143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-12

そちらの中で施設の老朽化、そして今始まりました市のFM事業、いろんなものを組み合わせまして、今後どのようにしていったらいいかというのをその部会の中で今検討をしている段階でございます。  部会のほうは、昨年度、主にまず立ち上げの部会が1回、そして現状の説明が1回、そしてその現状の説明を受けましてそちらのほうでいろいろな説明ですね。

橿原市議会 2019-03-07 平成31年文教常任委員会 本文 開催日: 2019-03-07

36 ● 細川佳秀委員 それやったら、言うて悪いけど、これは、要はFMの関係で40年間でやっとるわけやろう。幼稚園を10年前に統廃合したときに、答申って一体何やの、それやったら。何のためにしたの。それやったらそれできちんとこれを入る前に幼稚園はこうあるべきです、こういう方針です。小・中学校はこうですと何ではっきり説明せんかったの。  

橿原市議会 2018-11-01 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-11-01

体育館を広くするとか、そういうのがあると、また逆に今、FMで減らしますと言いながら、本庁舎ができ上がったら、また新たな施設をつくりますという話になってくるのか。財政的に大変厳しいと私は思っています。いろんな形で委員会でも言わせてもらってますが、今回、おかげさまで来年夏までにはクーラーもつくと。ただし、それには毎年2億円近いコストが十何年間かかりますよという話も出てきている。

橿原市議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会(平成29年度決算) 本文 開催日: 2018-09-12

一方で、昨日、予算委員会で、政策審議監が言われていたように、多目的トイレの数が足らないとか、あとは3月議会で財産活用課長が言われていたように、障がいを持った方の災害時の避難誘導経路がしっかり確保できていないとか、そういった問題もあると思うんですけれども、これから本庁舎建てかえのときであったりとか、FMの観点から、こういった障がい者協会の方々の意見もしっかりと聞いた上で市政運営というか、ハードを立てるときに

橿原市議会 2018-09-07 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-09-07

FMも教育サイドと2本あるので、そっちの両方も入っておられる。各種パブコメを見ていると、パブコメの事務局の横のほうにもおられる。これは何件ぐらい重複がオーケーなんですかね。  仮に、この委員さんが市の機関に関わる、ハードにせよ、ソフトにせよ、5つの委員会に入ってはるとしますよね。

橿原市議会 2018-07-27 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-07-27

FMで20%減らしますよと言いながら、増えますよと。多分あと、計算上学校関係でその部分をしますというようなおつもりかどうかは知りませんけれども、そういう以外に、やはり市の職員が減ってくる。だのに、市の施設そのものが、これだけの施設が増えますという、ただそれだけの数字を持ってきて、だけど、この本庁舎はこれだけの広さが要りますというような議論は、少し強引かなと。

生駒市議会 2018-06-15 平成30年第4回定例会 都市建設委員会 本文 開催日:2018年06月15日

50 ◯浜田佳資委員 その右の方、右上の方なんですけど、3の送配水施設の効率化のところで、生駒市が統廃合の追加検討エリアというところのピンク色になっていると思うんですけど、その上の現状のFMによる統廃合というのは、これはどういう意味なんでしょうか。フォーマットと言うのかな。それじゃないと、生駒は。

橿原市議会 2018-06-15 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-06-15

ただ、このパブコメ、今させていただくのは、やはり要綱を決めているということにのっとってやらせていただくということで、先ほどお述べのとおり、我々もFMの基本計画のときもやりましたけれども数件しか出なかったということで、この前も成谷副委員長がおっしゃったと思いますけれども、またFMの基本計画を含めまして方針を出すときにこの冊子を見せましたら、大変、これはちょっと読むことができないのじゃないかということで

生駒市議会 2018-06-11 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月11日

3点目の質問で、障がいや病気などで情報を受け取ることが困難な方のための代替策はあるかというご質問についてですが、聴覚障がいの方に対しては、フラッシュや回転灯、バイブレーション機能などを用いた設備や、視覚障がい者の方については、緊急警報放送や緊急放送を受信するFMラジオなど、いわゆる防災ラジオについて調査するとともに、本市にとってどの手法が最も適しているか、費用対効果を含め、研究しているところであります

王寺町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会-06月05日−02号

防災行政無線も、よくお聞きするのがなかなか、難聴地域があるということで、難聴地域の調査もさせていただいたところでございますが、なかなか、天候にもよりますが、家の中にいてたりとかしたら聞き取りにくいとかいうところもありますので、そういう場合、ちょっと考えておりますのが、ひとり暮らしの方とか高齢者の方などどうしてもネットとかなかなか使えないという方もいらっしゃいますので、自動起動のFMラジオというのがありますので

桜井市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年03月14日

そこで、給食センターもそうなんですけれども、ほかの部分、これからFM、ファシリティマネジメントも進んでいく中で、古くなって統廃合をされていくような施設をどのように利活用していくのかという計画も、新しい計画を進めていくのと同時進行でやるべきだと思うんですけれども、その辺のお考えを市長にまず1点お伺いをいたします。  2点目はふるさと寄附金についてでございます。  

橿原市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 開催日: 2018-03-14

本庁舎の整備も控え、FMの観点でも事業を進める中、着手して、いまだ数字としては形が見えてこない。今後も鋭意取り組んでいく必要があるというところで、財政面ではそのように感じています。(「具体的な話じゃないの。考えているの。スケジュール的に」と呼ぶ者あり)  スケジュール的にという具体の年次については今申し上げられる状態にはございません。

王寺町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会-12月08日−02号

た状況も、やはり地勢とかいろんな状況がありますので、そういったところを特に参考にしながら、こちらのほうも導入が、もし効果が上がるんであればそういったことも、財源ももちろん手当てをする必要があるわけでありますけれども、これは検討の対象にしていきたいなというふうに思っていますし、さらに、もう1つのツールといたしまして自動起動ラジオというのがあるようでございまして、これは緊急時に自動で電源が入る、特殊なFM