45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

その後、AIRPAといった先進技術導入による業務効率化要求や、新型コロナウイルス感染拡大を受けたテレワーク需要の高まりなどにより、総務省は「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の見直しを行っており、最近では、従来の三層分離の見直しLGWAN接続系無線LAN導入するためのセキュリティ要件の追記、クラウドサービス導入時の留意事項等を盛り込んだガイドライン改定令和

生駒市議会 2021-03-17 令和3年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2021年03月17日

443 ◯山下一哉委員長 この目的、意図の中にあるテレワーク、これ、行政側になるとは思うんですけど、あとAIOCRあるとか、1番の一般質問でもさせていただいたあるRPAとか、この辺りが文字として出てきていますので、行政側職員皆さんもそうですし、市民の皆様もそうなんですけど、デジタル化の恩恵を享受できるように、丁寧に取組を進めていただくことは期待しております。

御所市議会 2021-03-10 03月10日-02号

前述の推進計画には、重点取組事項として、自治体情報システム標準化共通化マイナンバーカード普及促進自治体行政手続オンライン化自治体AIRPA利用促進テレワーク推進セキュリティー対策徹底が挙げられています。 そこで3点お尋ねいたします。 1点目は、情報システム標準化共通化についてです。 

奈良市議会 2021-03-09 03月09日-03号

コスト削減効果につきましては、DX推進による全体の削減効果の算出は、その範囲が広く、また、主要因が絞りにくいため難しい側面がございますが、例えばDXの一つの具体的な実施策といたしまして挙げられますRPAだけでお示しをいたしますと、令和元年度の1年間で、国民健康保険業務におきまして年間延べ約770時間の削減効果が得られているというようなデータがございます。 

橿原市議会 2020-12-08 令和2年総務常任委員会 本文 開催日: 2020-12-08

36 ● 企画部長 先ほど企画政策課長のほうからもいろいろとお答えはさせていただいたかと思いますが、国のほうからいろんな効率よくデジタル化を進めようというふうなことで、1つ例を挙げますと、印鑑をなくしますとか、ペーパーレス化もそうですし、RPAの策定についても、そういうことにつながっていくような業務になろうかと思います。

天理市議会 2020-12-01 12月15日-03号

AIRPA、行政デジタル化による相談住民福祉住民サービス向上方針を明確にする必要があります。たとえば、窓口業務が削減された人員で相談業務の充実を図ると言われるが、具体的にその方針がなければ分かりません。どの部分を充実させようとされているのでしょうか。お尋ねいたします。 AIRPA、行政デジタル化の総経費はどのくらい必要と見積もっているのかお尋ねいたします。 

橿原市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第2号) 本文

その方法として、情報システム活用に加えて、AIRPA等の活用といった最新技術活用が挙げられます。  RPAとは、「Robotic Process Automationロボティック・プロセス・オートメーション)」の略で、パソコンを利用した定型的な業務に対して、ソフトウェアロボット活用して自動化することでございます。

奈良市議会 2020-09-30 09月30日-05号

また、西部出張所窓口業務家庭系ごみ収集運搬業務民間事業者の参入のための経費など、業務民間委託化ICT活用RPA--ロボティック・プロセス・オートメーション導入されました。業務ICT化全てを否定するものではありませんが、そのことによって市民サービスが低下することにつながってはなりません。十分な検証が必要です。 

桜井市議会 2020-09-15 令和2年決算特別委員会 本文 開催日:2020年09月15日

◯大園光昭委員 今のご回答、一般的なことで皆さん方が理解できるかどうかは、ちょっとこう頭をひねるんですけれども、やはり技術系はしっかり4人とられてますし、事務系というものはこれからもですね、AIやいろんなRPAということで、いろんな技術を使ってですね、効率化ができると思いますし、桜井市はよそと比較しましてもですね、そういう意味では衛生につける費用が非常に高額となっておりますので、今後ご検討いただきたいなというふうに

桜井市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年09月08日

行政サービスデジタル化につきましては、行政手続オンライン化情報システム標準化行政事務効率化のためのRPAが進むものと考えられ、行政だけでなく、社会全体としてデジタル化が進み、分散化など、働き方についても、テレワークなどが進むことになると考えられます。  

広陵町議会 2020-06-16 令和 2年第2回定例会(第4号 6月16日)

防災無線を打ったりする方もいらっしゃると思うんですけれども、いろんなものを触っていかないといけないと大変になってくると思うんですが、そういったツールを増やしていくときに、例えばRPAですね、ロボティックプロセスオートメーション等ツールを使って、1回の操作でいろんな媒体で情報発信をしていくことができれば、操作性も向上しますし、作業も増えずにいろんな方に情報発信することができるようになってくるかと思うんですけれども