57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

生駒市議会 2019-09-05 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月05日

今年度は、現在交渉中なんですけども、農業ブースや起業をされる方を見据えたブースも設置するため、市内の比率が去年よりも上がるんじゃないかなと思っております。  また、SUN FESTAは都市イメージの向上の一環として実施させていただいていますので、来場者300人を対象にしたアンケートでも、毎年7割以上の方が生駒のイメージがよくなったという回答をいただいております。

生駒市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2019年03月14日

同じく同ページから75ページにかけての目2、商工振興費は、創業を支援するためのセミナー等の実施や生駒商工会議所が実施する小規模事業者支援事業に対する補助金中小企業を支援するための販路拡大出展事業や中小企業融資制度に基づく各種補助金企業立地促進条例に基づく企業立地促進補助金などのほか、新規事業として、プレミアム付商品券事業や東京圏から地方圏へのU・I・Jターンによる起業・就業者の創出を支援する地方創生移住促進事業

橿原市議会 2019-03-11 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-11

課長、今までこのまち・ひと・しごと創生総合戦略とか市役所内で、ごめんなさい、橿原市内で4年前とか3年前とかに起業して税金を補助金を出した会社とかがありますやんか。その会社とか個人とかがありますやんか。その方たちって一体どれぐらいの税金を納めているかというのは追跡されておられますか。

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

また新たに起業していただく方もふやしていこう。女性も高齢者も新たにビジネスに挑戦していただくきっかけにしていただければと思います。今月19日、午後6時半に岡崎ビジネスサポートセンターのセンター長が来て講演もしてくれますので、議員の皆様方もぜひお聞きをいただいて、広陵町の参考にしていただければと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(堀川季延君) 8番、坂口議員

桜井市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日

桜井市で新たに起業を考えている方の多くにつきましては、事前に商圏人口でありますとか、また各種市場調査等を行って、事業として成り立つか否かの判断をしていただくことになるかなと思っております。  この調査の中には、市が公表している数値も参考にはされると思いますけれども、全てがこの数値をもとにされるとは限らないとも思います。

桜井市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月13日

また、返礼品の開発につきましては、桜井市商工会、そして、都市再生推進法人であります桜井まちづくり会社と連携を行いまして、商工会では会員さんに働きかけを行っていただき、また、まちづくり会社では商工会の会員さん以外の、例えば市内の工芸作家の方でありますとか、新たに起業されました事業者の方など、事業者の皆さんと一緒に寄り添って商品開発などを取り組んでおります。  

生駒市議会 2018-09-06 平成30年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月06日

次に、2点目の、商店街等へのたまり場の設置ですが、現在、市で設置している施設で一定の目的を持った不特定多数の人が集まる場として、テレワーク&インキュベーションセンター「IKOMA-DO」では、起業、創業を目指す人たちが集まれるコワーキングスペース、オープンスペースを運用、また、市民活動センターららポートでは登録団体の活動で自由に利用できる研修室を設けています。  

生駒市議会 2018-07-30 平成30年総合計画特別委員会 本文 開催日:2018年07月30日

そうなりますと、定年退職した高齢者の方の起業の推進の問題とか、支えるとか、そういったものを一つの大きな柱として出てくると思うんですよね。後々、働きで、これは社会的流入、来さすような力で流入促進にも正につながることなんですけど、そういったとこ、しっかりやっていくと。

生駒市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2018年03月16日

同じく72ページ下段から73ページの目2、商工振興費で、この費目は、生駒商工会議所や生駒駅前南通り商店街アーケード屋根の張り替え工事に対する補助を始めとした商工振興事業等に対する各種補助金企業立地促進条例に基づく起業立地促進補助金等と中小企業融資制度の各種補助金、新規施策として、中小企業販路拡大出店補助金や商圏分析システムの導入に要する経費を計上しています。

広陵町議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第1号 3月 6日)

起業及び創業事業者に対して、事業が軌道に乗るまで低廉家賃で使用できる施設整備を行います。事業費550万円につきましては、地方創生交付金2分の1を活用いたします。  次に、10番でございます。移住促進戦略策定事業ですが、「「ほどよく都会 ほどよく田舎」近畿で一番魅力あふれる町!!」を発信していくための基本構想及び戦略を策定いたします。

広陵町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第3号12月14日)

その他、香芝市から具体的に提案されている事業は、現在のところございませんが、今後連携が重要となる事業の一例といたしましては、地勢的一体性から真美ヶ丘地区をベースにして、女性や若者の就業や起業支援、子育て支援、健康づくり、住民による教養講座の開催などが考えられ、畿央大学やエコール・マミとの連携も模索しながら、住民サービスにつながるあらゆる行政分野での連携について、引き続き検討してまいりたいと存じます。

広陵町議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第2号12月13日)

これいろんなのがあるんですわ、実例を見ると、おもしろいところやったら古民家再生、体験観光とか、田園都市カレッジ事業とか、若きクリエイターや起業家が集まる徳島県神山町プロジェクト、これテレビにも出てましたね。あんな田舎東京の事業所が十何社来ているとか、若者がいっぱいいるとか、人口がふえているのは何でかなと、こういう話ですね。元気の出る事業、町民アイデア募集など、ソフト面の強化も必要であります。

桜井市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月11日

農業は、つくってから販売するまでの工夫や経営が大きな魅力でありまして、若い人でも安心して起業ができ、新たに始められる魅力的なものであると言えるわけでございます。国勢調査人口では、4年間で約3,000人減少する中、今後も人口減少に歯どめがかからない見込みであります。その原因の1つとして、若者たちの働く場が市内には少ないように感じます。

広陵町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第3号 9月14日)

意欲のある方の起業の援助に充てることも検討してはどうか。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(笹井由明君) ただいまの質問に対し、答弁をお願いします。  山村町長! ○町長(山村吉由君) 八尾議員さんの御質問にお答えを申し上げます。  まず1番目の国民健康保険県単一化等に関する件についてでございます。  

桜井市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日

あと、先ほどの質問に続くんですけれども、例えば勇気を持って桜井市で起業していただいても、続かなければ、その方にとっても桜井市にとってもマイナスになります。そして、できれば、桜井市の町に足らない事業を起業する人を応援できる体制ができればベストだなと思います。  

広陵町議会 2017-07-18 平成29年第2回定例会(第1号 7月18日)

現在も企業数社が町内での立地を検討されており、今後も積極的な誘致を図るとともに、町内で起業したい方、特に女性起業家への支援策や高齢者社会貢献的起業についても検討してまいります。  また、地域産業の振興と中小企業の活性化による雇用機会の増大を図るべく「中小企業振興条例」の制定と支援を進めてまいります。  農業振興については、農業塾の第一期生5名がこの3月に3年間の受講を終え卒業しました。  

生駒市議会 2017-06-20 平成29年第3回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2017年06月20日

そんな中で、これは今、ビジョンができたところですから、どういう方向性かというのは、これはまた具体的なところはご意見を聞きながら決めていくところなんですけれども、住んでいるということと観光と、プラス新しい起業と言いますか、雇用を創出するということがどういう方向を向いていけば、一番住んでる人にとって幸せなのか。