12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

橿原市議会 2019-03-06 平成31年厚生常任委員会 本文 開催日: 2019-03-06

ごみ処理の課題といたしましては、少子高齢化などの社会構造の変化への対応、遺品整理などの一時多量ごみへの対応、資源化率の低迷、持ち去りや不法投棄などの不法行為の防止、適正処理機能の継続的かつ安定的な確保となっております。  また、生活排水処理の課題につきましては、生活排水処理率の向上、公共下水道の計画的な整備、適正処理機能の継続的かつ安定的な確保となっております。  

大和郡山市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号

交通事故や犯罪などで亡くなった方々の等身大パネルと遺品を通じ、子供たちは命の大切さや、日常生活の中で自分や家族、友人を大切にし、いたわっていくこと、そして学校での人権にかかわる最重要課題でもあるいじめを絶対に許さないといったことを、このメッセージ展で感じ取られたのではないかと思っております。

橿原市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

午前の現地ウォーク講座では「八木の町並みと遺品からみる谷三山の軌跡」として、前天理大学文学部教授の谷山正道(たにやま まさみち)氏によるわかりやすい解説と八木の町の散策を行いました。午後からは、奈良県橿原文化会館において「谷三山-大和八木が生んだ『日本一の大学者』」というテーマの記念フォーラムを奈良県立大学と共催で開催しました。

大和郡山市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月14日−03号

大阪府の府営住宅では、2015年末時点で遺品の相続人が見つからず、明け渡せない住宅が 191戸あり、担当課が苦慮されている記事が新聞に掲載され、府は2015年11月に単身死亡等住宅の明け渡し対応マニュアルを策定されています。本市においては、空き部屋が長期にわたって放置されることのないよう今後ともよろしくお願いいたします。  

奈良市議会 2016-12-12 平成28年 12月 補正予算等特別委員会-12月12日−02号

そして、故アントニ・ジョアキム・グリン氏の功績に関する資料を保存し、玄関エントランスで遺品や功績を展示するとともに、国際交流を初めとする市民の自主的な交流活動または触れ合いの場を提供しております。  このため、グリン氏の功績を熟知し、遺徳をしのび集まったメンバーによるボランティアグループであるグリーンファミリーが、指定管理者に選ばれております。  以上でございます。

奈良市議会 2016-08-02 平成28年  8月 市民環境委員会-08月02日−01号

案内チラシには平和の世を守るために戦争を語り継ぐ、繰り返すまい人類の悲劇と書かれ、中身としては戦争遺品の展示、DVDの上映、そして戦争体験者のお話などを通じて多くの方に平和の大切さを訴えていきたいと、こういう趣旨の企画でございました。  ところが、6月22日付で一旦は奈良市が後援を決定しながら、開催直前の7月22日、実行委員会に後援取り消しを通知してまいりました。

奈良市議会 2015-11-16 平成27年 11月 市民環境委員会-11月16日−01号

市民の皆様の御理解を得ながら順調に電話予約制度が遂行されていると思っておりましたが、やはり転入や遺品整理等の特殊な場合を除いても、周知されていない方がいらっしゃると思います。  それで、来月12月は大掃除の時期でもありますので、ごみの排出量がピークになると思われます。

大和郡山市議会 2013-03-19 平成25年  3月 定例会(第1回)-03月19日−04号

毎年、対市交渉の際に、小さくてもいいから遺品などを展示する資料館の設置をと要望を上げております。  また、福島第一原発の事故を受け、東京都中野区や神奈川県藤沢市など単なる宣言に終わらず法的拘束力を持つ非核条例を制定する自治体があらわれるとともに、鹿児島県屋久町など、この条例の中に脱原発の条項を含んでいるケースも次第にふえています。

奈良市議会 2012-05-10 平成24年  5月 産業文教委員会-05月10日−01号

まず、阪原町南明寺所蔵の木造四天王立像でございますが、市内の寺院に伝わる平安時代の四天王像は遺品が極めて少なく、貴重な事例でございます。中でも本事例は、10世紀の平安中期ごろの古い時期の作例で、かつ群像としての構成にもすぐれております。  次に、大野町十輪寺所蔵の鉦鼓でございます。正和3年(1314年)でございますが、銘が刻まれております。

奈良市議会 2010-11-16 平成22年  総合計画検討特別委員会-11月16日−13号

これはこれとして大事な話やと思うんですけども、本市ではそういった戦争に関する遺品とか、そういった関連施設等の保存というのはどの程度できてるんでしょうか。なかったらないで結構です。あればあるということを教えていただきたいと思います。 ◎片岡隆弘市民活動部長 藤本委員の御質問にお答えいたします。  今、奈良市では戦争遺品を保存したり、展示したりする施設はございません。

天理市議会 1998-03-12 平成10年  3月 定例会(第1回)-03月12日−02号

お話にございましたように、発掘の遺品でございますが、東大寺山古墳につきましても、昭和二十五年、及び昭和三十六年の二年間の発掘で大変なものが出てきたわけでございます。お話にございましたように、年号の入った中平〇年五月丙午の日というふうな月と日も入ってるわけでございますが、現在東京博物館の方で管理をされてるんじゃないかと、こう思うわけでございます。  

  • 1