179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月26日

2016年には人権三法、つまり、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法が国において制定されました。刑事罰のない理念法ではありますが、制定当初は、マスコミでも多少は話題になり、この議場でも関連する一般質問もありましたが、今では三法とも埋もれてしまっている感があるように私は思います。  

橿原市議会 2019-03-06 平成31年厚生常任委員会 本文 開催日: 2019-03-06

人権課題というのはいろいろな課題があるわけなんですけれども、その中でやっぱり重点的に取り組んでいくべき項目といたしまして、右半分をごらんいただきたいと思うんですけれども、分野別の人権施策の推進ということで、1)の部落差別問題、これは平成28年に部落差別解消推進法が施行実施をされましたことから含めて、今までは同和問題というような項目立てをしておったわけなんですけれども、併記をしてございます。

広陵町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1号12月 6日)

そして第3部ですが、「不快にさせない表現方法」、これは多様性を意識して部落差別・人種・民族地域・障害・病気職業ジェンダー直接相手を軽蔑する語句だけでなく、安易な比喩な固定観念に基づく表現にも注意が必要であるというふうな、こうしたことを中心に講義を受けたところでございます。  

桜井市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年06月20日

このような中で、人権侵害の実態に即して、2016年度に障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法のいわゆる人権3法の成立に伴い、今まで以上の啓発に努めなければならないと感じているところであります。  桜井市では、啓発の一環として、年間を通してさまざまなイベントや研修会等を行っており、議員質問平成29年度の参加者数は4,488名でございました。  

橿原市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 開催日: 2018-03-13

あわせてさっきの調査に基づいて、人権問題に関する市民意識調査に対する報告書も去年の3月につくってはるわけですけども、実際、既に市民意識調査の報告書もしっかりつくられているわけですけれども、これを法律が、部落問題の解消の推進法が可決をされて、それに基づいてこの調査がされて、この基本計画が立てられるわけですけども、この基本計画を策定するに当たっての過程といいますか、いつごろできて、それをどのように活用するのか

王寺町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−01号

同じく、第26回「人権部落問題」郡民研究集会が広陵中央公民館で開催されております。「『風の鳴る丘 沖縄愛楽園編』〜ハンセン病を伝える舞台プロジェクト2018〜」と題して講演がありました。  30日、愛知県長久手市教育長を初め教育委員の方々合計7名が、王寺町における学校地域パートナーシップ事業の視察に、午前中は王寺南小学校、午後は王寺北小学校を視察されました。

大和郡山市議会 2017-07-10 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月10日−03号

(上田健二君登壇) ◆13番(上田健二君) 御答弁にあるように、この新法は現在もなお部落差別存在する、情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じているとし、法第1条に「部落差別の解消に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務を明らかにする」としております。これは14年前に失効した部落問題の特別対策を復活させるものだということを危惧しております。

橿原市議会 2017-06-01 平成29年6月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

本記念集会は奈良県内21会場で一斉に開催され、本市では、一般財団法人奈良人権部落解放研究所理事長 寺澤亮一氏を講師に招き、“「部落差別解消推進法」の制定とこれからの行政教育課題”と題して、部落差別のない社会を実現するため、人権教育・啓発をより一層進めていくことの大切さについて講演していただきました。

御所市議会 2017-03-09 平成29年  3月 定例会-03月09日−03号

第2は、法の第1条(目的)に「現在もなお部落差別存在する」ことを明記し、今日においても、「これを解消することが重要な課題であること」を再確認して、部落差別の完全撤廃を条文で明確に述べたことであります。あわせて、部落差別が過去の問題ではないことをはっきりと明記したのであります。  

御所市議会 2015-03-12 平成27年  3月 定例会-03月12日−04号

1984年に御所市同和教育推進協議会が結成、2002年5月、御所市人権教育推進協議会に改称され、当協議会は、部落差別を初め一切の差別を許さない運動を現在まで推進、その実も上がり、ますます発展していると私は思います。  皆さん、ここで、改めて市人権教育推進協議会規約第3条、目的にうたわれている条文中に着目、部落問題の解決を図ることを基軸にしながら、あらゆる差別をなくすため云々と。

御所市議会 2014-06-19 平成26年  6月 定例会-06月19日−07号

人間性の原理に覚醒し、人類最高の完成に向かって前進しよう」という綱領、そして「人の世に熱あれ人間に光あれ」の宣言は、被差別マイノリティーである部落民自身が作成した世界と日本で初めての人権宣言であります。今日につながる部落民自身の団結による自主解放を実現しようとする全国的かつ組織的な部落解放運動の出発となったものです。まさに、全ての人間の尊厳を光り輝かせるものであります。

王寺町議会 2014-03-10 平成26年  3月 定例会-03月10日−01号

23日、北葛城郡人権教育推進連絡協議会による「人権部落問題」郡民研究集会が広陵町で開催され、出席いたしております。  24日、1月定例教育委員会を開催し、第61回和マラソン大会の結果について報告いたしております。  25日、スポーツセミナーを開催しております。講師にスポーツ健康援護協会瀧尻勝也氏を迎え、31名の参加がございました。  2月6日、2月定例校園長会を開催いたしております。

御所市議会 2013-03-12 平成25年  3月 定例会-03月12日−03号

なぜ、同和と部落という文言を消し去ったのでありましょうか、答えてください。また、市長部局から遠く離れたところに人権教育課を独立させているのはどのような意図がありましょうか、お答えください。  市長は、今年度の施政方針で、人権センターを核とした人権のまちづくりに取り組んでいるところであります。

奈良市議会 2011-11-01 平成23年 11月 厚生委員会-11月01日−01号

これについて、少しだけ、人権文化センター、私も議員長いんですけど、いわゆる部落差別の現実から出発して、差別をなくす拠点にしようということで、一番先に取り組んできたのは識字教室なんです。今高齢化して、70歳以上の人も地域にも物すごいふえてまいりました。あこに集まっていかないと、家でテレビばっかり見てるんです。

広陵町議会 2011-09-21 平成23年第3回定例会(第4号 9月21日)

2点目の人権の啓発につきましては、部落差別特措法が特例措置がなくなったからといって差別というのは、部落問題だけではない。人権というのは一人一人にとって大切なものであります。今、本当にいろんな人権侵害のケースが多発しているのも現状でありますので、これにつきましては、人権問題につきましては啓発を続けていただきまして、さまざまな一人一人がこういう意識を持つということが大事であると認識をしております。  

御所市議会 2011-09-09 平成23年  9月 定例会-09月09日−15号

とりわけ2ちゃんねるや議員のおっしゃいました爆サイなどの掲示板では、部落地名総監にも匹敵するような許すことのできない差別書き込みが行われています。また、ことし1月に惹起しました水平社博物館前での差別街宣の様子がYouTubeで垂れ流しにされている現状が今もあります。大変な憤りを私も感じるわけですが、この件につきましては現在、水平社博物館が8月20日付奈良地方裁判所訴状を提出しております。