長岡市議会 > 2020-07-14 >
令和 2年 7月14日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−07月14日-01号
令和 2年 7月14日克雪・危機管理・防災対策特別委員会-07月14日-01号

ツイート シェア
  1. 長岡市議会 2020-07-14
    令和 2年 7月14日克雪・危機管理・防災対策特別委員会-07月14日-01号


    取得元: 長岡市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-09-26
    令和 2年 7月14日克雪危機管理防災対策特別委員会-07月14日-01号令和 2年 7月14日克雪危機管理防災対策特別委員会 令和2年7月14日(火)午前10時開議           ────────※──────── 〇出席委員(8人)        関   正 史 君     杵 渕 俊 久 君        多 田 光 輝 君     深 見 太 朗 君        五十嵐 良 一 君     諸 橋 虎 雄 君        丸 山 勝 総 君     関   貴 志 君           ────────※──────── 〇説明のため出席した者        水澤副市長         高見副市長        大滝地域政策監       渡邉地方創生推進部長        小嶋財務部長        星原子力安全対策室長                      兼危機管理防災本部長        若月環境部長        野口土木部長        中川土木部次長       大野財政課長        上村危機管理防災担当課長  五百川原子力安全対策担当課長        桜井環境政策課長      石黒道路管理課長        金澤教育長
           金安中之島支所長      早川越路支所長        斎藤三島支所長       佐山山古志支所長        遠藤小国支所長       棚橋和島支所長        河内寺泊支所長       今井栃尾支所長        横山与板支所長       佐藤川口支所長           ────────※──────── 〇職務のため出席した事務局職員        腮尾事務局長        山田課長        宮島課長補佐        木村議事係長        松原主任           ────────※──────── ○関正史 委員長  これより会議を開きます。           ────────※──────── ○関正史 委員長  なお、報道関係者から写真撮影の申出がありましたため、委員会傍聴規則に基づいて委員長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。  また、新型コロナウイルス感染症拡大防止観点から、委員外議員傍聴は自粛し、控室でインターネット中継を視聴していただいております。           ────────※────────   1 令和年度長岡道路除雪状況等について ○関正史 委員長  本件議題といたします。 (野口土木部長)〔資料№1にて説明〕 ○関正史 委員長  質疑意見はありませんか。 ◆関貴志 委員  今説明いただいた中で、少雪だったということで、除雪業者に対して待機料前倒し支払い等措置をしていただいたということでありました。妥当な措置だったとは思っているのですが、私が聞くところによると、出動回数が少ないということで、やはり経営的に大変厳しいという声も聞こえてきているところです。もちろん待機料支払いはされているのだけれども、それでもなかなか厳しいという声を一部の業者から聞いているのですが、そのような業者からの声が長岡市に届いているものかどうか、まずお聞かせください。 ◎石黒 道路管理課長  今ほど関貴志委員がおっしゃったように、そういった声は多少聞いておりますけれども、今ほど土木部長説明しましたように、待機料の30%を前払いで支払ったことによって、その辺はある程度解消できたというふうに考えております。 ◆関貴志 委員  前年度についてはそれで何とかやりくりできたという答弁だったと思うんですけれども、今後こういう傾向が続くと、温暖化の進展とともにどんどん少雪になっていくというのが長期的な傾向だと思っているのですが、どこかの時点でやはりそういったことも考慮したような仕組みづくりが求められるのではないかなという気もします。その辺についてお考えがあったらお聞かせください。 ◎石黒 道路管理課長  昨冬につきましては、基本待機料の30%前払いということを行いましたけれども、今後、固定費についての前払いというのも、こういった少雪の時期については検討していかなければならないのかなというふうに考えております。 ○関正史 委員長  本件は、この程度にとどめます。           ────────※────────   2 令和年度原子力安全対策に関する取り組みについて ○関正史 委員長  本件議題といたします。 (星原子力安全対策室長危機管理防災本部長)〔資料№2にて説明〕 ○関正史 委員長  質疑意見はありませんか。 ◆五十嵐良一 委員  2点ほどお伺いしたいと思います。  最初に、2ページの新潟県原子力防災訓練でありますけれども、私もこの訓練の日は早朝から大積のほうに行きまして、最後まで見学させていただきました。一般質問でもちょっと指摘しましたけれども、相当な課題が見えてきたのではないかなというふうに思っています。ヨウ素剤配布につきましても、なぜか大河津分水さくら公園に行ってスクリーニングをして、バスに乗った後にヨウ素剤配布訓練をしている。これはいかがなものかなと思いましたけど、それは訓練ですから、いろんな問題点を洗い出していくんだろうというふうに考えています。  また、当日はバス2台でしたけれどもバス2台で高速道路に乗り、そしてまた高速道路を降りるわけですが、今回は訓練ですから2台ですけれども、広範囲になったときにバスの手配を含めた様々な課題が果たして解決できるのかなということを、この訓練で非常に心配しました。そういったことを含めて、当市として、市町村研究会があるわけですから、幹事である長岡市として今後研究会のほうにこれらの課題をどのような形で持っていくのか、ちょっとお伺いしたいと思います。 ◎五百川 原子力安全対策担当課長  今ほど委員から御紹介をいただきました課題のほかにも、訓練においてはスクリーニングポイントの選定や実現性避難時の対応要員マンパワーの問題、広域避難に対する受入れ住民の理解、県外避難など多くの課題があると私どもも認識しており、市町村研究会を通じて検討や要望を行っております。国・県に対しまして私ども課題を認識してもらう中で、今年度は県におきましては秋の総合訓練のほか、スクリーニング訓練、降雪時の冬季訓練など個別訓練を実施することになってございますので、私どもも見学や視察をした中で、引き続き原子力防災には様々な課題があることを伝え、しっかりとした対応を取るよう働きかけてまいりたいと考えております。 ◆五十嵐良一 委員  これは本当に広域的な課題ですので、ぜひとも実効性のある避難というものをお願いしたいなというふうに思います。  2点目でありますが、5ページ以降に関してですけれども、この間私ども特別委員会で福島第一原発視察に行ってまいりました。本当に中は瓦礫のままでして、非常に高い放射線が出ているということに非常に恐怖というか、恐ろしさを感じました。そういった中で今御紹介されたように、今後冬の避難訓練もされるようです。しかし、今新型コロナウイルス対策もそうですが、今までとちょっと違った避難訓練の形が必要ではないかなという気がいたします。こういった感染症対策を含めて、今も12か所で備蓄しているということでありますが、実際にヨウ素剤配布をどう運用していくのかも含めて、また別な観点でいろいろな課題があると思うんですけれども、この点についてどのようにお考えなのか、お伺いしたいと思います。 ◎五百川 原子力安全対策担当課長  市町村研究会につきましては、今年度も8月下旬にサマースクールを予定させていただいております。先ほどお答えさせていただきました様々な課題について引き続き検討していくとともに、柏崎刈羽原発の国の審査工事計画保安規定審査が継続されております。いずれ国の審査が進んだ段階におきまして、国に対ししっかりと審査に関する内容説明を求めるよう、市町村研究会を通じて検討してまいりたいと考えております。  また、県においては3つ検証が出た場合、県知事はどのように市町村意見を聴き、意見を取りまとめるかについて示すよう、県にしっかりと要望してまいりたいと考えております。  そのほか、新型コロナウイルス感染症対策につきましても、原子力発電所安全対策避難等防護措置の面からも喫緊の課題であると認識しておりますので、国・県からの具体的な対策内容説明を求めてまいります。 ◆五十嵐良一 委員  新型コロナウイルス対策というのは、避難者もそうですけれども、それに対応する市の職員といいますか、県もそうですが、そういったことを含めた中で、本当に大切なことですので、ぜひ検討していただければと思います。 ◆関貴志 委員  7ページの原子力防災に関するサマースクールの主な内容の②について、市町村から県に対し、「3つ検証が出た場合、知事はどのように市町村意見を聴き、意見を取りまとめるのか示してほしい」という意見研究会側から出たということであります。私自身は、市民の不安が解消されない場合に知事を通じて再稼働を止めるという方法については、そのやり方では市長公約実現性は非常に低いとは思っていますが、今日はそこの部分議論の場ではないので、取りあえずこの主な内容の②の部分についてお聞かせ願います。  まず、こういった意見に対して直接的な答弁はなかったという報告を本会議一般質問等でも聞いているわけですけれども、例えば時期的なもの、どのように意見を聴き、取りまとめるのかという方法県側がいつぐらいに示すとか、これぐらいになったら出せますというような見込みもまだ示されていないというふうに私は認識しているのですが、それで間違いないかどうか、お聞かせください。 ◎五百川 原子力安全対策担当課長  委員がおっしゃるとおり、県知事立地自治体以外の市町村意見をどのように取りまとめ、それを意思表示するかということにつきましては、私どもとして昨年度のサマースクールにおきまして質疑をさせていただきましたが、県のほうから明確な答えは頂いておりません。今もその状況は変わってございません。今年度につきましては、もうじきサマースクールを控えておりますので、その辺を示すよう引き続き求めてまいりたいと考えております。 ◆関貴志 委員  具体的にどのように意見を聴き、取りまとめるのかということについては、いろんな状況もあって、今年度のサマースクールでも、場合によっては県は示せないということもあるのかなというふうには思っています。先ほど質問したように、例えばいつぐらいの時期になったら示すべきだとか、少なくともこういう状況になったら提示してほしいというような時期については、研究会としても、長岡市としてもやはり早めに申入れをしておくべきではないのかなというふうに思っているところです。市長公約考えると、長岡市としてはあまりにも受け身で物事が進んでいるなというふうに私自身考えているところなんですが、今年度のサマースクールにおいて、また引き続き要望するという答弁が今ありましたけれども、この内容ももちろんのこと、時期的なものについても今年度の中で要望していくというお考えが今あるということでよろしいでしょうか。 ◎五百川 原子力安全対策担当課長  今現在、県のほうにつきましては、県知事は県の検証について、期限を切らずに議論を尽くしてもらいたいと言っております。私どもとしましては、今年度のサマースクールにおきまして、引き続き立地自治体以外の市町村意見をどのように取りまとめるのかについて要望してまいりたいと思いますが、時期的な部分に関しましては、県の検証が継続している中で、県において現状どういう考え方が示されるかという部分を引き続き粘り強く問いかけていきたいと考えております。 ◆関貴志 委員  再稼働に向けた長岡市の考え方の中で、国の審査、県の検証が終わったら長岡市として独自に安全性を判断するんだという姿勢は今も持っていられると思うのですが、そうすると時期というのは大変重要になってくるんじゃないかなというふうに私は思うんですよね。県知事は、検証が終わってから各市町村長意見も聴きながら、どこかの時点知事が判断をされると。その後、知事選になるのか、どういう形になるのかはまだちょっと不明確なところがあると思うのですが、いわゆる県民に対してそれを問うということになっているので、市として独自に判断すると言っている以上、どの時点知事との交渉ができるのかというのは大変大きな問題の一つになってくるだろうと思うわけです。その時期的なものが非常に重要だという認識はどの程度持っておられるか、最後にお聞きしたいと思います。 ◎星 原子力安全対策室長危機管理防災本部長  今委員が御質問された時期的なものというのは、恐らく市として判断するために時間切れにならないかという御懸念からの御質問だというふうに理解しておりますけれども、一方で時期が先行するよりも、現在厳しい県の検証が続いております。この結果を冷静に判断することがやっぱり必要ではないかなと思います。一方では、先ほど原子力安全対策担当課長答弁しましたように、時期を切らずにしっかりと議論を尽くしてもらいたいという知事の発言もありますことから、形式の、時期が先行するより、やっぱり中身のほうを優先するというのが本質の議論だろうというふうに考えております。ですので、現段階では、できるだけ早くというふうにしか県のほうにも要望できないとは思いますし、市町村側から具体的な時期を区切って示すということはなかなか難しいというふうに考えております。 ○関正史 委員長  本件は、この程度にとどめます。           ────────※──────── ○関正史 委員長  これにて散会いたします。     午前10時29分散会           ────────※────────...