長岡市議会 > 2019-07-02 >
令和 元年 6月定例会本会議-07月02日-04号

ツイート シェア
  1. 長岡市議会 2019-07-02
    令和 元年 6月定例会本会議-07月02日-04号


    取得元: 長岡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-22
    令和 元年 6月定例会本会議-07月02日-04号令和 元年 6月定例会本会議  令和元年7月2日          ────────────────────────     議 事 日 程  第4号      令和元年7月2日(火曜日)午後1時開議 第1 会議録署名議員の指名について 第2 発議第6号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書 第3 各常任委員長の審査報告 第4 議案第68号から第76号まで 第5 議案第66号及び第67号 第6 議案第77号から第81号まで及び第83号から第86号まで 第7 議案第82号 財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地) 第8 議案第87号及び諮問第2号 第9 議員派遣第1号 議員の派遣について          ──────────────────────── 〇本日の会議に付した事件                           ページ 日程第1 会議録署名議員の指名について……………………………………………………101 日程第2 発議第6号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書…………………………101 日程第3 各常任委員長の審査報告……………………………………………………………103
    日程第4……………………………………………………………………………………………104  議案第68号 長岡市もみじ園条例の制定について  議案第69号 長岡市職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について  議案第70号 長岡市手数料条例の一部改正について  議案第71号 長岡市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第72号 長岡市保育条例の一部改正について  議案第73号 長岡市児童館設置条例の一部改正について  議案第74号 長岡市子育ての駅条例の一部改正について  議案第75号 長岡市介護保険条例の一部改正について  議案第76号 長岡市火災予防条例の一部改正について 日程第5……………………………………………………………………………………………105  議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  議案第67号 令和元年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算 日程第6……………………………………………………………………………………………106  議案第77号 市道路線の認定及び変更について  議案第78号 契約締結について(防災行政無線・FMラジオ方式移行)  議案第79号 契約締結について(豊田小学校)  議案第80号 契約締結について(上川西コミュニティセンター)  議案第81号 契約締結について(中之島クリーンセンターし尿処理施設等解体)  議案第83号 財産の取得について(消防ポンプ付救助工作車)  議案第84号 財産の取得について(高規格救急自動車)  議案第85号 財産の取得について(小型動力ポンプ付軽積載車等)  議案第86号 財産の取得について(ロータリ除雪車) 日程第7 議案第82号 財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地)       ………………………………………………………………………………………106 日程第8……………………………………………………………………………………………107  議案第87号 副市長の選任について  諮問第 2 号 人権擁護委員の推薦について 日程第9 議員派遣第1号 議員の派遣について……………………………………………108          ────────────※─────────── 〇出席議員(34人)         多 田 光 輝 君        神 林 克 彦 君         豊 田   朗 君        諏 佐 武 史 君         松 野 憲一郎 君        深 見 太 朗 君         池 田 明 弘 君        荒 木 法 子 君         田 中 茂 樹 君        大 竹 雅 春 君         池 田 和 幸 君        五十嵐 良 一 君         加 藤 尚 登 君        山 田 省 吾 君         関   充 夫 君        杵 渕 俊 久 君         中 村 耕 一 君        丸 山 広 司 君         長谷川 一 作 君        藤 井 達 徳 君         諸 橋 虎 雄 君        丸 山 勝 総 君         古川原 直 人 君        桑 原   望 君         関   正 史 君        松 井 一 男 君         水 科 三 郎 君        笠 井 則 雄 君         関   貴 志 君        酒 井 正 春 君         高 野 正 義 君        加 藤 一 康 君         五 井 文 雄 君        小坂井 和 夫 君          ────────────※─────────── 〇説明のため出席した者   市長      磯 田 達 伸 君    副市長・イノベーション推進監                                水 澤 千 秋 君   副市長     高 見 真 二 君    教育長     金 澤 俊 道 君   地域政策監・コンプライアンス推進監    危機管理監・政策監           大 滝   靖 君            金 子 淳 一 君   地方創生推進部長渡 邉 則 道 君    総務部長    近 藤 信 行 君   財務部長    小 嶋 洋 一 君    原子力安全対策室長兼危機管理防災本部長                                星   雅 人 君   地域振興戦略部長渡 邉 一 浩 君    市民協働推進部長竹 内 正 浩 君   福祉保健部長  近 藤 知 彦 君    環境部長    若 月 和 浩 君   商工部長兼プレミアム付商品券室長     観光・交流部長 伊 藤 美 彦 君           長谷川   亨 君   農林水産部長  安 達 敏 幸 君    都市整備部長  茂田井 裕 子 君   中心市街地整備室長            土木部長    野 口 和 弘 君           成 田 昌 弘 君   会計管理者兼入札・契約制度改革担当部長  水道局長    韮 沢 由 明 君           佐 藤 敏 明 君   消防長     小田島 秀 男 君    教育部長    小 池 隆 宏 君   子ども未来部長 波 多 文 子 君   代表監査委員  阿 部 隆 夫 君          ────────────※─────────── 〇職務のため出席した事務局職員   事務局長    腮 尾   理 君    課長      水 島 正 幸 君   課長補佐    宮 島 和 広 君    議事係長    木 村 圭 介 君          ────────────※───────────   午後1時開議 ○議長(丸山広司君) これより本日の会議を開きます。          ────────────※─────────── ○議長(丸山広司君) なお、報道関係者からテレビ写真撮影の申し出がありましたため、傍聴規則に基づいて議長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。          ────────────※─────────── △日程第1 会議録署名議員の指名について ○議長(丸山広司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において池田和幸議員及び五十嵐良一議員を指名いたします。          ────────────※─────────── △日程第2 発議第6号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書 ○議長(丸山広司君) 日程第2、発議第6号新たな過疎対策法の制定に関する意見書を議題といたします。          ──────────────────────── 発議第6号    新たな過疎対策法の制定に関する意見書  上記の意見書を次のとおり提出する。   令和元年7月2日                     提出者 長岡市議会議員 加 藤 尚 登                     賛成者    〃    山 田 省 吾                      〃     〃    五十嵐 良 一                      〃     〃    藤 井 達 徳                      〃     〃    笠 井 則 雄    新たな過疎対策法の制定に関する意見書  過疎対策は、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法が制定されて以来、4次にわたる特別措置法の制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など、一定の成果を上げてきたところです。  しかしながら、依然として多くの集落が消滅の危機に瀕し、また、森林管理の放置による森林の荒廃や度重なる豪雨・地震等の発生による林地崩壊、河川の氾濫など、極めて深刻な状況に直面しています。  過疎地域は、国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有する地域であり、また、都市に対して食料や水資源エネルギー供給し、自然環境の保全と癒しの場を提供するとともに、災害の防止や森林による地球温暖化防止などの国土保全にも貢献するなど多面的かつ重要な機能を担っており、引き続き国全体で特別な支援を行っていく必要があります。
     よって、国会及び政府におかれては、過疎地域の重要性を再認識し、次の事項を実現されるよう、強く要望します。 1 令和2年度末で失効する過疎地域自立促進特別措置法のこれまでの成果と課題を十分に検証し、改善すべき点を明らかにした上で、抜本的な対策を盛り込んだ新たな法律を制定すること。 2 新たな法律における過疎地域の指定に当たっては、現行の過疎指定地域を引き続き指定するとともに、人口財政力のみではなく、多面的な観点から指定を行うこと。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。   令和元年7月2日                        長岡市議会議長  丸 山 広 司 (あて先)  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣総務大臣財務大臣農林水産大臣国土交通大臣          ──────────────────────── ○議長(丸山広司君) 提出者の説明を求めます。加藤尚登議員。   〔加藤尚登君登壇〕 ◎加藤尚登君 発議第6号新たな過疎対策法の制定に関する意見書について説明いたします。  過疎地域自立促進特別措置法が令和2年度末で失効することから、これにかわる新たな過疎対策法の制定を国会及び政府に対して要望したいというものであります。  以下、案文を朗読いたします。  新たな過疎対策法の制定に関する意見書。  過疎対策は、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法が制定されて以来、4次にわたる特別措置法の制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など、一定の成果を上げてきたところであります。  しかしながら、依然として多くの集落が消滅の危機に瀕し、また森林管理の放置による森林の荒廃やたび重なる豪雨・地震等の発生による林地崩壊、河川の氾濫など、極めて深刻な状況に直面しています。  過疎地域は、国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有する地域であり、また都市に対して食料や水資源エネルギー供給し、自然環境の保全と癒やしの場を提供するとともに、災害の防止や森林による地球温暖化防止などの国土保全にも貢献するなど多面的かつ重要な機能を担っており、引き続き国全体で特別な支援を行っていく必要があります。  よって、国会及び政府におかれては、過疎地域の重要性を再認識し、次の事項を実現されるよう、強く要望します。  1、令和2年度末で失効する過疎地域自立促進特別措置法のこれまでの成果と課題を十分に検証し、改善すべき点を明らかにした上で、抜本的な対策を盛り込んだ新たな法律を制定すること。  2、新たな法律における過疎地域の指定に当たっては、現行の過疎指定地域を引き続き指定するとともに、人口財政力のみではなく、多面的な観点から指定を行うこと。  以上であります。よろしく御審議をお願いいたします。 ○議長(丸山広司君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。本案については、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本案については委員会への付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 討論なしと認めます。  これより発議第6号新たな過疎対策法の制定に関する意見書を採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。          ────────────※─────────── △日程第3 各常任委員長の審査報告 ○議長(丸山広司君) 日程第3、各常任委員長の審査報告を求めます。  最初に、総務委員長松井一男議員。   〔松井一男君登壇〕 ◎松井一男君 総務委員会の審査報告を申し上げます。  議案第66号令和元年度長岡市一般会計補正予算、第1条歳入歳出予算の補正中当委員会付託分、第3条地方債の補正。議案第69号長岡市職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について。議案第70号長岡市手数料条例の一部改正について。議案第76号長岡市火災予防条例の一部改正について。議案第78号契約締結について、防災行政無線・FMラジオ方式移行。議案第82号財産の取得について、栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地。議案第83号財産の取得について、消防ポンプ付救助工作車。議案第84号財産の取得について、高規格救急自動車。議案第85号財産の取得について、小型動力ポンプ付軽積載車等。  以上の議案9件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。  以上、報告いたします。 ○議長(丸山広司君) 次に、文教福祉委員長大竹雅春議員。   〔大竹雅春君登壇〕 ◎大竹雅春君 文教福祉委員会の審査報告を申し上げます。  議案第66号令和元年度長岡市一般会計補正予算、第1条歳入歳出予算の補正中当委員会付託分、第2条債務負担行為。議案第67号令和元年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算。議案第71号長岡市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について。議案第72号長岡市保育条例の一部改正について。議案第73号長岡市児童館設置条例の一部改正について。議案第74号長岡市子育ての駅条例の一部改正について。議案第75号長岡市介護保険条例の一部改正について。議案第79号契約締結について、豊田小学校。  以上の議案8件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。  以上、報告いたします。 ○議長(丸山広司君) 次に、産業市民委員長池田和幸議員。   〔池田和幸君登壇〕 ◎池田和幸君 産業市民委員会の審査報告を申し上げます。  議案第66号令和元年度長岡市一般会計補正予算、第1条歳入歳出予算の補正中当委員会付託分。議案第68号長岡市もみじ園条例の制定について。議案第80号契約締結について、上川西コミュニティセンター。議案第81号契約締結について、中之島クリーンセンターし尿処理施設等解体。  以上の議案4件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。  以上、報告いたします。 ○議長(丸山広司君) 次に、建設委員長深見太朗議員。   〔深見太朗君登壇〕 ◎深見太朗君 建設委員会の審査報告を申し上げます。  議案第66号令和元年度長岡市一般会計補正予算、第1条歳入歳出予算の補正中当委員会付託分。議案第77号市道路線の認定及び変更について。議案第86号財産の取得について、ロータリ除雪車。  以上の議案3件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。  以上、報告いたします。 ○議長(丸山広司君) 以上をもって、各常任委員長の審査報告は終了いたしました。          ────────────※─────────── △日程第4  議案第68号 長岡市もみじ園条例の制定について  議案第69号 長岡市職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について  議案第70号 長岡市手数料条例の一部改正について  議案第71号 長岡市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第72号 長岡市保育条例の一部改正について  議案第73号 長岡市児童館設置条例の一部改正について  議案第74号 長岡市子育ての駅条例の一部改正について  議案第75号 長岡市介護保険条例の一部改正について  議案第76号 長岡市火災予防条例の一部改正について ○議長(丸山広司君) 日程第4、議案第68号から第76号までの条例9件を一括議題といたします。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 質疑なしと認めます。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 討論なしと認めます。  これより議案第68号から第76号までの条例9件を一括して採決いたします。  本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。          ────────────※─────────── △日程第5  議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  議案第67号 令和元年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算議長(丸山広司君) 日程第5、議案第66号及び第67号の補正予算2件を一括議題といたします。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 質疑なしと認めます。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 討論なしと認めます。  これより議案第66号及び第67号の補正予算2件を一括して採決いたします。  本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
             ────────────※─────────── △日程第6  議案第77号 市道路線の認定及び変更について  議案第78号 契約締結について(防災行政無線・FMラジオ方式移行)  議案第79号 契約締結について(豊田小学校)  議案第80号 契約締結について(上川西コミュニティセンター)  議案第81号 契約締結について(中之島クリーンセンターし尿処理施設等解体)  議案第83号 財産の取得について(消防ポンプ付救助工作車)  議案第84号 財産の取得について(高規格救急自動車)  議案第85号 財産の取得について(小型動力ポンプ付軽積載車等)  議案第86号 財産の取得について(ロータリ除雪車) ○議長(丸山広司君) 日程第6、議案第77号から第81号まで及び第83号から第86号までの事件議決9件を一括議題といたします。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 質疑なしと認めます。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 討論なしと認めます。  これより議案第77号から第81号まで及び第83号から第86号までの事件議決9件を一括して採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本件は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本件はいずれも委員長報告のとおり可決されました。          ────────────※─────────── ○議長(丸山広司君) なお、次の日程第7の議事につきましては、長岡地域土地開発公社との関係があるため、地方自治法第117条の規定により、除斥の対象となりますので、この際副議長と交代いたします。   〔議長交代〕 ○副議長中村耕一君) 議長と交代いたしました。          ────────────※─────────── △日程第7 議案第82号 財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地) ○副議長中村耕一君) 日程第7、議案第82号財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地)を議題といたします。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長中村耕一君) 質疑なしと認めます。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長中村耕一君) 討論なしと認めます。  これより議案第82号財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地)を採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長中村耕一君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。          ────────────※─────────── ○副議長中村耕一君) 日程第7の議事は終了いたしました。議長と交代いたします。   〔議長交代〕 ○議長(丸山広司君) 副議長と交代いたしました。          ────────────※─────────── △日程第8  議案第87号 副市長の選任について  諮問第 2 号 人権擁護委員の推薦について ○議長(丸山広司君) 日程第8、議案第87号及び諮問第2号の人事案件2件を一括議題といたします。  理事者の説明を求めます。磯田市長。   〔市長磯田達伸君登壇〕 ◎市長(磯田達伸君) 提案いたしました人事案件について説明いたします。  議案第87号副市長の選任については、令和元年7月15日で任期が満了いたします高見真二氏を再び副市長として選任したいというものであります。  諮問第2号人権擁護委員の推薦については、令和元年6月30日で任期が満了いたします佐藤忠弘氏を再び人権擁護委員として法務大臣に推薦するとともに、同じく令和元年6月30日で任期が満了いたします青栁敏郎氏及び伊丹以美子氏の後任として   長岡市脇野町831番地10        河 内 純 一 氏 及び   長岡市大町3丁目5番地10        武 藤 絹 代 氏 を人権擁護委員として法務大臣に推薦したいというもの、また令和元年9月30日で任期が満了いたします藤﨑和子氏を再び人権擁護委員として法務大臣に推薦したいというものであります。  よろしく御同意をお願いいたします。 ○議長(丸山広司君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。本件については、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本件については委員会への付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。討論はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 討論なしと認めます。  お諮りいたします。まず、議案第87号副市長の選任については、これに同意することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本件についてはこれに同意することに決しました。  次に、諮問第2号人権擁護委員の推薦については、これに同意することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、本件についてはこれに同意することに決しました。          ────────────※─────────── ○議長(丸山広司君) この際、高見副市長から発言を求められておりますので、これを許します。高見副市長。   〔副市長高見真二君登壇〕 ◎副市長(高見真二君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま副市長への再任につきまして御同意をいただき、まことにありがとうございます。1期目は、長岡のよいところをたくさん知ることができました。2期目は、さらに市民議員の皆様のお話をよく聞いて、市長を補佐し、職員を励まし、職員とともに初心に戻り、誠心誠意職務に精励する所存でございますので、なお一層の御指導を賜りますよう心よりお願い申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(丸山広司君) 以上をもって、挨拶は終了いたしました。          ────────────※─────────── △日程第9 議員派遣第1号 議員の派遣について ○議長(丸山広司君) 日程第9、議員派遣第1号議員の派遣についてを議題といたします。          ──────────────────────── 議員派遣第1号    議員の派遣について  地方自治法第100条第13項及び長岡市議会会議規則第161条第1項本文の規定により、次のとおり議員を派遣する。   令和元年7月2日                        長岡市議会議長  丸 山 広 司 1 総務委員会及び建設委員会現地視察  (1) 派遣場所及び目的    中之島浄化センター、長岡市与板消防署中之島出張所、長岡東西道路整備工事現場及び長岡崇徳大学 これらの施設及び事業に関する調査  (2) 派遣期日    令和元年7月23日  (3) 派遣議員    松井一男、五十嵐良一、山田省吾、長谷川一作、藤井達徳、丸山勝総、水科三郎、笠井則雄、五井文雄、深見太朗、荒木法子、諏佐武史、松野憲一郎、加藤尚登、杵渕俊久、酒井正春、加藤一康、池田明弘、田中茂樹、大竹雅春、中村耕一(21人) 2 文教福祉委員会及び産業市民委員会現地視察  (1) 派遣場所及び目的    長岡市立豊田小学校長岡市埋蔵文化財収蔵センター、長岡火力発電所長岡フェニックス・メガソーラー発電所長岡オフィス・アルカディア及び西部丘陵東地区産業ゾーン これらの施設及び事業に関する調査
     (2) 派遣期日    令和元年7月24日  (3) 派遣議員    大竹雅春、池田明弘、豊田朗、関充夫、古川原直人、桑原望、関正史、関貴志、池田和幸、田中茂樹、多田光輝、神林克彦中村耕一、諸橋虎雄、高野正義、小坂井和夫、松野憲一郎、藤井達徳(18人) 3 中越地区市議会合同議員研修会  (1) 派遣場所及び目的    燕市文化会館    中越地区市議会合同議員研修会に出席するため  (2) 派遣期日    令和元年8月6日  (3) 派遣議員    多田光輝、神林克彦、豊田朗、諏佐武史、松野憲一郎、深見太朗、池田明弘、荒木法子、田中茂樹、大竹雅春、池田和幸、五十嵐良一、加藤尚登、山田省吾、関充夫、杵渕俊久、中村耕一、長谷川一作、藤井達徳、諸橋虎雄、丸山勝総、古川原直人、桑原望、関正史、松井一男、水科三郎、笠井則雄、関貴志、酒井正春、高野正義、加藤一康、五井文雄、小坂井和夫(33人)          ──────────────────────── ○議長(丸山広司君) お諮りいたします。配付した資料のとおり議員を派遣することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山広司君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり議員を派遣することに決しました。          ────────────※─────────── ○議長(丸山広司君) 以上をもって、令和元年長岡市議会6月定例会を終了いたします。  御協力まことにありがとうございました。          ────────────※─────────── ○議長(丸山広司君) これにて閉会いたします。   午後1時23分閉会          ────────────※─────────── 〇総務委員会審査報告書 1 議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分  (2) 第3条 地方債の補正 2 議案第69号 長岡市職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について 3 議案第70号 長岡市手数料条例の一部改正について 4 議案第76号 長岡市火災予防条例の一部改正について 5 議案第78号 契約締結について(防災行政無線・FMラジオ方式移行) 6 議案第82号 財産の取得について(栃尾地域交流拠点施設(仮称)整備事業用地) 7 議案第83号 財産の取得について(消防ポンプ付救助工作車) 8 議案第84号 財産の取得について(高規格救急自動車) 9 議案第85号 財産の取得について(小型動力ポンプ付軽積載車等)  以上の議案9件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。  以上、報告します。    令和元年6月27日                  長岡市議会総務委員会委員長  松 井 一 男  長岡市議会議長  丸 山 広 司 様          ──────────────────────── 〇文教福祉委員会審査報告書 1 議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分  (2) 第2条 債務負担行為 2 議案第67号 令和元年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算 3 議案第71号 長岡市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について 4 議案第72号 長岡市保育条例の一部改正について 5 議案第73号 長岡市児童館設置条例の一部改正について 6 議案第74号 長岡市子育ての駅条例の一部改正について 7 議案第75号 長岡市介護保険条例の一部改正について 8 議案第79号 契約締結について(豊田小学校)  以上の議案8件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。  以上、報告します。    令和元年6月25日                  長岡市議会文教福祉委員会委員長  大 竹 雅 春  長岡市議会議長  丸 山 広 司 様          ──────────────────────── 〇産業市民委員会審査報告書 1 議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分 2 議案第68号 長岡市もみじ園条例の制定について 3 議案第80号 契約締結について(上川西コミュニティセンター) 4 議案第81号 契約締結について(中之島クリーンセンターし尿処理施設等解体)  以上の議案4件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。  以上、報告します。    令和元年6月24日                  長岡市議会産業市民委員会委員長  池 田 和 幸  長岡市議会議長  丸 山 広 司 様          ──────────────────────── 〇建設委員会審査報告書 1 議案第66号 令和元年度長岡市一般会計補正予算  (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分 2 議案第77号 市道路線の認定及び変更について 3 議案第86号 財産の取得について(ロータリ除雪車)  以上の議案3件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。  以上、報告します。    令和元年6月26日                  長岡市議会建設委員会委員長  深 見 太 朗  長岡市議会議長  丸 山 広 司 様          ────────────※───────────  地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。                       長岡市議会議長  丸 山 広 司                       長岡市議会副議長 中 村 耕 一                       長岡市議会議員  池 田 和 幸                       長岡市議会議員  五十嵐 良 一...