルギーが根幹から揺らいでおります。エネルギーは、私たちの生活を支える基本と言える大切なものです。エネルギーはさまざまございますが、中でも電気はかなり重要なエネルギーと言えると思っております。ことしで15年となりますが、長岡市の川口地域震源として発生した中越地震では、職場や自宅が長時間停電になった方も多いと思います。電気がとまるとどうなるか。

長岡市議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日克雪・危機管理・防災対策特別委員会-07月24日-01号

2点目の産業創出に向けてどのような取り組みをということなんですけれども、1つはやはり国が入って復興を支援していると、あるいは再生可能エネルギー等を視野に入れながら新しいイノベーションを創業しているというようなことを国・県が非常に力を入れて行っているということが、今後、当県あるいは当地域においても非常に参考になるところかなというふうに考えてございます。

柏崎市議会 2019-07-05 令和元年 7月随時会議(第15回会議 7月 5日)

さまざま入札というのは、当然、公平・透明性といいますか、公正性というのは、当然求められるわけですけれども、こういうプロポーザル方式、スタートは文化会館アルフォーレから始まりまして、それから、北条小学校、今日では第五中学校、さらには東中学校へと、幾つかするに、さらに、今後の地域エネルギー関係、これも、そういった方式でされたんですが、一般の入札以上に、やはり、考え方といいますか、いろいろあるわけですから

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会本会議−07月03日-06号

本市における再生可能エネルギーの劇的な拡大に向け,他の部局とも連携し,市民を巻き込んだ一層の取り組みの強化を求める。  海浜緑地改良事業について,  寄附金を活用し,小針・青山地区の飛砂対策を実施することは了とする。今後,植栽等の十分な管理をされたい。 との意見,要望がありました。  

長岡市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会本会議-07月02日-04号

過疎地域は、国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有する地域であり、また、都市に対して食料や水資源エネルギー供給し、自然環境の保全と癒しの場を提供するとともに、災害の防止や森林による地球温暖化防止などの国土保全にも貢献するなど多面的かつ重要な機能を担っており、引き続き国全体で特別な支援を行っていく必要があります。  

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日環境建設常任委員会-06月26日-01号

あわせて下水道施設における資源エネルギーの利活用への制度拡充及び技術面での支援を要望するものです。 ○佐藤正人 委員長  ただいまの報告にお聞きすることはありませんか。                    (な  し) ○佐藤正人 委員長  以上で下水道部所管部分の報告を終わり,令和2年度国の施策・予算に対する提案・要望についての報告を終わります。  

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日文教経済常任委員会-06月26日-01号

地方創生推進に向けた提案・要望として,まちづくりの観点から9番,日本海側エネルギーインフラ整備と,ひと・しごとづくりの観点から27番,創業促進に資する支援施策の拡充から30番,航空機産業の新たな集積地に向けた整備への支援までについて要望します。いずれも昨年度と同様の項目となっています。  初めに,22ページ,9番,日本海側エネルギーインフラの整備です。