ツイート シェア
  1. 柏崎市議会 2021-03-04
    令和 3年文教厚生常任委員会( 3月 4日)


    取得元: 柏崎市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-06
    令和 3年文教厚生常任委員会( 3月 4日)                  文教厚生常任委員会会議録 1 日   時  令和3年(2021年)3月4日(月)午後1時 1 場   所  委員会室 1 出席委員   委員長   柄沢  均       副委員長  重野 正毅          秋間 一英       近藤由香里       田邉 優香          樋口 良子       佐藤 正典       星野 正仁                                   以上8人 1 欠席委員   な し 1 特別出席   な し 1 委員外議員  三宮 直人       若井 恵子 1 説明員    〔福祉保健部〕          部 長                柴野 高至          (福祉課)          課 長                山﨑 浩子          〔子ども未来部〕          部 長                小林 義博          (保育課)          課 長                田辺 文敏
    1 事務局職員  主 査                樺澤康志郎 1 議   題  (1)議第12号 令和3(2021)年度一般会計予算のうち、歳             出の所管部分 1 署名委員   秋間 一英        星野 正仁 1 開   議  午後 1時00分 1 会議概要委員長柄沢 均)  これより、文教厚生常任委員会を開きます。  本日の会議録署名委員に、秋間委員星野正仁委員を指名いたします。  本日の委員会ですが、2月25日に本会議場議案説明がありましたが、それを受けて委員会から追加で説明を求めた事項、あるいは、議案説明の際に触れなかった事項などについて説明していただきます。  日程ですが、まず、子ども未来部から説明をしていただき、次に福祉保健部から説明をしていただきます。なお、質疑は、3月15日月曜日に子ども未来部福祉保健部所管部分、18日木曜日に教育委員会所管部分を行い、討論、採決については18日木曜日に行います。  それでは、付託議案説明に入ります。  (1)議第12号 令和3(2021)年度一般会計予算のうち、歳出所管部分委員長柄沢 均)  議第12号令和3(2021)年度一般会計予算のうち、歳出所管部分議題とします。  子ども未来部説明を求めます。  子ども未来部長。 ○子ども未来部長小林 義博)  それでは、予算書187ページの3款2項3目、新規の取組であります011の001小規模保育事業運営経費事業内容の詳細について、保育課長から御説明申し上げますので、よろしくお願いします。 ○委員長柄沢 均)  保育課長。 ○保育課長田辺 文敏)  それでは、御質問いただきました小規模保育事業運営経費について御説明をさせていただきます。  まずもって、全国で3歳未満児入園希望が増加しており、本市もその例外ではありません。小規模保育事業は、市町村による認可事業として、少人数対象家庭に近い雰囲気の中で、ゼロ歳から2歳児の保育を行い、働きながら安心して子育てできる環境を維持・確保することを目的としております。  ちなみに、少人数と今申し上げましたが、国の基準では、認可定員6人以上19人以下のことを申しております。  このたびの予算要求でございますが、認定こども園柏崎二葉幼稚園・やまざくら保育園運営する学校法人柏崎二葉学園が、同園の陶芸館を改修して令和3年(2021年)4月1日から開園する柏崎二葉幼稚園・やまざくら保育園分園において実施する小規模保育事業に対して、運営に対する経費地域型給付費として交付したいものであります。  なお、事業の規模につきましては、認可及び利用定員が12人でございます。内訳、ゼロ歳児が3人、1歳児が6人、2歳児が3人の12人の予定でございます。  職員につきましては、嘱託員を含めて7名、管理者1名、保育士5名、そして嘱託員が1名ということになっております。  また、現時点における利用見込みにつきましては、ゼロ歳児、1歳児で7名となっておりますが、例年、年度途中の入園希望が多いことから、入園児令和3(2021)年度内で増加することが想定されております。  さらに、小規模保育事業は、3歳児以降の受皿というか転園先でございます、小規模保育事業は2歳児までということになっておりますので、3歳児からの転園先ということとして連携施設を設けることが認可要件となっております。当該園につきましては、母体園であります認定こども園柏崎二葉幼稚園・やまざくら保育園連携施設として、3歳児以降の受入れや、合同保育等後方支援を行うことから、安定したサービスの提供を行えるものと思っております。  加えて、3歳未満児受入れは、これまでも公立保育園や私立の保育園及び認定こども園でも行ってまいりました。しかし、近年は保護者が希望する園への途中入園に対応しきれない状況にありました。このたびの小規模保育事業実施は、保育サービスを必要とする保護者の選択肢を広げるものであり、子育て支援の充実に寄与するものであると考えております。 ○委員長柄沢 均)  子ども未来部長。 ○子ども未来部長小林 義博)  説明は以上でございます。御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。 ○委員長柄沢 均)  以上で、子ども未来部関係説明は終わりました。  子ども未来部皆さん、お疲れさまでした。  ここで、説明員の入れ替わりのため、13時10分まで休憩いたします。 1 休   憩 午後 1時05分           (子ども未来部退席福祉保健部出席) 1 再   開 午後 1時10分 ○委員長柄沢 均)  委員会を再開します。  それでは、福祉保健部関係付託議案説明に入ります。  (1)議第12号 令和3(2021)年度一般会計予算のうち、歳出所管部分委員長柄沢 均)  議第12号令和3(2021)年度一般会計予算のうち、歳出所管部分議題とします。  福祉保健部説明を求めます。  福祉保健部長。 ○福祉保健部長柴野 高至)  それでは、まず、私から、新型コロナウイルス感染症生活支援事業につきまして御説明申し上げます。  本事業は、昨年12月の定例会議において補正予算案として上程いたしました際に説明いたしましたとおり、新型コロナウイルス感染症感染した方、及びその感染者濃厚接触者となり、同等の精神的、経済的御負担を強いられるその同居御家族方々に対して、感染に伴い発生する諸問題の相談窓口の設置と、諸支出への支援、そして、市として市民からのお見舞い気持ちを形といたしたいものでございます。  支援金額については、お一人につき5万円を基本額として、陽性となった方、中学生以下のお子様、及び65歳以上の高齢者の方については加算をいたしたいものでございます。  予算書159ページ上段記載のとおり、令和3(2021)年度予算においては、10世帯50人分、600万円を事業費として計上いたしております。  ここで、12月の予算議決後にまた御質問を議会からいただきましたが、分かりやすいように一つモデルケースを挙げまして、その支援金の額がどの程度になるかということを御説明申し上げます。  モデルケースといたしましては、共に40代の世帯主の御夫婦、世帯主の70代のお母様、そして、世帯主御夫妻の小学校10代のお子様という4人世帯の例で申し上げます。  まず、このモデルケースの場合に、世帯主の方が陽性となったといたします。そういたしますと、まず、基本額は4人世帯でございますので、5万円掛ける4人ということで、20万円がまず支援金として支給されます。さらに、40代の世帯主の方が陽性となっておりますので、この方には5万円が加算されます。さらに、世帯主お母様、70代でございますので、高齢者加算が5万円。さらに、世帯主お子様、小学生に対しては5万円。合計いたしまして35万円が支援金として支給されるという形となっております。  このスキームは、令和2(2020)年度12月の補正予算の際に構築しましたスキームと変更はございません。  基本額5万円、陽性者高齢者お子様に係る各種加算の5万円の根拠としては、感染者世帯の減となる就労収入市外医療機関に入院された御家族等との連絡、訪問等に係る経費自宅待機となった方の食糧や生活必需品気持ちを静めるための嗜好品、例えば、お菓子や、お子様であればおもちゃ、こういったもの等々、そういったものの調達、その調達の依頼の経費等を勘案いたしております。  新型コロナウイルス感染に伴う勤労収入減に対応する国の制度で代表的なものとしては、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金や、小学校休業等対応助成金が挙げられます。前者は勤労者へ、後者は事業主に支給されるものでありますが、それぞれの1日の上限額は1万1,000円と1万5,000円となっております。新型コロナウイルス感染に伴い、健康観察期間として就労や通学、通院の行動制限がかけられる期間は、原則14日間となっておりますので、今ほどの1日の限度額に14を乗じた額も一つの目安といたしました。  なお、この国の制度は、全ての感染した就労者に無条件に支給されるものではなく、また、令和3(2021)年度以降、継続されるかどうかは未確定であることを申し添えます。  しかしながら、本市の支援金は、先ほど申し上げたとおり、感染した世帯へのお見舞い気持ちという、金額換算できない部分が多く含まれております。支出科目が25節の寄附金となっていることからもお分かりいただけるかと思います。個人情報に深く関わる内容のため詳細は申し上げることはできませんが、感染者家族への誹謗・中傷等、嫌がらせは、目に余るものが報告されております。名誉毀損人権侵害とも考えられるような内容ばかりでございます。こうしたいわれのない羞恥を受けつつ、一方で後遺症も含めた症状に苦しみ、また、家庭内感染の不安におびえながら自宅から出ることもできない方々へのせめてもの市民のお見舞い気持ちを表したものであることをどうか御理解賜れればと存じます。  最初の説明は以上で終わります。 ○委員長柄沢 均)  福祉課長。 ○福祉課長山﨑 浩子)  それでは、続きまして、私から予算書165ページ、018福祉職員支援事業及び019障害福祉従事者人材確保育成支援事業について、併せて御説明させていただきます。  まず、福祉職員支援事業につきましては、令和2(2020)年度から事業を開始し、昨年度文教厚生常任委員会においても御説明をさせていただいたところであります。  介護施設及び障害者障害児施設等における人材不足は深刻な状況が続いており、これまで介護職員確保については、入所施設で新たに働き始める方への就職支援令和元(2019)年度補助金化し、さらに、介護施設夜勤対応者への補助事業実施してまいりました。障害者障害児施設入所施設では、人材不足により夜勤に従事する職員負担が大きくなっており、それを理由とした職員の離職もあり、それによりさらに職員負担が増大する悪循環が生じていたことから、介護職員確保と同様に働く方への支援として事業を創設したものであります。  令和2(2020)年度は、これまでに就職に伴う事業利用は1名となっておりますが、引き続き人材確保に関する現状把握事業内容の検証を行い、工夫した制度周知を行うとともに、法人と連携し、人材確保に努めてまいります。  事業内容ですが、右上に福祉課資料1とあります、柏崎介護福祉職員就職支援事業補助金御覧ください。  対象となる資格対象要件補助金御覧のとおりで、資格市外からの転入か否かにより補助金額が異なっており、考え方は、看護職介護職に準じたものとなっております。  続きまして、障害福祉従事者人材確保育成支援事業ですが、先ほども申し上げましたとおり、これまでは人材確保に力点を置き、働く方への支援を行ってきたところであります。今年度障害福祉サービス事業を提供しております市内の6法人に対して、福祉職員人材確保に関する調査事業所職員に対しては、福祉の仕事や職場に対する意識調査実施いたしました。法人からは、人材不足労働市場の中で、従業員の採用がうまくいかない。従業員が定着せず離職してしまうなど、人材確保職場定着に問題を抱えている事業所等が多く存在すること。また、従事者からは、現在の所得に満足しているとの回答は48%と半数以下であることに加え、職場で不満に感じることでは、給与・福利厚生などの処遇労働環境などが上位を占め、自由意見では、人手不足労働環境処遇の問題などについて、多く意見が寄せられております。  このような現状を踏まえ、これまでの働く方への支援に加え、職場定着の視点から事業運営をする側への支援を一体的に取り組む必要があり、障害福祉従事者人材確保育成支援事業を創設し、支援を強化したいものであります。  事業内容ですが、右上に福祉課資料2とあります介護障害福祉従事者人材確保育成支援事業御覧ください。  補助事業事業実施主体補助対象経費御覧のとおりで、補助率3分の2、補助金限度額は50万円となっております。  資料の裏面に事業の流れについて記載してございます。  この事業を効果的に機能させるために、単に法人事業者が行う事業に補助するのではなく、先ほど申し上げた調査結果を参考にしながら、法人等へヒアリングを行い、法人と一緒に課題、必要な支援等を洗い出し、それを共有し、補助事業のメニューにつなげ、課題改善を図っていく伴走型の事業にするとともに、その後の成果については、継続的に確認していきたいと考えております。 ○委員長柄沢 均)  福祉保健部長。 ○福祉保健部長柴野 高至)  あらかじめいただきました内容につきましての説明は以上でございます。何とぞよろしく御審査のほど、お願い申し上げます。 ○委員長柄沢 均)  以上で、福祉保健部関係説明は終わりました。  福祉保健部皆さん、御苦労さまでした。  次回の委員会は、3月15日月曜日の午前10時からとなります。  以上で、本日の委員会は散会いたします。  1 散   会 午後 1時22分 委員会条例第30条第1項の規定によりここに署名する
        文教厚生常任委員会       委員長      柄 沢   均       署名委員     秋 間 一 英       署名委員     星 野 正 仁...