ツイート シェア
  1. 新潟市議会 2014-11-18
    平成26年11月18日議会運営委員会-11月18日-01号


    取得元: 新潟市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-28
    平成26年11月18日議会運営委員会-11月18日-01号平成26年11月18日議会運営委員会         議会運営委員会会議録                平成26年11月18日(第1議運)                                     議会運営委員会平成26年11月18日   午前10時01分開会               午前11時19分閉会委員会  1 会派名の変更,会派構成員の変更,会派役員の変更及びこれらに伴う議会運営委員の辞任,指名について  2 図書室運営委員について  3 広報委員について  4 議会改革推進会議委員ついて  5 閉会中に結論が出た議案について  6 職員給与等に関する報告及び勧告について  7 郵送による陳情について  8 12月定例会について  9 次回議運開会日時について
    〇委員協議会  1 会派構成等に伴う協議事項について  2 その他 〇出席委員等  (副委員長)  本 図 良 雄  (委  員)  古 泉 幸 一  皆 川 英 二  梅 山   修  青 野 寛 一          五十嵐 完 二   風 間 ルミ子  加 藤 大 弥  山 際   務          串 田 修 平  小 山   進  水 澤   仁  (議  長)  志 田 常 佳  (副議長)(委員外議員)  青 木 千代子  (委員外議員) 深 谷 成 信 〇欠席委員  (委 員 長)  遠 藤   哲 〇出席説明員  財務部長  岡 田 芳 和  財務課長  山 本 正 雄  総務課長  小 山   朗  議事課長  藤 崎 三七雄 以上のてんまつは会議録のとおりであるので署名する     議会運営副委員長  本 図  良 雄 ○本図良雄 副委員長  ただいまから議会運営委員会を開会します。(午前10:01)  遠藤哲委員長が入院のため欠席ですので,私がかわって委員長の職務を行います。  本日の欠席は,今ほど申し上げたとおり遠藤哲委員長が入院のため欠席です。  なお,深谷議員が委員外議員として出席していますので,御承知おき願います。  本日は,10月7日の議運でお決めいただいたとおり,各議題の協議終了後,本委員会に付託され継続審査となっている陳情第117号の審査及び意見,要望,採決を行いますので,御承知おき願います。  なお,陳情第117号については本日趣旨説明を受ける予定としていますが,趣旨説明者より本委員会傍聴及び趣旨説明時車椅子使用したいとの申し出があり,委員長において許可しましたので,御承知おき願います。  ここで,新潟日報社から本日の委員会写真撮影及び録音したい旨の申し出がありますが,これを許可することに御異議ありませんか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  許可することに決定しました。  それでは,議題に入ります。  1 会派名の変更,会派構成員の変更,会派役員の変更及びこれらに伴う議会運営委員の辞任,指名について  別紙1から3をごらんください。議長から発言を求められていますので,お聞き取り願います。 ○志田常佳 議長  別紙1から3ですが,11月10日付新潟市政クラブ長の金子益夫議員から会派名の変更,会派構成員の変更及び会派役員の変更届について,それぞれ議長に届け出がありましたので,御報告いたします。なお,これらの件については,閉会中でありましたことから各会派室の掲示板に掲示させていただきました。  また,議会運営委員の辞任についてですが,同じく11月10日付,金子孝議員から議会運営委員の辞任願が提出されました。私としては,この辞任願を委員会条例第14条の規定に基づいて同日付許可しましたので,御報告いたします。なお,金子孝議員議会運営委員の辞任許可に伴い,委員会条例第8条第1項ただし書きの規定により,同日付議会運営委員に串田修平議員を指名しました。議会運営委員の辞任許可及び指名については,12月定例会招集日の本会議で報告させていただきます。 ○本図良雄 副委員長  ただいまの議長発言のとおりです。  これらの届け出の提出を受け,議員名簿等の掲載順序など委員の皆さんに御協議いただきたい事項が幾つかありますので,この後の委員協議会で御協議願いたいと思います。  ここで,議会運営委員会を休憩し,委員協議会を開会します。(午前10:05)  1 会派構成等に伴う協議事項について  (1),議員名簿等の掲載順序について,別紙11をごらんください。  会派の記載順は,従来から大会派順,同数の場合は届け出順となっています。市民連合と新潟市政クラブが同数となり,届け出順に掲載することになります。したがって,議員名簿の掲載順序については,裏面になりますが,市民連合,新潟市政クラブの順ということでよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように確認します。  ついては,出退表示板も議員名簿順に変更するので,御承知おき願います。  (2),議席について,別紙12をごらんください。  現在の議席表です。議席については,幹事長会議で御協議いただくことになっていましたが,皆川委員,現在の状況はどうでしょうか。 ◆皆川英二 委員  それでは,申し上げます。  現状は,今回私ども保守市民新潟が最大会派になりましたので,一応その由この席が欲しいということで皆さんに明示しまして,あとはほかの会派からそれぞれに判断していただいて,大体それでいいだろうというお話を受けていますが,まだ正式な決定にはなっていませんので,もう少しお待ちいただきたいと思います。 ○本図良雄 副委員長  では,持ち帰りということでよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  (3),議員控室について,前回の議運で皆川委員から旧新潟クラブの会派室を保守市民新潟会派室とさせていただき,旧新潟クラブの方々に旧市民クラブの会派室に移動していただくこととさせてもらいたい旨の発言があり,持ち帰りとなっていました。各会派の意向をお聞かせ願いたいと思います。 ◆梅山修 委員  新市民クラブ,了です。 ◆五十嵐完二 委員  共産党議員団も同様です。 ◆加藤大弥 委員  民主にいがたは,提案の件で了解です。 ◆串田修平 委員  新潟市政クラブ,了解です。 ◆小山進 委員  公明党市議団,了解です。 ◆水澤仁 委員  新風クラブ,了解です。 ○本図良雄 副委員長  市民連合も了としたいと思います。  各会派,了解と言うことですので,そのように決定します。  ここで事務局から発言を求められていますので,お聞き取り願います。 ◎小山朗 総務課長  今ほど決定されました議員控室の移動に伴います電話機について,事務局からお話をさせていただきます。  議員控室の電話機につきましては,議員お二人に1台の割合,端数は切り上げで設置しています。保守市民新潟は10人ですので,5台となり,旧新潟クラブ控室の5台をそのまま御使用いただくことになりますし,新潟市政クラブは5人ですので,端数切り上げで3台となり,旧市民クラブ控室の3台をそのまま御使用いただくことになります。なお,会派に属さない議員の控室も人数の変動がありましたが,端数切り上げで2台のままとなりますので,御承知おきくださるようお願いいたします。 ○本図良雄 副委員長  ただいまの総務課長の発言のとおりです。  ここで,委員協議会を休憩し,委員会を再開します。(午前10:09)  2 図書室運営委員について  3 広報委員について  会議規則に協議または調整を行うための場として規定していることから,議運で決定させていただくものです。別紙4及び5のとおり新潟市政クラブから固有名詞の提出があり,下線を引いてあります。このとおり決定してよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  4 議会改革推進会議委員について  別紙6をごらんください。  保守市民新潟新潟市政クラブから固有名詞の提出があり,議長から指名があったものです。別紙6のとおり確認してよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように確認します。  5 閉会中に結論が出た議案について  議案第123号の決算の認定についてですが,去る10月21日決算特別委員長から審査が終了した旨,別紙7のとおり議長に報告があったものです。したがって,本件については12月定例会の招集日に委員長報告を願うことになりますので,御承知おき願います。  6 職員給与等に関する報告及び勧告について  ここで,議長から発言を求められているので,お聞き取り願います。 ○志田常佳 議長  職員給与等に関する報告及び勧告についてです。去る10月8日,人事委員会委員長から議会に対して平成26年度の職員給与等に関する報告及び勧告がありました。なお,12月定例会までに期間があったことから,既に委員の皆様方には写しを配付しています。したがいまして,本会議場には出納検査の結果と同様に議員各位宛ての文書のみ配付させていただきますので,御承知おき願いたいと思います。 ○本図良雄 副委員長  ただいまの議長発言のとおりです。  本件については,12月定例会招集日の議事日程に上程されるので,御承知おき願います。  7 郵送による陳情について  別紙8をごらんください。  陳情第118号悪性腫瘍通称(ガン)の名称変更について,陳情第119号横田めぐみさん拉致事件に関することについて,記載のとおりこれらは郵送による陳情です。郵送による陳情については,先例により議運への報告にとどめることになっていますので,御承知おき願います。  8 12月定例会について  (1),招集日,12月2日,火曜日です。  (2),付議事件については,ア,市提出側案件は別紙9のとおりであり,財務部長から説明をお願いします。 ◎岡田芳和 財務部長  12月定例会の予定議案件名について御説明いたします。
     当初提案を予定している案件は全部で64件です。資料別紙9に基づきまして説明させていただきます。1番目から3番目までは,一般会計初め3会計の補正予算です。一般会計補正予算の内容については,後ほど山本財務課長から御説明いたします。  4番目は,現計画の期間終了に伴い,新潟市基本構想及び基本計画を定めるものです。なお,これに関してグラフ等が入った参考資料を議案とあわせて配付する予定でいますので,御承知おき願います。  5番目から9番目までは,地方教育行政制度改革関連の条例の制定,一部改正です。新たな教育長制度が導入されることに伴い,関連する規定を整備するものです。まず,5番目は教育長給与について定めるものです。6番目は,教育長職務専念義務の特例について定めるものです。7番目は,新制度において教育長は常勤の特別職と位置づけられることに伴い,関連する条例の規定を整備するものです。8番目は,教育長勤務時間などに関する規定を整備するものです。9番目は,新たな制度では教育委員会教育長教育委員で構成されることとなるため,教育委員の定数を9人から8人に改めるものです。  10番目は,民生委員法の改正により民生委員の定数は条例で定めるとされたことに伴い,条例を制定するものです。  11番目は,マイナンバー法の制定を受けて,新潟市個人情報保護審議会の所掌事務を追加するものです。  12番目は,区自治協議会の委員の再任回数の限度の見直しや部会出席に係る費用弁償の支給などを定めるものです。  13番目は,奨学金連帯保証人の要件の見直しなどを行うものです。  14番目は,健康保険法施行令の改正を受けて,関連する規定を整備するものです。  15番目は,児童福祉法の改正を受けて,ひまわりクラブの対象児童の拡大などを行うものです。  16番目は,児童福祉法の改正を受けて,関連する規定を整備するものです。  17番目は,原発事故に関して子ども被災者支援法における支援対象避難者について,市営住宅への入居者資格の要件を緩和するものです。  18番目は,石油の里公園について施設の名称変更,事業内容の追加を行うものです。  19番目は,マンションの建てかえの円滑化等に関する法律の改正を受けて,関連する規定を整備するものです。  20番目は,不特定多数の者が出入りする建物について,消防用設備の状況が法令等に違反している場合などにその旨公表できるようにするものです。  21番目は,新潟県市町村総合事務組合について,見附市新潟県中越福祉事務組合が共同処理事務加入することに伴い,規約を変更するものです。  22番目は,権利の放棄について,生活保護費徴収金に係る債権について権利の放棄をするものです。  23番目は人事案件で,人事委員会委員の選任についてです。内容は別添資料をごらんください。現委員である丸山正氏は平成27年1月10日で任期を満了することに伴い,議会同意を得て後任として新たに兒玉武雄氏を選任するものです。同氏は,弁護士として活動する傍ら,平成13年から現在まで新潟県労働委員会委員を務めるなど人事行政に関し識見を有し,不服申し立てへの対応など準司法権限を有する人事委員が担う職責への貢献が期待できることから選任したいと考えるものです。こちらについては人事案件ですので,本会議での即決をお願いいたしたいと思います。  予定件名一覧にお戻りください。24番目は,当せん金付証票の発売について,いわゆる宝くじ平成27年度の発売限度額を定めるものです。  25番目から63番目までの39件は,指定管理者の指定についてです。記載の各施設について指定期間の満了などに伴い,公募等により選定した者を新たな指定管理者として指定し,管理を行わせるものです。順に,25番目は北地区コミュニティセンター,26番は北区文化会館,27番は木戸コミュニティセンターなど,28番は北部総合コミュニティセンターなど,29番は旧斎藤家別邸,30番目は小杉地区コミュニティセンター,31番は亀田地区コミュニティセンター,32番は亀田あけぼの会館,33番目は亀田駅地域交流センターなど,34番は亀田総合体育武道場など,35番は石油の世界館,36番は坂井輪コミュニティセンターなど,37番は西川地域コミュニティセンターなど,38番は岩室体育館など,39番はバイオリサーチセンター,40番は新潟勤労者総合福祉センター,41番は大江山農村環境改善センターなど,42番は新保地域研修センターなど,43番は岩室観光施設,44番は中之口農業体験公園,45番は乳児院,46番は北区豊栄健康センターなど,47番は老人憩の家大山台,48番は老人デイサービスセンター藤見,49番は老人デイサービスセンター早川町など,50番目は老人デイサービスセンター向陽園など,51番は老人デイサービスセンターかんばらの里など,52番は南区月潟健康センターなど,53番は白根児童センター,54番は白根北児童館,55番は白根南児童館,56番は老人デイサービスセンター黒埼荘など,57番は岩室健康増進センターなど,58番は巻ふれあい福祉センターなど,59番は岩室地域児童館,60番は老人デイサービスセンター岩室など,61番は亀田向陽住宅など,62番は石宮公園地下自転車駐車場など,63番は信濃バレー親水レクリエーション広場,それぞれの施設の管理を行わせるものです。  64番は人事案件で,諮問,人権擁護委員候補者の推薦についてです。再任4名,新任1名の推薦を提案いたします。内容は別添資料をごらんください。まず,お一人目の小林勲氏は現在1期目で,民生委員児童委員をおよそ8年間務められ,現在鳥屋野地区民生委員児童委員議会会長も務められており,地域住民の人望も厚い方です。次の金山節子氏は現在2期目で,長年の幼稚園教諭を  生かしながら積極的に人権啓発活動に取り組んでおられます。次の中野睦宗氏は現在2期目で,曹洞宗新潟県第四宗務所の人権擁護推進委員を2度務めるなど日々研さんに努めておられ,地域における人望,信頼も厚い方でいらっしゃいます。次の若井悦子氏は現在1期目で,長年小中学校教諭を務められ,現在は秋葉区学校支援会でボランティアをしておられます。次の内山浩子氏は長年小学校教諭を務められ,いじめや子供人権に経験と知識をお持ちでいらっしゃいます。今回の推薦に当たっては,西白根地区総代及び前任の委員から適任者として御紹介いただきました。これらの候補の方々については,いずれも経験,意欲とも豊かで人権擁護委員として適任であり,今後も活躍が期待できることから,再任あるいは新任の推薦をお願いするものです。これらについても,人事案件ですので,本会議の即決をお願いしたいと思います。  以上64件御説明しましたが,このほかに人事委員会勧告に基づく給与改定関係議案の提案を予定しています。職員組合との交渉や議案準備が整いましたら,当初提案その2という形で提案させていただければと考えていますので,御承知おきくださいますようお願いいたします。  また,市長選後の定例会ですので,招集日は本会議の市長提案理由説明の冒頭において市長の所信表明を述べさせていただきたいと考えておりますので,どうぞよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。  続いて,補正予算の内容については山本財務課長から御説明いたします。 ◎山本正雄 財務課長  それでは,私から平成26年12月議会定例会におきます一般会計補正予算の内容等について御説明申し上げます。  平成26年12月議会定例会一般会計補正予算の主な内容をごらんください。補正予算の規模ですが,一番下の合計欄,ごらんいただきますとおり,13億4,700万円余の減額補正を予定しています。このうち歳出予算の主な内容を御説明いたします。最初の国家戦略特区農業保証制度資金ですが,中小企業向けの信用保証制度について農業分野まで対象を拡大し,保証料に対する助成を行うことで,区域内において商工業とともに農業を営む事業者が必要とする資金調達の円滑化を図るため,新たな制度を創設するものです。  次の子育て世帯臨時給付金支給事業は,支給対象者が当初見込みを上回ったことから増額補正を行うものです。  次の松くい虫防除対策費は,被害木の拡大に対応するため,伐倒駆除などに係る経費を増額するものです。  次の新潟駅周辺地区整備事業は,国の補助内示の増に伴いまして,連続立体交差事業に係る経費を補正するものです。  続いて,その他として,債務負担行為設定を含めて5点ほどあります。最初の介護保険事業会計繰出金は,平成27年度からの制度改正に伴いシステムを改修するものです。次の農地基本台帳整備事業は,農地法の改正に伴いシステムを改修するものです。次の破砕施設管理運営事業は,新田清掃センターの破砕設備の修復に係る経費を補正するものです。次のゆきよし跨線橋補修事業及び橋りょう点検事業については,平成26年度中に契約を行いまして,平成27年4月から円滑に事業を実施するため平成27年度分の債務負担を設定するものです。  最後に,減額補正については,国補助内示の減額などを受けて事業費が確定したことにより,現時点で不用が見込まれる事業について一定の整理を行うため減額補正するものです。  左の欄の歳入については,歳出に伴う財源を計上しています。  それでは,裏面をごらんください。補正予算に関する説明は以上ですが,参考資料として平成26年度一般財源の状況について御説明いたします。こちらは,9月議会においても一度御説明さしあげていますが,これは9月補正後の状況ということでリニューアルしたものです。現時点での一般財源合計額は,繰越金,市税合わせまして①のとおり15億8,400万円余となっています。そして,②,今ほど御説明しました12月補正の所要財源として,通常補正と減額補正合わせて2,300万円余が必要となります。また,今後③のとおり国庫負担金等の返還が生じるということで,こちらの財源としても約2億円を見込んでいます。そうしますと,差し引き一般財源としては一番下,④にありますとおり13億6,100万円余となり,これをもって年度末までの財政需要に対応したいと考えています。 ○本図良雄 副委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。 ◆五十嵐完二 委員  指定管理の議案が随分と多いですが,先ほど説明がありましたように指定期間満了に伴うものが多いと思われます。新たに指定管理施設にするものがもしあれば,何番かわかれば,お答えいただきたいと思います。 ◎岡田芳和 財務部長  この中で申しますと,31番,亀田地区コミュニティセンター,34番,亀田総合体育武道場等,37番,西川地域コミュニティセンターなど,38番,岩室体育館など,45番,乳児院,55番,白根南児童館,59番,岩室地域児童館,61番,亀田向陽住宅など,このあたりが新たに指定管理となる施設です。 ○本図良雄 副委員長  そのほかありますか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  それでは,ただいま人事案件について即決の要請がありましたが,いかがいたしましょうか。                (「持ち帰り」との声あり) ○本図良雄 副委員長  それでは,持ち帰りとします。  次に,12月定例会で所信表明を冒頭述べさせていただきたいということで申し出がありましたが,これを許可することに御異議ありませんか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  イ,議会側付議案件ですが,(ア),議案第123号決算の認定について,決算特別委員会審査の経過並びに結果報告です。  (イ),報告ですが,職員給与等に関する報告及び勧告について,議会運営委員の指名及び辞任許可について,出納検査の結果について,指定専決に係る和解及び損害賠償の額の決定について,指定専決に係る損害賠償の額の決定についてです。  (3),会期,日程についてですが,別紙10の委員長私案をごらんください。  日程案ですが,12月2日,本会議,市長提案理由説明,各常任委員会,3日,議案調査のため休会,一般質問の通告締め日です。4日,5日が休会であり,8日から本会議,一般質問,9日,10日,11日が一般質問です。12日,各常任委員会,15日,各常任委員会,16日,17日,それぞれ各常任委員会,18日が特別委員会,19日が議事整理日です。22日が本会議,採決です。ここで8日から11日の一般質問ですが,先ほど財務部長から初日に所信表明を行いたいとの発言がありましたが,これまでは市長選及び議員改選後においては代表質問形式を加味した一般質問がなされた前例があります。今回もそのような形式で一般質問の枠内で代表質問を行いたいと思いますが,よろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  今ほど一般質問の枠内で代表質問を行うということで決定いただきましたが,質問の方式についてはいかがいたしましょうか。参考までに申し上げますと,従来2月定例会で行っている各会派代表質問は,一括質問,一括答弁方式で行うことが確認されていますが,今回はどのように行いますでしょうか。                (「従前どおり」との声あり) ○本図良雄 副委員長  それでは,従前どおり各会派代表質問については,一括質問,一括答弁方式で行うということで決定しました。  なお,質問の順番についてですが,1巡目については大会派順,同数会派については届け出順に行っていただき,それ以降のものについては抽せんによることとしたいと思いますが,よろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  それでは,別紙10のとおり12月定例会日程を決定してよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように決定します。  したがって,会期は12月2日から12月22日までの21日間と決定します。  ここで委員会を休憩します。(午前10:32)                    (休  憩) ○本図良雄 副委員長  委員会を再開します。(午前10:34)  9 次回議運開会日時について  11月25日,火曜日,午前10時からです。  ここで議会運営委員会を休憩し,委員協議会を再開します。(午前10:34)  2 その他  公共交通調査特別委員長の山田洋子議員から本日の議運終了後,委員会を開会するとの話がありましたので,関係者の皆さんに御周知願います。  ここで,小山進委員から発言を求められていますので,お聞き取り願います。 ◆小山進 委員  本日午後2時から市民厚生常任委員協議会を開会させていただきますので,御周知のほうお願いしたいと思います。 ○本図良雄 副委員長  小山進委員の発言のとおりです。こちらも関係者の皆さんに御周知願います。  ここで委員協議会を休憩します。(午前10:35)                    (休  憩) ○本図良雄 副委員長  委員会を再開します。(午前10:37)  それでは,継続審査になっている陳情の審査及び意見,要望,採決を行います。  当委員会に付託されている陳情は,お手元に配付の付託一覧表のとおりです。  ここで,本日の進め方についてお諮りします。初めに,委員協議会において陳情第117号の提出者から趣旨説明を受け,その後委員会を再開し,趣旨説明を受けた陳情第117号の審査を行い,陳情の審査終了後に意見,要望,採決を行いたいと思いますが,いかがでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  そのように行います。  ここで,陳情の提出者から趣旨説明を受けるため委員会を休憩し,委員協議会を再開します。(午前10:38)  陳情第117号新潟市議会基本条例の遵守を求めることについてです。  説明者を御紹介いたします。木伏茂さんです。説明者の方は席にお着き願いたいと思います。 ○本図良雄 副委員長  木伏さん,本日は趣旨説明においでいただき,ありがとうございました。趣旨説明は,御連絡してあるとおり5分程度となります。議事進行の都合もありますので,御協力をお願いします。  また,説明者の方は発言に当たっては挙手をお願いします。  なお,陳情第117号については説明者より説明資料を配付したい旨の申し出がありますが,配付してよろしいでしょうか。                  (異 議 な し) ○本図良雄 副委員長  それでは資料を配付します。  (別紙資料「新潟市議会基本条例」,「新潟市議会基本条例の遵守を求める陳情」,「友達と約束して,約束を破る人は誰か?」,「はぐれ「カラス」の一人旅」,「BRTに私は反対しました。BRTに私は賛成しました。」配付) ○本図良雄 副委員長  それでは木伏さん,お願いします。 ◎木伏茂氏 それでは,趣旨説明ということで,皆さんのところへ陳情文書が配付されています。これを一読いただきたいと思います。私は身体障害者2級,介護2級になっておりまして,全くうまくしゃべれません。ですから,文書とか書類をたくさんつくってきました。私は皆さんのように口上手であれば趣旨説明もできるのですが,全くこんな状態です。つえをついて車椅子に乗ってきました。なぜ乗ってきたかといいますと,皆さん議員は調査権と捜査権を混同しておる。陳情を出しましたら,これを見ていただくとおわかりのように,1番目のとき,6月のときはどういうふうな格好で返ってきたかといいますと,「刑事事件の真相解明とあり,議会司法の場でないため,議会による審査にはなじまない。」ということで書かれています。全く議員でありながら捜査権と調査権をごっちゃにしている。先般の衆議院議員のある女性候補は,その問題は議会でも問題にされておるのです。全く新潟市の市会議員は,私も議員を経験してきましたが,この程度の議員なのか,私は寂しくなると同時に涙が出ました。  それから,第2番目はどう書いてあるか,これを見てください。私の陳情に対して,「9月1日に新潟交通から議長へ経過の説明があり,9月2日,議長から各会派代表者に報告があったため。」私に連絡は何もないと。何のために陳情を出しておるか。全く議員としての権能を発揮しておらない。  そして,今回私は3度目の正直ということで陳情を出しました。やっと私の真意を御理解いただいた。何のために議員をやっているのだと私は疑いたくなります。私も長く議員をやってきました。こんな議員だったらいいな,楽だなと私は皆さんに苦言を申したい。そういう意味で私は今回陳情を出しました。  陳情には,皆さんがつくった条例を皆さんが破っておられる。何のために新潟市議会基本条例をつくられたのか。新潟市議会基本条例の第8条第3項にはどう書いてあるのですか。「議会は,請願及び陳情を市民による幅広い提案や意見と位置付け,提案者の申出により,意見を聴く機会を設けます。」と書いてありながら,私からはきょうまで意見は全く聞かなかった。何のためにこの基本条例をつくったのですか。いいかげんにしてもらいたい。自分たちがつくって自分たちで破っておる。  ついでにこの漫画も見ていただきたい。私はこんな五体満足でない体で漫画をつくったのです。私の心中を察してください。漫画を見てください。私は,本当にこんな体で来ているのです。皆さんのように五体満足であれば,そして高給をもらっていれば,我々は本当に皆さんの立場を理解できません。もっと真面目にやっていただきたい。何ですか,自分たちで条例をつくっていながら自分たちで条例を破っている。 ○本図良雄 副委員長  木伏さん,そろそろまとめてくれますか。 ◎木伏茂氏 まとめということですが,私は口下手ですので,まとめはうまくできませんが,よく胸に手を当てて考えていただきたい。市民は,皆さんを信頼するかしないかは選挙でしかできないのです。来年4月の統一選挙に有権者に胸を張って物が言える行動をとっていただきたい。それだけで結構です。 ○本図良雄 副委員長  木伏さん,大変ありがとうございました。  この際,委員の方で説明者にお聞きすることはありませんか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  ないようですので,以上で陳情第117号の趣旨説明を終わります。  説明者の方は大変お疲れさまでした。
     ここで委員協議会閉会し,委員会を再開します。(午前10:46)  続いて,審査を行います。  なお,委員の皆様に申し上げます。陳情の審査については,採択か不採択かを判断するために,所管課に対してはあくまでもわからない部分について参考までにお聞きするものであり,それを踏まえた上で発言するようにお願いします。  それでは,陳情第117号について審査を行います。審査の参考とするために所管課にお聞きすることはありますか。所管課の関係でいいますと,基本条例の関係部分については調査課になりますし,陳情付託の関係部分については議事課になると思いますが,お聞きすることはありませんか。 ◆五十嵐完二 委員  私は,この陳情第107号の……                 (「117号」との声あり) ◆五十嵐完二 委員  いやいや,前の陳情第107号の議会への説明の有無の確認を求めることについてということについては,付託して議会運営委員会で審議すべしという立場をとりました。議会内では9月1日か2日に説明があったかもしれませんが,陳情者を初め一般市民の皆さんはその説明があったかどうかさえ確認できない立場にあったわけですから,そういう立場で陳情があった場合,陳情は付託して,こういう説明がありましたよと陳情者にお答えするのは当然で,先ほど陳情者の方が言われた議会基本条例の第8条,この立場を発揮することが必要だということで主張しましたが,少し聞きたいのは,この案件については議会の中では説明あったよと,しかし一般的にはそういうことは公表されていないわけだから,議長なり各会派代表者なりに説明があったことについて,市民の方はなかなか知る由もないという状況だと。そういう状況にあったということで理解していいでしょうか。 ○本図良雄 副委員長  陳情を取り上げなかったという連絡がやられたかどうかということですか。 ◆五十嵐完二 委員  いやいや,議会の立場として,議長なりに新潟交通から説明があった,議長から各会派代表者に説明があったと。そういうことは,議会側の発信の仕方として市民の皆さんにこうありましたよということを広く知る状況にはなかったという理解でいいのでしょうか。 ◎藤崎三七雄 議事課長  陳情第117号の関係でその原因となった前回,前々回の陳情についてのお尋ね,陳情第107号の件で申し上げます。御案内のとおり,議会運営委員会の中で付託の協議がなされまして,そのとき9月1日に新潟交通から議長へ経過の説明があり,9月2日議長から各会派代表者に報告があったためということで,議会運営委員会の中でそれは結論という形で付託しない理由として皆さんに確認をとっていただいたと思っています。私ども事務方としては,陳情が出てきた際には陳情を受け付けまして,議会運営委員会に報告し,皆さんに供覧して,それを付託するかしないかはこの場で御判断いただいていますが,陳情第107号については付託しないという一定の結論が出たものですから,それをもとに陳情書の処理についてということで,従前1回目の陳情が付託されても提出者の方には案内を差し上げているのですが,今回は審査に付さなかったわけですが,陳情書の処理についてということで先ほど私が申し述べた理由を付して提出者の方に差し上げたということです。それが今までの事実経過となりまして,結局この案件が議会運営委員会の中で話が出てきているわけですので,公開の場でこういう話があったということの事実までしか私のほうでは申し上げられないわけでありまして,答えになっているかどうかわかりませんが,今までの事実経過についてはそういう形です。 ◆五十嵐完二 委員  一言言っておきます。市役所内あるいは議会内で決まっていることであっても,多くの市民の皆さんはわからないわけです。その際,そういう請願なり陳情が出ると,それは付託して,こうなっていますということでその説明をすると。これは言ってみればふさわしい立場だと思うのです。いわば誤解やなかなか情報が行き届かないことによって,そういう陳情を出す。まして今回のケースは,議長会派代表者だけに伝えた中身,市民の方は知る由もないという状況のもとで出された陳情は付託して,これこれこういうことですよということでお返しするのが我々議会としての役割ではないかと思うので,私は陳情者の陳情趣旨はもっともなものだと感じています。これは質問ではありません。 ○本図良雄 副委員長  意見ですね。 ◆五十嵐完二 委員  はい。 ○本図良雄 副委員長  そのほかありますか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  なければ,次に各委員から御意見があったらお願いします。 ◆皆川英二 委員  今ほど趣旨説明をいただきました。陳情第117号ですが,先回の陳情第103号,第107号に関しては既に結果が出ているということで,私は今の木伏さんのお話は,今後こういう陳情に対して議会としてきちんと精査して受けると。結局全て受けるのでしたら,議運で審査する必要はないのです。ただ,いろいろな問題があって,これは付託しよう,いいだろうということで今までやってきましたので,それはそれなりでやるのですが,それをもう少し深く考えてやっていこうと。やってもらいたいという市民の声を上げてくれということで私は判断したのですが,それはそれで私はいいことだと思います。 ◆青野寛一 委員  皆川委員とほぼ同趣旨ですが,議会内ではやったと,公開でやったということですが,市民に対してわかりにくかったという点はもっともかと思いますので,皆川委員の言われる今後はそういうふうにやるべきという意見です。 ◆五十嵐完二 委員  陳情第103号について……                   (何事か声あり) ◆五十嵐完二 委員  ①の陳情第103号についても一言言っておきたいのですが,先ほど陳情者の方が調査権と捜査権とおっしゃいましたが,BRTの説明者だったにしても,この案件は一新潟交通という私企業社員バスカードを換金したということで,今回のBRT事業は確かにその説明者でしたが,では換金することによって新潟市の税金が不正にというか,そういうことと直接リンクしないと。そういう意味ではまず司法の判断できちんと解明する,あるいは必要な処罰をすることが必要で,仮にほかの企業内で不正があったとき議会はそこを調査すべきだということになるので,私どもは陳情第103号については司法の判断ということで,付託はふさわしくないという対応をとらせていただいたという私どもの立場を申し上げさせていただきます。 ◆青野寛一 委員  今の発言は調査権と捜査権の関係だと思いますが,結論は私も同じ意見ですが,ただいろいろな案件において調査権と捜査権の接点が非常に難しいところがあります。私は,調査権は議会に十分あるので,これはきちんと行使すべきだということを意見として申し上げます。 ○本図良雄 副委員長  そのほかありませんか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  以上で陳情第117号の審査を終わります。  これから採決に入りますが,採決に当たっては各会派態度等を含めて休憩は必要ですか。特に要りませんか。                (「持ち帰り」との声あり) ○本図良雄 副委員長  何分ぐらいですか。               (「15分もあれば」との声あり) ○本図良雄 副委員長  一旦持ち帰りにしたいと思いますが,午前11時15分再開としたいと思います。ここで委員会を休憩します。(午前11:00)                    (休  憩) ○本図良雄 副委員長  委員会を再開します。(午前11:16)  それでは,付託されている陳情の意見,要望,採決を行います。  採決の流れについて説明します。陳情については,初めに継続審査の意見があれば継続審査についてお諮りします。その際挙手のない方は継続審査に反対とみなしますので,よろしくお願いします。継続審査とならない場合は,採択か不採択か,結論を出していただきます。なお,採択についてお諮りするので,挙手のない方は不採択とみなしますので,よろしくお願いします。  それでは,陳情第117号について継続審査の意見はありませんか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  継続審査との声がないので,採択か不採択かについてお諮りします。  初めに,意見はありませんか。 ◆五十嵐完二 委員  先ほど申し上げました個別の件については,意見があるものもありますが,新潟市議会基本条例の遵守を求めることについてという総体的な趣旨からして,私どもは採択を主張します。 ○本図良雄 副委員長  そのほか御意見はありませんか。                    (な  し) ○本図良雄 副委員長  なければ,これより採択についてお諮りします。  陳情第117号について採択に賛成の方の挙手をお願いします。                   (賛成者挙手) ○本図良雄 副委員長  挙手少数です。  したがって,陳情第117号は不採択とすべきものと決定しました。  以上で陳情の採決を終わります。  また,本日結論の出た案件については,会議規則第102条の規定により委員会報告書を作成し,議長に提出したいと思います。  以上で本日の日程を終了し,委員会閉会します。(午前11:19)...